国民の祝日

建国記念日とはいつ?意味や由来は?建国記念の日との違いは?

更新日:

日の出
”建国記念の日は”、日本の建国を祝う日であり、祝日の一つで、日付は2月11日です。

しかし、この祝日の制定には色々とゴタゴタがありました。

建国記念日とは別のものですが、両者には深い関係があります。

本日は、そのことについてまとめていきたいと思います。

建国記念日の意味や由来と建国記念の日との違い

建国記念の日

建国記念日の意味や由来とは?

まず、”建国記念日”ですが、これは”紀元節”として、昔から存在していました。

日本は第2次大戦で負けるまで、他国に占領された歴史はありません。

なので、日本神話に基づき、”古事記”や”日本書紀”で初代天皇とされる神武天皇の即位日(紀元前660年1月1日)が建国記念日とされる”紀元節”とされ、これを明治時代の1873年(明治6年)に新暦に換算して、2月11日として制定されました。

しかし、その制定の背景には明治維新というものがあり、その明治維新は天皇を中心とした君主制の国家統治システムを新たに作り出しました。

天皇という存在を国民の象徴とすることで、日本国全体をより効率的、機能的にしました。

それは他国から遅れを取らないための日本なりの維新でした。

そして、天皇制という制度のもと、国民たちを団結させるというある種の”一体感”を植え付けると同時に支えるために、制定されたのが、この”紀元節”です。

しかし、日本が第2次大戦に敗れ、GHQの支配下になると、この祝日は廃止されます。

というのも、”紀元節”を認めることは、再び天皇を中心とした日本人の団結力を奮い立たせてしまうではないかという懸念からです。

建国記念の日

日本が独立を回復したその年(1952年)から国民からの復活運動がおき、賛否両論がある中、9回もの法案提出⇔廃案を繰り返し、ようやく1966年に”建国記念の日”として成立します。

法律では、この日を「建国をしのび、国を愛する心を養う。」と規定しています。

神武天皇という存在は上に書いたように、日本神話に基づいたもので、”古事記”には137歳まで生きたとされていて、伝説の人物で実在しないのではないか?と言われており、常識的に考えても、その考え方が広く浸透しているのが現状です。

その意味では、正確な建国の日も不明となります。

ですが、”の”が入ることにより、日本という国が生まれた事自体を記念するという意味が込められ、その否定派たちの意見に対しての配慮がなされ、紆余曲折を経て、最終的には制定に至ったのです。

まとめ

というわけで、建国記念日、紀元節、建国記念の日についてでした。

この”の”が意外と重要な意味を付加していたのですね。

祝日とはそれなりに意味のあるものですから、ただの祝日=休みの日で終わらせてしまうのではなく、たまには、こういう風にどんな日なのかを調べてみるのも面白いですね。

それのお助けになれれば幸いです。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-国民の祝日
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.