季節の行事 春の行事

雛人形を飾る意味とは?二人目以降も用意したほうが良い?いらない?

更新日:

内裏様
3月3日は、”ひな祭り”で、女の子がいる家庭だったら、雛人形を飾ると思います。

しかし、二人目が生まれた際に、雛人形をその子のために新しく買おうかどうか悩まれると思います。

本日は、雛人形を飾るそもそもの意味や、二人目以降も用意したほうが良いのかなどについて、つらつら書いていきたいと思います。

雛人形を飾る意味と二人目以降の雛人形について

sink-chicks

雛人形を飾る意味とは?

雛人形は、その人の形代。

つまり、その人の代わりをしてくれるものはそれしかありません。

なので、二人目以降もその度に新しく雛人形(男雛、お雛様の一対)を買うのが理想です。

しかし、それは理想であって、現実的ではありません。

というのも、第一に、雛人形は高価なものです。

もしかしたら、最初の子は母方の家族が買ってくれ、二人目は父方の家族が買ってくれるというパターンもあるでしょうが、ご家庭によっては、飾るスペースがなく、逆に、不便に思うこともあるのではないでしょうか。

また、大きいとなると組み立てるのも片付けるのも大変です。

そこで、殆どの家庭では、雛人形を姉妹で共用にするのが一般的でしょう。

しかし、姉が持っているものと同じか、それ以上のものを欲しがるのが妹の性です。

そして、市松人形なんて買った日にゃあ、大変です。

というのも、市松人形は、観賞用に作られているとは言え、そこそこ動きますので、観賞用としての雛人形よりも遊び相手としては優れています。

ここで再び、私も市松人形がイイと始まるわけです。

また、吊るし雛を買ってしまうと、長女の雛人形の盛り立て役となってしまい、これまた優劣がついてしまう。

しかし、全く同じものを買っては味がない。

では、どうするか…

二人目以降も用意したほうが良い?いらない?

元々、”ひな祭り”とは、中国の曲水という祓いの儀式から来るものです。

それが日本の文化と結びついて、今日の”ひな祭り”となりました。

しかし、当然のことですが、今と昔では、生活も豊かになり、危険も少なくなりました。

その為、雛人形の形代としての考え方もそこまで重要視されていないのが現実です。

今日的には、部屋を圧迫することや高価であるという理由の方がむしろ重要なのです。

しかし、このような行事をすることによって、我が子の存在というものの大切さを再認識する事ができます。

外見は変わっても、親が子を思う気持ちは今も昔も変わりません。

古いしきたりとして捉えるのか、今日的な意味で捉えるのか、別れるとは思いますが、しかしそれが別れようと、その根っこは繋がっているのですね。

そういう意味で、個人的には、”ひな祭り”というイベントは、それが楽しければ、大概のことはなんでも良いのではないのかなと思います。

押し入れに仕舞いっぱなしなのが気になるのであれば、出して綺麗にしたり、処分するのであれば、人形供養に出すなど、最低限、そのぐらいの気遣いがあればよいと思います。

雛人形が一つあり、長女用だったのですが、次女が生まれたことにより、共用にし、公平性を担保するため、吊るし雛で周りを賑やかにするということは些細な事なのです。

雛人形を飾るという共有意識はあるものの、その姿は何通りもあっていいのです。

なによりも大切なのは、そのイベントを家族みんなで楽しむということです。

まとめ

というわけで、次女以降の雛人形をどうするかについてでした。

二人目以降に雛人形以外を用意する場合は、姉と同じ価値のある物を欲しがると思うので、雛人形は共用にし、木札のオルゴールなどが揃えやすいのではないでしょうか?

個人的には、雛人形が一対あるのであれば、次は市松人形が欲しいですね。

子供が喜ぶかどうかというよりも、自分がどんな造りなのかを見てみたいっていうね(笑)

木目込人形も面白そう(笑)

ひな祭りについての起源などのあれこれはこちらの記事をチェック!!

ひな祭り
上巳・桃の節句とは?由来や意味は?なぜ女の子をお祝いする日?

3月3日は、”ひな祭り”です。 ひな祭りは、上巳の節句や桃の節句などとも言われますね。 きれいな人形を飾り、ちらし寿司や菱餅、ひなあられなどを食べたりしますが、そもそもなんで人形を飾るようになったので ...

続きを見る

内裏様
雛人形の三段・五段・七段の飾り方や並べ方・片付け方やしまい方は?

3月3日は、”ひな祭り”です。 ひな祭りは、上巳の節句や桃の節句などとも言われますね。 本日は、その”ひな祭り”の雛人形について、誰が買うのかや幾らぐらいするのか、並べ方や保存法などについて、まとめた ...

続きを見る

ひな祭り
飾らなくなった雛人形の処分方法・捨て方は?無料で供養する方法は?

3月3日は、”ひな祭り”です。 ひな祭りは、上巳の節句や桃の節句などとも言われますね。 この3月3日には、きれいな雛人形を飾り、ちらし寿司やひなあられなどを食べますね。 しかし、お子さんが大きくなり、 ...

続きを見る

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 春の行事
-, ,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.