国民の祝日 季節の行事 春の行事

端午の節句に五月人形や鎧兜を飾るしきたりの意味や由来とは?

更新日:

公園
”こどもの日”が近づいてくると、とりあえず押入れから出して飾り、終わればすぐ片づけていることと思います。

そういう風にするものだということで、みなさん鎧兜や五月人形を飾っていると思いますが、なぜ飾るのかについてはご存知ですか?

本日は、鎧兜や五月人形についてのあれこれをまとめていきたいと思います。

そもそも、”こどもの日”の由来である”端午の節句”とはなんぞやという方は、こちらの記事に詳しく書かれているので、まずはこちらをチェック!!

鯉のぼり
端午の節句とはいつ?由来や意味は?端午とは元々中国が起源?

”こどもの日”は、GWを構成する最後の祝日となり、5月5日です。 もうGWも終わりかけで、あぁ〜もう休み終わりだぁ〜とテンション下がっちゃいますよねぇ〜。 子供たちも先生にたくさん出された宿題に追われ ...

続きを見る

端午の節句に五月人形や鎧兜を飾るしきたりの意味や由来

鎧兜

鎧兜を飾るしきたりの意味や由来

鎧や兜で連想されるのは、戦国時代の武将ですかね。

当時は、それで命を守っていたので、かっこいいからという理由で着ていたわけではないですが、それが強い男の象徴ともいえると思います。

本物の武士は、実際に使っていた鎧を持っていたので、それを飾ったのでしょうが、庶民は家にあるわけじゃないので、見た目だけ真似て鎧や兜を作って飾ったのが始まりだそうです。

鯉のぼりも武家があげていた旗のぼりを庶民が真似して定着したのですよ。

鎧や兜を飾るのは、この武具が命の危険を守ってくれるというところからきています。

産まれた男の子に災いが起こっても、この鎧と兜が守ってくれるというお守りのようなものです。

ですから、毎年飾らないといけません。

現在では、さまざまな住宅事情に配慮して、大きいのから小さいのまで、鎧兜セットから兜だけのものまで選べるので狭くても安心です。

ガラスケース入りの方がほこりの面や出し入れを考慮するとおすすめです。

また、鎧兜とは別に人形を飾る場合もあります。

武者人形や童人形を飾りますが、人形を飾る意味は、産まれた子にふりかかる災厄を”形代”として、その子の身代わりとなってくれることからです。

これは、雛人形と同じですね。

そして、その人形は、昔話に出てくるような強い者の象徴的豪傑の場合が多いです。

その豪傑の代名詞である金太郎・桃太郎・牛若丸・武蔵坊弁慶など、みんな力強く、たくましい猛者ばかりですね。

わが子もそんな強い人になってほしいという願いもこもっています。

五月人形の種類

兜飾り

kabuto
武将などの兜を模した飾り物です。

兜のみではなく、弓・太刀と三点セットになっているものが一般的です。

鎧飾りに比べて場所を取らず、お値段もリーズナブルなものが多いです。

着用兜と呼ばれる兜飾りは被ることを想定して作られており、実際に被ることができます。

鎧飾り

yoroi
身に着ける甲冑全てを飾ったものを鎧飾りといいます。

男の子の丈夫な成長と健康を願うもので、「大鎧」(源平時代の鎧を模したもの)と「胴丸鎧」(戦国時代の主流な鎧を模したもの)があります。

他にも武将の着用していた鎧を模したものが人気です。

中でも「三段飾り」と呼ばれるものは、

一段目:菖蒲酒、鯉のぼり、ちまき、吹き流し、柏餅

二段目:軍扇揃、陣太鼓、陣傘揃

三段目:鎧兜、弓と太刀、かがり火

の豪華なフルセットとなります。

ですが、現代ではコンパクトにまとめられたものや高さを出さずに飾れるものもあります。

武将などの人形飾り

金太郎:健康のシンボルである金太郎には、元気で心優しい男の子に育つようにという願いが込められています。いつの時代も人気の人形です。

鐘馗(しょうき):怖い顔ですが、中国唐の時代の皇帝の夢に出た鬼を退治したことで有名な鐘馗は魔除けのシンボルです。

神武天皇:神武天皇は第一代の天皇です。弓にとまった金の鴟(とび)の光で賊軍の目がくらませ大和を平定したという故事から、武勇と平和の象徴として飾られるようになりました。

桃太郎:桃太郎は力強さや健やかな身体のシンボルです。知的で勇気があり、人望を兼ね備えた人になって欲しいという願いがこめられています。その他にも鬼を退治したということから、桃太郎を飾ることにも魔除けの意味があります。

そのほか源義経(牛若丸)や武蔵坊弁慶、伊達政宗などの武者人形が人気ですね。

飾り方にも種類があります。

平らな台と屏風などを組み合わせたスタンダードな飾り方を平飾りといいます。

収納箱と飾り台が兼用になっているものが収納飾りと呼ばれ、スペースを取らずコンパクトに飾れます。

ガラスやアクリルのケースに収めたものをケース飾りと呼び、こちらは収納と掃除がしやすくなっています。

2人目や3人目の男の子にも買うの?

