季節の行事 春の行事

市松人形とは?意味や由来は?ひな祭りの雛人形以外の人気の飾り物!

更新日:

ひな祭り
3月3日は、”ひな祭り”です。

ひな祭りと言ったら雛人形ですが、雛人形は高価なので、他のものをお探しの方もおられると思います。

本日は、雛人形の替わりとしてのものから派生的なものまでをまとめて紹介したいと思います。

ひな祭りの人気の飾り物〜市松人形・木目込み雛・つるし雛・ちりめん雛・なつめ雛〜

内裏様

市松人形

市松人形
市松人形は、江戸時代中期に、顔立ちの良く、女性たちにとても人気のあった歌舞伎役者の佐野川市松から来ています。

あまりの人気ぶりに人形まで作られ、バービー人形的な着せ替え人形として、子どもたちの間でも大きな人気となり、それを市松人形と呼ぶようになったそうです。

しかし、壊れやすいことからソフトビニールやセルロイド製の人形にその役目を奪われ、今日では、もっぱら、観賞用として作られています。

雛人形は母方の家族が送ることが慣習ですが、市松人形は父方の家族や親戚などが贈るのが一般的だそうです。

飾り方は、雛人形の横などに置いて、一緒に飾るのだそうです。

個人的に、二人目の女の子ができたら是非欲しいです。

木目込み雛

木目込み人形
衣裳着雛人形が一般的ですが、木目込み雛人形も特徴があって面白いです。

これは、江戸中期に、京都の上賀茂神社の雑用係が、自分の掘った木の人形の木の筋に布を挟み込んで(木目込んで)、作った人形が始まりと言われており、これが江戸に伝わっていったそうです。

なので、京風と江戸風の2種類があり、それぞれ表情が違うので選ぶのも楽しいですね。

できるまでの動画がありましたので、よかったら見てみてください。

つるし雛

つるし雛
江戸時代後期、雛人形は高価なため、それが買えない庶民は、有り合わせの古布や縮緬で縁起の良いとされる食物や動物をぬいぐるみとして作ったのが始まりとされ、「衣食住に困らないように」との願いを込めて飾られるものだそうです。

本当に、多種多様な飾りがあり、つるし雛のキットもあるので、これはどういう意味が込められているのだろう?とお子さんと話しながら作るのも楽しそうですね。

また、雛人形の周りに沢山飾ったら、とても映えますね。

ちりめん雛


つるし雛と同じ、ちりめんで作られた雛人形で、一般的な雛人形をキャラ化したような愛らしい表情がとても可愛いですね。

場所も取りませんので、そのような方にはおすすめです。

なつめ雛


ちりめん雛よりも更に小さい、なつめ雛。

なつめでできた箱は外から見ててもきれいですし、その中から出てくる小さい雛人形も可愛らしく、2回楽しめるのが良いですね。

キャラクター雛人形

キティーちゃんやミッキー、アンパンマン、ミッフィー、スヌーピーなど今ではたくさんのキャラクターものの雛人形もたくさんあります。

子供が喜ぶこと間違いなしなので、ご検討してみてはいかがでしょうか?

名前入りの木札、オルゴール、幟

雛人形を購入したりすると、名前入りの木札がついてくる時があります。

その雛人形を買ったお店に問い合わせてみて、新しいお子さんにも同じものを作ってあげてもいいですね。

まとめ

というわけで、一般的な衣裳着雛人形以外のいろいろな雛人形についての紹介でした。

それぞれ独特な特徴があって、雛人形によっては表情も違ったりして、とても面白いですね。

市松人形もいいし、木目込み人形も面白そうだし、なつめ雛の外見上のあの感じもいいなぁ~。

皆さんは、気に入ったものはありましたか?

今は手作りキットなども多いので、お子さんと一緒に作り、飾り付けもして、それぞれのご家庭独自のひな祭りを楽しんでみるのもいいですね。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

-季節の行事, 春の行事
-, ,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.