季節の行事 春の行事

雛人形の三段・五段・七段の飾り方や並べ方・片付け方やしまい方は?

更新日:

ひな祭り
3月3日は、”ひな祭り”です。

ひな祭りは、上巳の節句や桃の節句などとも言われますね。

本日は、その”ひな祭り”の雛人形について、誰が買うのかや幾らぐらいするのか、並べ方や保存法などについて、まとめたいと思います。

”ひな祭り”の起源や由来についてはこちらの記事をチェックしてみて下さい。

ひな祭り
上巳・桃の節句とは?由来や意味は?なぜ女の子をお祝いする日?

3月3日は、”ひな祭り”です。 ひな祭りは、上巳の節句や桃の節句などとも言われますね。 きれいな人形を飾り、ちらし寿司や菱餅、ひなあられなどを食べたりしますが、そもそもなんで人形を飾るようになったので ...

続きを見る

雛人形の三段・五段・七段の飾り方や並べ方・片付け方やしまい方

雛人形

雛人形の構成

内裏雛

内裏様
内裏とは天皇の御所で、内裏雛とは、そこに住む、天皇、皇后の姿を表しています。

昔は、”節会”などもそこで行われていました。

日本古来の並べ方は、左上位の考え方から、向かって右に男雛、左に女雛(人形側から見ると、左に男びな)でしたが、昭和天皇が国際マナーにそくして右上位に並ぶことにしたことを見習い、昭和初期に関東の人形業界が、向かって左に男雛、右に女雛を並べるようになりました。

伝統を重んじる京都などでは、今でも日本古来の並べ方のことが多いです。

また、服装は主に、平安時代のものです。

3人官女

三人官女
男子禁制とされた後宮や后妃の私生活の管理には女性の官僚が登用されることが多く、その女性官人を”女官”と呼び、宮廷行事や節会の際の給仕につくこともあったようです

このひな壇上では、お酒を給する給仕についていますね。

その為、長柄銚子、加銚子、盃とお酒を給する道具を持っています。

五人囃子

五人囃子
五人囃子は、元服前の少年5人で構成される、能のお囃子を奏でる楽人をあらわします。

なんとも、日頃練習に励んで来た成果を、お殿様とお雛様の結婚式という場で、のびのびと披露している姿なのだそうです。

太鼓(たいこ)、大鼓(おおつづみ/おおかわ)、小鼓(こつづみ)、笛(ふえ)、謡(うたい)という編成で、向かって左からこのように並べます。

これに、琵琶と琴が増え、7人囃子にもなることがあるそうで、そうなると大分豪華ですね。

随身

随身
随身(ずいじん)とは、通称右大臣と左大臣のことで、仕える者の身をお守りする武官です。

向かって右が左大臣で年配者、向かって左が右大臣で若者です。

しかし、本来、右大臣、左大臣とはとても高いくらいを指すので、所謂、俗称です。

左大臣は今で言う総理大臣にあたるそうです。

仕丁

仕丁
仕丁(しちょう)とは、君主が必要性から住民を無報酬で働かせる、所謂、雑用係ですね。

君主などによる無報酬の強制労働を徭役(ようえき)と言います。

また、向かって左から泣きじょうご、怒りじょうご、笑いじょうごという並びで、それぞれ帽子をかける台笠(だいがさ)、靴をのせる沓台(くつだい)、立傘(たちがさ)を持ち、それは出掛けるときの様子をあらわし、熊手、ほうき、ちりとりを持つ場合は、宮中を掃除する様子をあらわしています。

なによりも、3人の表情に注目してみて下さい。

具体的な道具や人形についての詳しい説明や並べ方については、動画を載せておきますので、そちらを参考にして下さい。

3段、5段、7段の飾り方、仕舞い方などの動画




雛人形は誰が買う?

誰が買うかなんて、そんなもの千差万別でしょうが、母型の祖父、祖母が買うことが一般的だそうです。

というのも、嫁いだ方の親が贈るということが古い風習です。

また、最近では、可愛い孫を祝いたいということから、両家で出し合うことも多いそうです。

雛人形はいつから飾る?いつしまう?

これは、節分の豆まきなどで厄を払った後の立春、または、水に関わる催事だったことから二十四節季の雨水(2月18日、19日頃)あたりに飾るのが良いそうです。

片付けるのは、”ひな祭り”が終わったらすぐにかたしてしまうのが良いそうです。

というのも、片付けることが遅れること、いつまでも片さずに置くことはだらしなく、婚期が遅れるとされているからだそうです。

雛人形はかつての嫁入り道具の一つであり、一方、曲水の形代でもあることから、双方の理由からも早くしまってしまい、厄災を遠ざけることが良い結婚をもたらすとされています。

一般的に、旧暦新暦にかかわらず、ひな祭りから2週間以内にしまってしまうのが良いそうでが、特に”啓蟄の日”がよいとされます。

これも雨水同様、二十四節季の一つで、3月6日頃からの15日間を指すのですが、暖かい春を感じ、虫が外に出てくる頃だそうです。

虫が出てくる前に片してしまうのと、春の夜明け的なことの縁起が良いからですかね。

雛人形の保存方法

空気の乾いた天気の良い日に行います。

また、手の油分がついてシミになるのを防ぐため、しっかり手袋をします。

羽根バタキや細筆でやさしくほこりを払い、一通りホコリを払ったら、和らいかい紙に優しく包み、防虫剤を少し入れ、仕舞います。

その際、カビ、シミ、変色を防ぐため、高温多湿になる場所には置かないようにし、10月頃の天気がよく乾燥した日に一度、人形の陰干しをすることが虫取り効果があり、オススメだそうです。

雛人形の価格帯は?

これはもう、ピンキリですね。

段が増えれば高価になり、当然、名匠が作ったものであればより高価になります。

逆に、ミッキーなどのキャラ物は安価です。

座敷のあるご家庭も限られていると思いますので、ちょっと良い親王飾りを買い、大切に使っていくというのが多いのではないでしょうか?

まとめ

というわけで、雛人形についての構成や飾り方、仕舞い方などでした。

プラモやフィギュアみたいに、とても面白そうではありますが、拘りだしたらキリがなさそうですね(笑)

でも、買うなら良いものが良いですから、やっぱり、親王飾りのちょっと高めを狙うのがいいのかなぁー。

まぁ、店で顔つきなどを見て、気に入ったものを買うのが一番ですね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 春の行事
-, ,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.