基本的に、鎧兜は1人に対して1つと思って下さい。

というのも、”形代”とは、言わば、自らの分身であり、自分の代わりとなってくれるものは自分のそれしかありません。

なので、理想としては、子供の数だけ、雛人形や五月人形を買うべきなのです。

また、お父さんの鎧兜があるから、それを産まれた子供に使うというのも耳にしますが、本来の意味を考えるとやはり新しいものを購入した方がいいと思います

が、それらは理想であって、現実的ではありません。

経済的な問題や場所の問題もあるので、1つしかいらないという場合もあると思います。

五月人形ではなくても、鯉のぼりなども住宅事情に合わせた小さいものがありますし、今ではお子さんと一緒に作れるようなキットなどもたくさんありますので、家族全員が”こどもの日”という一日を楽しめれば、何を飾るかなどは瑣末なことだと、私は思います。

五月人形・鎧兜はいつ出す?いつしまう?

鯉のぼりもそうですが、いつ出して、いつ片づけるのでしょう?

やはり、1か月前くらいに出して、こどもの日が過ぎたら片づけるのが一般的です。

日本人は縁起を担ぐので、大安の日に出して大安の日に片づけると言う決まりを作るといいですね。

ですが、初節句で新しく購入すると言う場合、1か月前だと遅い可能性もあります。

人気のある手ごろな値段でいいものはどんどん売れてしまうので、買うのが遅いと売れ残りになってしまうのです。

鯉のぼりはどれも似たようなものなのでいいのですが、鎧兜は本当にピンからキリまであるので、少しでもいいものを選びたいという気持ちがあるのであれば、3月下旬あたりから探し始めることをお勧めします。

誰が買うかについては地域によってしきたりが違うので、おじいちゃんおばあちゃんに聞いてみるのが一番ですが、嫁側がとか夫側がと決めてしまうと負担にばらつきがでるので、全部を折半というのももめなくていいかもしれませんね。

一番よく聞くのは、嫁側の実家が鎧兜と鯉のぼりを用意するというものですが、お雛様も嫁側が用意するというのを聞くので嫁側ばかり出費ですよね。

これは昔の風習の名残で、雛人形が嫁入り道具として用いられていたことなどから、嫁ぐ側の親が買うとされているのです。

五月人形や鎧兜は基本的に高価なものですから、男の子のときは嫁側で女の子のときは夫側でとか交互にするなどでもいいと思います。

どちらにしてもよく話し合いをしてから購入して下さい。

五月人形や鎧兜を飾る場所

昔ながらの風習としては床の間に飾るものですが、現代の家庭では家に床の間がないということも多いものです。そんなときに飾る場所について、気を付けておきたいポイントを記載しておきますね。

直射日光や空調の当たらない場所

五月人形は色あせや変色・カビに強くできていませんので、直射日光が当たらず、エアコンなどの空調の風が当たらず、お風呂場や台所などの湿気の強い場所を避けて飾りましょう。

みんなに見える場所

縁起物、飾り物でありますので、家族全員が集合する場所である居間などがよいでしょう。

なお、飾る方角などに特に決まりはありませんので、上記を考慮した上で好きな場所に飾って構いません。

収納する場合

五月人形は一年中飾っていてもよいものですが、収納する際にも痛まないよう気を付ける必要があります。

・風通しがよい場所

・大きな寒暖差がない場所

・直射日光の当たらない場所

飾る場所と同じく、色褪せや変色・カビに気を付けて収納するようにしましょう。

防虫剤を一緒に入れる場合、衣類用のものは使わないようにしましょう。

衣類用の防虫剤の中にはプラスチック成分を腐食させるものや金属のサビを生むものがあり、金属が多く使われている五月人形とは相性が悪いです。

人形用のものが売られているので、それを選びましょう。

人形の処分方法は?

思いのほか場所を取ることと、大人になるとしまいっぱなしになってしまうという問題もありますね。

いらなくなった五月人形はどうするかというと、何も気にしないのであれば、ゴミの日に出せます。

しかし、人形って魂が宿るとか子供の厄を引き受けてくれたわけで、ただゴミとして捨てるのは良心が咎めると共に、なんだか罰があたりそうで怖いという気持ちもありますよね。

そんなときは人形供養に出すのが最適でしょう。

人形供養と検索すればたくさん出てきますが、ここにも、2、3リンクを張っておきますので、ご参考に。

みんなのお焚きあげ

人形感謝(供養)代行サービス

人形供養花月堂

まとめ

というわけで、今回は鎧兜や五月人形をなぜ飾るのかについてのあれこれでした。

産まれた子を災厄から守ってくれたり、身代わりになってくれたりといった意味があるのですね。

鎧や兜はカッコイイので、小さな男の子は、少なくとも小さいうちは気にいるはずですから、できれば1人に1つ用意してあげたいですね。

なによりも、元気に健康に育ってほしいですからね!

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-国民の祝日, 季節の行事, 春の行事
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.