健康

カカオポリフェノールの健康効果とは?チョコレートは毎日食べるが吉?

更新日:

チョコレート
皆さんは、おやつと言われた時に何を思い浮かべますか?

また、何を食べることが多いですか?

スナック菓子やクッキー、ビスケット、グミ、キャラメルなど色々あると思います。

しかし、そのおやつをチョコレートに変えるだけで、何やら驚くべき健康効果が期待できるようです!!

本日は、そのチョコレートのもたらす効能について、まとめていきたいと思います。

カカオポリフェノールの健康効果や一日の摂取量など

注目を集める高カカオチョコレート・カカオポリフェノール

昨今の健康ブームの中、色々なメディアで取り上げられ、注目を集めているのが、カカオの含有量の多いチョコレートです。

仕事の合間などでも手を汚さずに手軽に食べられることと、上記のように健康効果にも期待できることから、お菓子メーカーなどは、こぞって、チョコレートの生産を増やす事を発表しています。

具体的に、チョコレートの何が健康に良い影響をもたらすのかというと、それは、カカオに含まれるポリフェノールです。

そのポリフェノールには抗酸化作用が有り、これが私達の体に重大な役割を果たします。

抗酸化作用の前に、活性酸素について、説明していきたいと思います。

活性酸素

私たちは常に呼吸により、酸素を取り入れていますが、その酸素の一部(1〜2%)は、より酸化力の強い活性酸素へと変化します。

喫煙や飲酒、ストレス、過度な運動も活性酸素を生み出す要因とされています。

そして、この活性酸素は、体内入ったウイルスを撃退したり、私達の体を守ってくれるものでもあるのですが、それが増えすぎてしまうと逆に自分の体を攻撃してしまいます。

具体的な例で言いますと、血中のLDLコレステロールは傷などで開いた隙間から血管内に入り込み、この活性酸素の働きで変性LDLとなり、さらに、免役系統がこれを部外者と判断し、包み込み、血管膜内に脂肪の塊が出来ます。

そして、この脂肪の塊は破れやすく、それが破れると血栓ができてしまい、これらの蓄積により最悪の場合、血管を完全に塞いでしまいます。

これが所謂、動脈硬化と虚血性疾患の例ですね。

これは数ある中の一例ですが、体内の活性酸素は多いと色々と悪い影響をもたらすことが簡単にではありますが、分かって頂けたと思います。

人間の体も錆びるなんて言い方がよくされますが、まさにそれですね。

そして、この活性酸素の働きを抑制する効果があるのが、ポリフェノールなのです。

抗酸化作用

チョコレートや赤ワイン、りんご、コーヒーなどに多く含まれるポリフェノールには、体のサビを取り除く、抗酸化作用があり、便通改善や美容効果、血圧低下、動脈硬化の防止、脳の活性化、アレルギー体質の改善など、活性酸素の働きを抑制する効果が次々と判明しています。

具体的に見ていくと、美容においては、活性酸素はシミやしわの原因となってしまうので、抗酸化作用による活性酸素の除去は、老化の防止、アンチエイジング効果が期待できます。

健康面においては、カカオポリフェノールは末梢血管を拡張し、血液の流れを良くしてくれます。

また、脳の働きを活性化してくれる「BDNF」に働きかけ、認知症の予防にも役立ちます。

美容と同じく、強い抗酸化作用によって、動脈硬化の原因となるコレステロールが酸化されるのを抑制し、アレルギーにおいても活性酸素を抑えることで、症状の緩和などに役立つという報告があがっています。

ポリフェノールは自然の食品から摂るのが難しいとされている中、高カカオチョコレートはとても簡単にそれも、とても多くの量を摂取できる高単価な食材として、とても注目を集めています。

ちなみに、ポリフェノールで有名な赤ワインに含まれるポリフェノールは100ml中230㎎、コーヒーでは100ml中200㎎ですが、カカオ含有量が30~40%含まれているチョコレートには100g中には約750㎎、当然、カカオ含有量が多いほど、ポリフェノールも多く含まれています。

詳しい実験データや効能などについて、こちらのサイトにより専門的に詳しく書かれているので、こちらをどうぞ。

チョコレートでおいしく健康に

一日の摂取量は?

カカオ含有量の多いチョコレートを一日に25グラム摂ることが良いと言われています。

板チョコ5欠け程の量です。

また、カカオポリフェノールは体内には蓄えられず、最大24時間ほどで失われてしまうので、一度に摂取するのではなく、チョコだけに、時間を空けながらちょこちょこ、毎日続けて食べるのがよいそうです。

カカオ含有量の多いチョコはとても濃厚ですので、少量でも濃厚な分、満足感も大きいので、意外とダイエットにも効果的!?

自分は下の86%のやつを毎日4欠け食べてます。

まとめ

体のサビを取り除く、チョコレートに秘められた意外な力についてお届けしましたが、どうだったでしょうか。

自分はコーヒーが好きで、以前はクッキーなどを一緒に食べていたのですが、毎日食べることに罪悪感を覚え始めたため、高ポリフェノールチョコレートに買えました。

最初は、あまりの濃厚さにあまり進みませんでしたが、徐々に、この濃厚さが癖になり、今では甘いチョコが少し苦手になりつつあります(笑)

チョコがコーヒーに合うのは言うまでもありませんので、コーヒー好きの方はお供にどうでしょうか?

とまぁ、チョコレートの効能について話してはきましたが、何事もバランスが大切ですので、チョコレートだけに頼らず、バランスの良い食生活を送ることが何よりも重要なのは言うまでもありません。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-健康
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.