冬の行事 季節の行事

2019年の節分はいつ?豆まきの仕方や食べる数は?日にちがずれるのはなぜ?

更新日:

節分
今年の節分は、2月3日の土曜日になります。

しかし、この節分は、みなさんがお調べいただいた通り、年によって日にちが若干前後します。

それはなぜなのでしょうか?

そのことについて、まとめていきたいと思います。

節分についての起源や由来については、こちらの記事をチェックして下さい。

節分
節分とは?由来・起源や意味は?なぜ豆まき?実は年に4回ある?

もうすぐ節分です。 お子さんがおられる方々は鬼のお面を被らされ、豆をくらう側でしょうが、ふと、お子さんに、なんで節分には豆をまくの?と聞かれ時、しっかりとわかりやすく答えられますでしょうか? 本日は、 ...

続きを見る

ざっと読んだ後の方が理解もしやすいと思います。

2019年の節分はいつ?日にちがずれる理由は?豆まきの仕方や食べる数は?

節分

節分のズレはなぜ生じるのか?

節分とは、立春・立夏・立秋・立冬の前日、季節の変わり目を指しますが、これは旧暦上の暦日であり、それを現在使われているグレゴリオ暦に当てはめただけのものです。

なぜ立春の前日の節分だけが残っているのかというと、立春の前日である節分が旧暦上の大晦日であることから、今でも昔の名残が形として残っています。

それでは、その節分とは以前、どのように決められていたのかというと、二十四節季という中国で生まれた考え方に基づきます。

二十四節季とは、黄道十二星座上を移動する太陽の動きから季節を24に分割する考え方で、太陽の軌道を根拠としている為、季節を把握するのに古くから重宝されていたものです。

具体的には、この十二星座上の太陽の軌道から割り出される理想的な太陽の軌道を黄道と呼び、この上を15度進むごとに、季節が一つ進むというものです。

しかし、地球の公転周期は約365.24日ですので、毎年約0.24日進んでいきます。

これを補正するために、閏日が挿入されるわけです。

閏年は400年に97回挿入され、それにより誤差はほとんど解消され、年に26秒程にまで縮まります。

これは約3320年に1日ずれるもので、巨視的な範囲でのズレはほぼないと言えます。

しかし、微視的な範囲では、この誤差の修正が大きく影響し、数年に一度単位でのズレを生じさせます。

つまり、二十四節気という考えでは、太陽が黄道上を15度進めば季節が一つ進み、一方、現在使われているグレゴリオ暦では、地球の公転周期の誤差の影響から閏日なるものが挿入され、その微視的影響から日付がズレる。ということです。

以上が節分がズレる主な原因の説明になります。

まぁ、節分がズレるというよりも、立春がずれているのですがね。。。

ついでなので、豆まきの仕方についてもまとめていきましょう。

豆まきの仕方と食べる数

まずは、お豆を用意します。

これは炒った豆を使用し、スーパーなどに売っている節分用の豆ならばすべて炒ったものですので、ご安心を。

本当は、三方、または、枡に豆を入れて神棚に供えるのですが、神棚がある家が少ないと思いますので、省略で。

次に、豆まきをするのは節分の日の夜です。

というのも、鬼が出るのが夜だからです。

家の厄災を払うので、基本的に、課長である父親が豆をまきますが、年男、年女、厄年の人が豆まきをする場合もあるそうです。

まぁ、大抵のおうちはお子さんがまきますよよね。

豆をまく際は、玄関や窓を開け、鬼を追い出すように部屋の奥から「鬼は外!!」と豆をまき、まいたら鬼が入ってこれないように窓を閉めます。

一通りまき終わったら、次は「福は内!!」の掛け声と主に、同様にしてまいていきます。

そして、最後に、年齢より一つ多い豆を食べます。

それは、節分とは旧暦上の大晦日の意で、新年の健康、豊作、長寿を祈願するものなので、年齢より一つ多い豆を食べます。

元々が数え年の意で、2つ多く食べるという説もあるそうです。

また、食べきれない場合は、福茶にして飲むのでもよいそうです。

まぁ、以上がザックリとした節分の豆撒きの仕方ですが、ご家庭内でお子さんと楽しいイベントとしてやるのが一番だと思います。

まとめ

というわけで、節分(立春)のズレと豆まきの仕方についてでした。

ズレについては、二十四節季なのにカレンダーに載っているのが勘違いしやすい点ですよね。

節分の豆まきに関しては、上にも書きましたが、色々決まりはありますが、家族のイベントとしてお楽しみ下さい。

記事を書いていましたら、子供の頃、母親が豆を食べるのに四苦八苦していたのを思い出しました(笑)

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.