季節の行事 春の行事

エイプリルフールとは?嘘は午前中だけのルール?由来・起源や意味は?

更新日:

エイプリルフール
毎年4月1日は、一般的に嘘をついてもよいという風習があり、英語圏では”エイプリルフール”と呼ばれています。

日本でもエイプリルフールと言われますね。

なんてことは誰でも知ってると思いますが、このエイプリルフールの起源をご存知でしょうか。

調べてみたら、この起源は諸説あるみたいですので、ご紹介します。

エイプリルフールの由来・起源や意味は?嘘は午前中だけのルール?

鳩

エイプリルフールの由来・起源の仮説(その1)

16世紀のヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを行っていましたが、1564年にフランスの国王(シャルル9世)が1月1日を新年とする暦を採用しました。

これに反発した国民たちが、この4月1日を”嘘の新年”とし、馬鹿騒ぎを始めました。

しかし、憤慨した国王は、騒いでいた民衆を片っ端から逮捕し、処刑してしまいました。

この処刑の対象は幼い少女までにも及び、国民はこの事件に対する抗議として、その後も4月1日になると、毎年”嘘の新年”を祝ったのだそうです。

エイプリルフールの由来・起源の仮説(その2)

鳩
大洪水から箱舟で逃げたノアは、陸地を探すためにハトを飛ばしましたが、ハトは陸地を見つけることができず、手ぶらで帰るはめになりました。

ハトが無駄足を踏んでノアのところに戻ったのが”4月1日”だったことから、この日は”無駄なことをする日”=”嘘をついてもよい日”になったのだとか。

エイプリルフールの由来・起源の仮説(その3)

インドでの悟りの修行は、春分から3月末まで行われていましたが、その修業明け、すぐに迷いが生じてしまうことから、そんな人々をからかう意味で、”4月1日”を”揶揄説”と呼び、そのような風習が生まれたのだとか。

エイプリルフールの由来・起源の仮説(その4)

古代ローマでは、主人と奴隷が入れ替わったり、道化師が聖職者に扮するなど、立場を逆さまにして遊ぶパーティが”4月1日”に行われていました。

この日は王様に代わり道化師が無礼講の君主として王座に座り、どんちゃん騒ぎを楽しんだと言われています。

そして、これはヨーロッパで、後にAll Fool’s Day(万愚節)というお祭りになりました。

先述の通り、この日はなんでも逆さまにして行うのがお約束です

いつもは左から右へ書く文字も反対から綴ります。

しかし、これは単なるバカ騒ぎではなく、規則は時に面倒なものですが、それがなくなると秩序が保たれなくなって大変だということを実感しようという意味があるのだそうです。

自由と言っても、逆説的に、自由は不自由を内包していますからね。

エイプリルフールの由来・起源の仮説(その5)

エイプリルフール
フランスではエイプリルフールをPoisson d'avril(ポワソン・ダブリル)と呼ばれており、これは”4月の魚”という意味です。

エイプリルフールの起源の仮説(その1)で書いたとおり、フランスは旧暦では4月1日が新年であるため、新年をお祝いするために、プレゼントを交換しあう慣わしがありました。

この時期はキリスト教の断食の期間とも重なっており、古い習慣を残そうとした人々が、食べることを許されていた魚を贈りあったとも言われています。

イタリアでは、今でも魚のチョコやクッキー、魚をモチーフにしたプレゼントを送る習慣が残っているようです。

そして、フランスでは、子供たちは魚の絵を書き、それを他人の背中に張ったりして、友達同士では嘘をつきあったり、いたずらをしあったりして、Poisson d'avril!!と叫ぶのだそうです。

日本だと問題になりそうですね(笑)

日本にはいつ頃伝わった?

エイプリルフールはヨーロッパなどで広まり、開国によって異文化と接する機会が増え、文明開化を経た、大正時代に伝わったと言われています。

しかし、日本にも江戸時代に、不義理の日と呼ばれる伝統的な行事がありました。

これは、ご無沙汰している人に手紙を書いて近況を伝え、再び縁をつなぐという、なんとも日本人らしい風習があったようです。

エイプリルフールのルールとは?

暗黙のルールとしては、人をひどく傷つけてしまうような嘘や迷惑となるような行為は、常識的に考えてNGですよね。

それ以外であれば、特にルール的なものはありませんね。

エイプリルフールの嘘は午前中限定みたいなルールも聞いたことがありますが、あれはイングランドやアイルランドなどの北欧地域の一部の地域のルールだそうで、日本ではあまり関係ないみたいです。

まとめ

というわけで、エイプリルフールの起源あれこれでした。

嘘みたいな来歴ばかりですが、礼儀を重んじる文化を持つ日本人の例は独特で面白いですね。

手紙を送り合う風習は廃れてしまいましたが、逆に、あまり連絡を取ってない人に、クスッと笑えるような冗談を含んだメールを送ってみるのもいいですね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 春の行事
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.