季節の行事 春の行事

カーネーションの色別の花言葉とは?母の日に贈る意味や由来は?

更新日:

Carnation
”母の日”の贈り物の定番は、お花ですね。

そのなかでも、カーネーションを贈るのが鉄板となっております。

しかし、母の日にはなぜ、カーネーションのが一般的なのでしょうか?

本日は、カーネーションに秘められた意外な意味について、まとめていきたいと思います。

カーネーションの色別の花言葉と母の日に贈る意味や由来

母の日

母の日にカーネーションを贈る意味や由来

日本の”母の日”は、アメリカ発の”母の日”の起源に由来しています。

そのため、5月の第二日曜日が”母の日”となります。

そのアメリカ発の”母の日”の来歴を簡単に説明すると、女性社会活動家であるアン・ジャービスの娘であるアンナ・ジャービスが、子を持つ母親、女性たちの偉大さに敬意を払う式日を設けるべきだと奮起し、母が20年以上務めていた日曜学校で第一回目の”母の日”が行われ、その後、アメリカ中に広まっていき、1914年、アメリカで正式に5月の第二日曜日を”母の日”とされました。

そして、その第1回目の”母の日”の時に、アンナは集まった人々に白いカーネーションを配り、この出来事でカーネーションが正式に母の日のシンボルとなったのです。

この時、なぜ、カーネーションを配ったのかというと、母親のアンはカーネーションが大好きだったからだそうで、アンナは”母の日”の前身である記念会の時にも、母親に白いカーネーションを贈っていました。

アンさんが自分の好きな花が世界共通の贈り物になっていると知ったら、とても驚くでしょうね。

より詳しい母の日の来歴については、こちらの記事をチェックして下さい。

母の日
母の日とは?2019年はいつ?由来や意味は?日本の母の日の起源は?

”母の日”と言えば、時期が近付くとお店ではお母さんが喜びそうなプレゼントが並び、何となく赤いカーネーションが並べられていて…とりあえず、お母さんに感謝すればいい日、そんな風になんとなく思っていませんか ...

続きを見る

なぜ白ではなく赤いカーネーションなの?

今では”母の日”のカーネーションといえば、”赤”ですよね。

ですが、アンナが母親に贈ったカーネーションの色は”白”でした。

なぜ、今では赤色のカーネーションが主になっているのでしょう?

これはカーネーションの色によって花言葉が違うからです。

これからそれぞれのカーネーションの色の意味をご紹介します。

赤:「母の愛」「母への愛」「純粋な愛」「真実の愛」

Carnation

濃い赤:「私の心に悲しみを」「情熱」

Carnation

白:「私の愛情は生きている」「尊敬」

Carnation

ピンク:「感謝」「気品」「温かい心」「美しい仕草」

Carnation

オレンジ:「熱烈な愛」「純粋な愛」

Carnation

黄色:「軽蔑」「嫉妬」

Carnation

青:「永遠の幸せ」

cernation

紫:「誇り」「気品」

Carnation

赤いカーネーションには、母親へ向けた直接的な思いが伝えられますが、白いカーネーションは、亡くなった方への思いも込められているので、アンナは母親に白いカーネーションを贈ったのですね。

ちなみに、第1回目の”母の日”の時に、アンナはカーネーションについて、母親が亡くなっている人は白、存命している人は赤とし、胸の位置にそれぞれの色のカーネーションをつけることを提案したそうです。

これは、実は、日本にも導入されていたそうですが、小さな子供たちがこの区別によって傷つくことを懸念して、最終的に赤に統一されたそうです。

他の色を見てみると、黄色や濃い赤のカーネーションは贈り物としては少し避けたい思いが入っているので注意したい所です。

お母さんに贈る時には、花言葉も意識して贈ると面白いかもしれません。

まとめ

というわけで、母の日のカーネーションについてでした。

紀元前からあるとされ、神への献花にも使われていたそうです。

他にもカーネーションは、その学名を”ダイアンサス・カリオフィルス”と言って、”ダイアンサス”とは”神の花”という意味です。

もういっちょ、十字架にかけられたキリストを見送った聖母マリアの涙から生じた花であるともされ、キリスト教では”母の愛情”を表すものとされています。

何気ない、”母の日”の定番のお花だと思っていたら、なにやら凄い花だったようです(笑)

アンさんは敬虔なクリスチャンであったそうなので、こういうことから好きな花だったのかもしれないですね!

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 春の行事
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.