国民の祝日

春分とは?2019年の春分の日はいつ?意味や由来は?昼の方が長い?

更新日:

syunbunnohi
今年の春分の日は3月21日です。

毎年3月の20〜21付近が春分の日となります。

しかし、なぜ、このように年によって前後するのでしょうか?

本日は、春分の日についてあれこれまとめていきたいともいます。

春分とは?2019年の春分の日はいつ?意味や由来は?

春分の日

春分とは?

春分とは、二十四節季上での二至二分(夏至-冬至、春分-秋分)のひとつで、今のような気象衛星がなかった時代において、季節を把握する上でとても重要な要素の一つでした。

旧暦上では、この二至二分は、それぞれ、2月(春分)、5月(夏至)、8月(秋分)、11月(冬至)と大まかに規定することで、月の運行を基にした暦法と実際の季節とのズレを補完する指標でした。

しかし、二十四節季は中国の大陸性の気候をもとに作られているため、日本のそれとはそぐわず、それを埋めるために、日本独自の”雑節”というものが生まれました。

話を戻しまして、一般的には、上の図のように、夏至-冬至は太陽の高さが最も高く、低くなり、春分-秋分は太陽の高さがその丁度真ん中になるとされ、昼と夜の長さが同じになるとされています。

しかし、春分-秋分は、実は、昼のほうが15分ほど長いようです。

というのも、今日の日の出、日の入りの定義が、太陽の上辺が地平線と重なることを言うので、丸々太陽一個分、昼の方が長く運行することになりますし、この他にも大気中を通る光の屈折などから通常よりも私達の目には太陽が浮き上がって見えることも影響し、昼のほうが長くなります。

春分はなぜずれる?

二十四節季は、黄道十二星座上の太陽の軌道から導かれる理想的な太陽の軌道を”黄道”と呼ぶのですが、この黄道上で、太陽の位置が15度進む毎に季節が一つ進むという考え方です。

太陽の公転周期は約365.24日であり、毎年約0.24日ずつ、春分を迎えるのが早まります。

それを補正するため、400年に97回の閏日が挿入され、これにより誤差が年に約25秒程に縮まり、これは約3320年に1日、ズレが生じるレベルです。

なお、この誤差の修正についての事は、まだなにも決まっていないようです。

このように、毎年約0.24日進んでいくことと、400年に97回挿入される閏日との微視的な影響から新暦上で春分がズレるのです。

春分の日は意味や由来とは?

1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律”祝日法”によって制定され、同法では「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」と意味づけられています。

暑さ寒さも彼岸までとは言いますが、段々と暖かくなり、丁度、梅や桃が咲く頃なので、見に行ってみてはいかがでしょうか?

そして、春分は、お彼岸の中日ということで、お墓参りをするなんて方も多いのではないでしょうか?

お彼岸とは?

お彼岸は、春分、秋分を中日とし、その前後3日間です。

彼岸とは、仏教用語で、煩悩や欲から開放された極楽浄土をいいます。

その反対の言葉は、此岸(しがん)で、これはまさに、煩悩や欲まみれの私達の住む世界をいいます。

そして、彼岸と此岸を隔てた川を渡る方法を”六波羅蜜”といい、中日には先祖に感謝しますが、残りの日は六波羅蜜を行うとされています。

六波羅蜜はサンスクリット語で、彼岸へ渡ることを意味し、此岸に生きていながら彼岸に渡る智慧を得る方法とされています。

六波羅蜜は以下になります。

布施(ふせ)波羅蜜・・・お布施をすること

持戒(じかい)波羅蜜・・・戒律を持って生きること

忍辱(にんにく)波羅蜜・・・堪え忍ぶこと

精進(しょうじん)波羅蜜・・・努力すること

禅定(ぜんじょう)波羅蜜・・・雑念を除き、物事に集中すること

般若(はんにゃ)波羅蜜・・・前五つの波羅蜜の実践によって得られる智慧のこと

般若(はんにゃ)波羅蜜は、何年も修行を積んだ僧侶がやっとたどり着ける境地のようです。

自分にできることはお布施ぐらいですが、見返りを求めないことが前提ですので、それもダメそうです(笑)

この行事としての彼岸は、極楽浄土が西方にあるとされていることから、太陽が真東から昇り、真西に沈む春分と秋分に、西方に沈む太陽を礼拝し、その遙か彼方にある極楽浄土に思いをはせたことが始まりのようです。

春分・お彼岸に食べるものは?

おはぎ
お彼岸の中日ということで、おはぎやぼたもちを食べるのが一般的で、お店などにもたくさん並びますね。

おはぎとぼたもちって、何が違うの?と思う方もいるかと思いますが、季節による分類で、春の牡丹から”ぼたもち”、秋の萩から”おはぎ”であると言われていたり、つぶあん、もち米で出来たものが”ぼたもち”、こしあん、うるち米で出来たものが”おはぎ”など、これと言った定説はないようです。

そもそも、なんでおはぎ、ぼたもちなの?ということですが、赤い色というのは邪気を払う色と言われていて、小豆が赤いことから、小豆が邪気を払うものとされるようになったようです。

他にも、お彼岸は六波羅蜜を行うとされている為、修行の身となりますので、精進料理も行事食とされています。

精進料理は肉や魚は食すのは禁じられ、たんぱく質は大豆で作ったものになります。

がんもどきや豆腐など、あとはご飯とみそ汁と漬物と煮もの・野菜といったヘルシーなメニューになります。

個人的に、精進料理というものを京都のガチなお店で食べてみたいです。

まとめ

というわけで、春分の日のあれこれでした。

春分の日はただの祝日で、やったぜ!休み!!としか思っていませんでしたが、お彼岸の中日で、いろいろな行事が絡む日でしたね。

段々と暖かくなりますが、まだまだ寒い日も多いので、体調管理には気をつけて下さい。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-国民の祝日
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.