国民の祝日 季節の行事 春の行事

端午の節句とはいつ?由来や意味は?端午とは元々中国が起源?

更新日:

子供
”こどもの日”は、GWを構成する最後の祝日となり、5月5日です。

もうGWも終わりかけで、あぁ〜もう休み終わりだぁ〜とテンション下がっちゃいますよねぇ〜。

子供たちも先生にたくさん出された宿題に追われているに違いありません。

そんな”こどもの日”は、明治以前は、”端午の節句”と呼ばれ、国民の祝日でした。

端午の節句は、菖蒲の節句とも言われますね。

今日、なぜ、菖蒲の葉で菖蒲湯に浸かったり、五月人形や鎧兜、鯉のぼりを飾るのかは、全て、この”端午の節句”に端を発します。

本日は、その”端午の節句”について、あれこれまとめていきたいと思います。

端午(菖蒲)の節句の起源や意味は?端午とは元々中国に由来?

こいのぼり

中国に由来する端午の意味や由来とは?

この端午とは、これも元々は中国の行事で、午の月とは旧暦5月を言い、端とは”はじ”を意味し、その言葉通り、端午とは元々五月の初めに行われていたが、”午”が”五”に通じ、重陽が隠に転じることから、端午は五月五日を指すようになりました。

そして、この旧暦の五月は中国では”悪月”とされ、色々な災いが起こる、禁忌の多い月でした。

特に、五月の五日は、”五”が重なる最悪の日とされ、この日に生まれた子供には悪魔が宿り、親をも殺めてしまうと言われていた程です。

その為、蓬や菖蒲などの香りの強い薬草で、邪気を払い、無病息災を祈ったと言います。

また、中国戦国時代の楚の政治家、詩人である屈原の命日ともされます。

当時、楚の外交方針は、親泰派と親斉派とに別れていました。

親斉派だった屈原は、とても優秀な参謀ではありましたが、その剛直な性格がたたり、仲間からの罠に嵌められ、王の傍から遠ざけられると同時に国内世論は、一気に親秦派に傾きました。

屈原は、その後も秦は信用ならぬと必死で説いたのですが、全く聞く耳を持たれず、結局、秦の謀略家張儀の罠に懐王がはまり、懐王は囚われの身となり、楚では新たに頃襄王を立てました。

その頃襄王は、その参謀に屈原が嫌いぬいた子蘭をその座に就かせたため、更に追われ、江南へ左遷させられました。

そして、祖国が泰によって滅ぼされる未来を絶望し、放浪の果て、石を抱いて汨羅江(べきらこう)に入水自殺しました。

後に、祖国を想い続けた屈原の無念を鎮めるため、その亡骸を魚が食らわないよう、人々は笹の葉に米を包み、川に投げ込むようになったと言います。

これが”端午の節句”の行事食の一つである”ちまき”の由来と言われています。

また、伝統的な競艇競技である”ドラゴンボート”も、入水した屈原を漁民が助けようとしたという伝承が由来であるとされています。

日本における端午の意味や由来とは?

その中国の端午は、日本には奈良時代に伝わったと言われています。

そして、日本では旧暦五月というと、ちょうど田植えの時期です。

皐月の”さ”は、稲の精霊を意味すると言われています。

古くからこの時期には、作物の豊凶を司るとされる”田の神”に、その年の豊穣を祈願し、迎い入れるしきたりが行われていました。

その田植えとは、いわば”田の神”の前で行う神聖な行いであります。

そして、特に、昔は早乙女と呼ばれていたように、田植えは若い女性の仕事とされ、”田の神”を迎え、身を清める儀式も女性が行っていました。

これを”五月忌み”と呼んでいました。

この”五月忌み”と”中国の端午”が習合し、今の”端午の節句”の原型になったと言われています。

その為、最初は、”端午の節句”とは”女性の節句”を言うものだったのですね。

では、いつ頃、どのようにして、今の”男性の節句”になったのでしょうか?

端午の節句は”女性の節句”から”男性の節句”へ

時代は流れ、日本も戦国時代を象徴する、”男”とは”強いものであれ”というような精神、考えが徐々に構築される段階である鎌倉時代の武家社会では、様々なものの考え方が一層”男性的”になっていきます。

奈良時代に、邪気を払うとされる”菖蒲”は、武道・武勇を重んじる”尚武”のことの方が連想されるようになり、”女性の節供”であった”端午の節句”も、徐々に、”男性の節供”として捉えられ、武士の象徴である、鎧、兜、刀、そして、家紋の幟を飾るようになりました。

そして、江戸時代になると、豪傑の代名詞である武蔵坊弁慶を模した武者人形や五月人形、武士の家紋の幟に対して、町人の間では鯉のぼりなどを飾るようになったと言われています。

このように、日本人の時代精神の移り変わりに伴って、人々の”端午の節句”の捉え方も変わっていき、明治時代に”五節句”は廃止されてしまうものの、1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律”祝日法”により、”端午の節句”は、”こどもの日”となって、復活を遂げました。

今日では、もっぱら、”男の子の節句”とされ、五月人形や鎧兜、鯉のぼりを飾り、ちまきや柏餅を食べ、菖蒲湯に入ったりするのがしきたりですね。

”こどもの日”はどんな日?

祝日法第二条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」という趣旨となっています。

一応、子供のための日ではありますが、母に感謝する日でもあるんですね。

ここに、昔の”女性の節句”としての片鱗が少しばかり残っているのですね!

まとめ

というわけで、端午の節句からこどもの日についてのあれこれでした。

なぜ、鯉のぼりを飾るようになったのかについての補足ですが、”登竜門”という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは中国の黄河上流の急流な竜門と呼ばれる滝を鯉のみがそれを登りきり、その果てに龍になったという故事から、出世の象徴として、縁起を担ぐものとなりました。

今回調べてみて、こどもの日について、昔の”女性の節供”としての意味がさり気なく残っているのは面白いと思いましたねぇー。

母の日(5月13日)が1週間後に迫ってるというのに、母親ばっかりずるいよなぁー(笑)

母の日に関する詳しい記事はこちらをチェック!!

母の日
母の日とは?2019年はいつ?由来や意味は?日本の母の日の起源は?

”母の日”と言えば、時期が近付くとお店ではお母さんが喜びそうなプレゼントが並び、何となく赤いカーネーションが並べられていて…とりあえず、お母さんに感謝すればいい日、そんな風になんとなく思っていませんか ...

続きを見る

Carnation
カーネーションの色別の花言葉とは?母の日に贈る意味や由来は?

”母の日”の贈り物の定番は、お花ですね。 そのなかでも、カーネーションを贈るのが鉄板となっております。 しかし、母の日にはなぜ、カーネーションのが一般的なのでしょうか? 本日は、カーネーションに秘めら ...

続きを見る

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-国民の祝日, 季節の行事, 春の行事
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.