季節の行事 春の行事

上巳・桃の節句とは?由来や意味は?なぜ女の子をお祝いする日?

更新日:

ひな祭り
3月3日は、”ひな祭り”です。

ひな祭りは、上巳の節句や桃の節句などとも言われますね。

きれいな人形を飾り、ちらし寿司や菱餅、ひなあられなどを食べたりしますが、そもそもなんで人形を飾るようになったのでしょうか?

本日は、その”ひな祭り”の起源、由来についてまとめていきたいと思います。

上巳・桃の節句の由来や意味と女の子をお祝いする理由

sink-chicks

上巳・桃の節句の意味や由来とは?

中国では昔、ある女性が、3月の始めに、3人の女の子を産んだが、不幸にも、その3人の子をみな亡くしてしまいました。

そのことを不思議に思った村人たちは、その女性を水辺へ連れていき、水で清め、その災いを水に流したといいます。

これが”曲水”の起源とされており、そこから、旧暦3月の巳の日に、”上巳の祓い”として、男女が川へ入り、邪気や厄災を祓う為、水で身を清めたといいます。

その後、文人の間では、川辺に盃を浮かべ、自分の前を流れる間に詩歌を詠み上げ、盃の酒を飲むという”曲水の宴”となりました。

そして、奈良時代に、そのまま日本に伝わり、人形に息を吹きかけたり、触ったりすることで人形へ災いや穢れを移し、水で清めて流すという日本の文化として独特の進化を遂げました。

その後は、お祓いのための道具としてではなく、次第に、女の子のままごとの遊び人形だったり、飾りものとしての人形も作られるようになっていったのです。

前者は”雛(ひいな)遊び”などと呼ばれ、”雛(ひいな)”とは、小さく、可愛らしいものの意です。

そして、江戸時代に、上巳も含めた、五節供が式日として制定されると、一般の人たちの間にも広まり、明治に廃止されてしまうものの、それは私達の生活に密接な関わりを持った恒例行事の”ひな祭り”として、今でも結びついています。

これが”ひな祭り”に、雛人形を飾るようになったとされるざっくりとした由縁です。

ちなみに、日本最初の”ひな祭り”は、1629年に、京都御所で、天皇家主催で催されたようです。

また、この”3月3日”の”上巳”は、”桃の節句”とも呼ばれますが、この”上巳”は先程も申しました通り、元々は中国の、とりわけ”道教”の考え方から来るものであり、そのなかで”桃の実”は”長寿”をもたらし、”桃の木”は”避邪”をもたらすものとされています。

この”桃の木”には、鬼をも恐れる兄弟神が宿っているとされ、鬼門に桃の絵を飾ることで、鬼のもたらす災いを避邪したのだとか。

また、”桃”は中国由来の植物でありますが、上巳の考えが渡来する前から日本人にとっても馴染みのある植物であり、歌にも読まれる季節の植物であったことから、取り入れるのは容易であり、自然であったと思われます。

どうでもいいですが、桃太郎の桃も、桃というものの生命力の象徴ということから来ているんですかね。

また、中国では”桃”は女性の象徴でもあるそうで、そういう意味でも、無邪気な女の子の健やかな成長を祈る節句の恒例行事となったんですかね。

雛人形の並びについて

雛人形
江戸時代以降、”ひな祭り”は広がっていくのですが、女の子の健やかな健康を祈る節供なのに、どうして婚礼の並びになっているのでしょうか?

それは、旅行や嫁入りの道中で、何か災いが起きた時に、それを人形に代わってもらおうという”曲水”における形代の風習がここに残っていて、これを抱いて輿に乗ることが慣わしとされ、婚礼の際の嫁入り道具と一緒に入れられていました。

昔は、娘がどこに嫁ぐかが、今後の生活に直接関わるとても重要な事でしたから、すくすくと健康に育って、上流階級の家系に嫁いでもらうことを祈るものでもあったのでしょうね。

また、”婚礼”とは女性の憧れでもあることから、初めは一体だった人形も、男女2体の内裏雛となり、以上のようなことから、今日、このような婚礼儀式を表す並びになったのですね。

このことから、嫁いだ方の親が雛人形を贈ることが、今でも一般的になっていますね。

まとめ

というわけで、”ひな祭り”がどうして人形を飾るようになったのかと雛人形の並びについてでした。

中国の”曲水”という祓いの儀式が日本に伝わり、独自の進化を遂げ、今日のような行事になっていったのですね。

自分は男兄弟の男ばかりの家系で生まれたので、このひな祭りという行事については、なにも知らなかったのですが、調べてみたら結構面白かったですねぇー。

女の子が生まれたら是非ともやってみたい行事になりましたぁー。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 春の行事
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.