国民の祝日 季節の行事 春の行事

端午の節句に鯉のぼりを飾る由来や意味とは?いつ出す?いつしまう?

更新日:

子供たち
”こどもの日”には、鯉のぼりを飾るお家が多いと思います。

最近は、アパートの人もベランダに飾れるようなコンパクトで小さめの鯉のぼりも売られているので、庭がなくても飾れるのはうれしいことですね。

うちもベランダ用の鯉のぼりを飾ってましたが、ベランダの形状で設置する金具が違うのがちょっと面倒でした。

これから購入する方はそのあたりに気をつけて買ってくださいね。

本日は、そんな鯉のぼりについて、あれこれまとめていきたいと思います。

そもそも、”こどもの日”の由来である”端午の節句”とはなんぞやという方は、こちらの記事に詳しく書かれているので、まずはこちらをチェック!!

鯉のぼり
端午の節句とはいつ?由来や意味は?端午とは元々中国が起源?

”こどもの日”は、GWを構成する最後の祝日となり、5月5日です。 もうGWも終わりかけで、あぁ〜もう休み終わりだぁ〜とテンション下がっちゃいますよねぇ〜。 子供たちも先生にたくさん出された宿題に追われ ...

続きを見る

端午の節句に鯉のぼりを飾る由来や意味

鯉のぼり

なぜこどもの日には鯉のぼりを飾るの?

”こどもの日”と言えば菖蒲ですが、鯉はなんの関係が?と思いますよね。

江戸時代、将軍の家に男の子が生まれると、その家では家紋のついた”幟”を作り、立てる風習がありました。

ですから、その幟を見れば「あの家には男の子が生まれた!」というのが誰でもわかるというわけです。

それを見た一般庶民は、鯉の滝登りを描いた”幟”を真似してあげるようになりました。

鯉の滝登りというのは掛け軸でもありますが、出世の象徴なのです。

というのも、”登竜門”という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは中国の黄河上流の急流な”竜門”と呼ばれる滝を鯉のみがそれを登りきり、その果てに龍になったという故事から、出世の象徴として、縁起を担ぐものとなったのです。

ですから、この子が出世しますようにとの願いがこもっています。

最初は、旗のような感じの長方形のものに鯉の滝登りを描いただけのものでしたが、明治以降になると鯉の形のものになりました。

鯉のぼりの色の順番は?吹き流しの意味は?

鯉のぼり
昔の鯉のぼりは黒一色でしたが、現代の鯉のぼりは一番上が吹き流し、次が黒、次が赤、次が青ですね。

まず、黒はお父さん、赤はお母さん、青は子供ですね。

鯉のぼりという歌の歌詞になってますが、そのままの意味です。

鯉のぼりの歌を懐かしみたい方はこちらの動画をチェック!!

話を戻しまして、もともと黒の鯉のぼり1匹だけをあげるだけで、それは子供を表していましたが、その黒い鯉のぼりも現代ではお父さんになっています。

黒い鯉のぼりに、赤い鯉のぼりが1匹増えて2匹になった時代もありましたが、それは錦鯉が出回るようになり、鯉にも黒以外に赤や白の色があることを知ったので、赤い鯉のぼりを増やし、黒がお父さんで赤が子供と例えられていたそうです。

”端午の節句”はもともと”女の子の節句”だったというところもあり、赤が子供だったのでしょうかね。

その後、3色になって子供は青になったわけですが、実際には青い鯉って存在しないので反対意見も多かったそうですが、作ってみたら定着したという案外適当なんだなぁと笑えてしまいました。

ちょうど”男の子の節句”になったこともあり、青い鯉は男の子っぽくていいですよね。

男の子の2人目が産まれたらどうなるのかな?と思いましたが、青の下に緑や紫の鯉のぼりをあげるそうです。

ということは、3人目が男の子でも大丈夫ですね。

またピンク色の鯉のぼりも存在し、女の子が生まれてもあげているというお家も中にはあるそうです。

さすがにそこまであげている家をまだ見たことはないですが・・・

一番てっぺんの吹き流しについてですが、これは鯉のぼりができたからというわけではなく、もっと昔からありますよね。

戦国時代などのドラマを見ていると、たしかに白い吹き流しに黒い模様がついたものを流しているのを見かけます。

”吹き流し”は、魔除けの意味として使われていて、それが鯉のぼりにもつけられるようになったのは生まれた子供が元気に健康に育つようにという願いをこめたからだそうです。

しかし、このカラフルな色は元々、中国の”五行説”の「青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)」の五色から来ています。

七夕に願い事を綴る短冊の色も5色ですが、この”五行説”から来ています。

”五行説”とは、万物は、木・火・土・金・水の五つの要素で形成されているという考え方で、木は青(緑)、火は赤、土は黄、金は白、水は黒(紫)を表現し、子供の健やかな健康を願い、魔除けをもたらすものとして、古くから日本の文化にも多く取り入れられています。

というのも、この五行を円形に並べた五芒星は、五行説とも関わりの深い陰陽道において、魔除けの呪符として伝えられているます。

これは、この五行相互の働きである相克を表したもので、それらの理想的なバランスが万物の調和・安定をもたらします。

その意味で、この五芒星のそれぞれの色を吹き流しとして取り入れることは、万物の調和・安定を祈り、子供の健やかな健康をもたらす魔を避ける(不安定)の意味があるのです。

他にも、相撲の土俵上の吊り屋根の四隅に、青・赤・白・黒の”四房”がそれぞれ東西南北に吊り下げられており、中央が黄と、こちらも五行思想に基づくものです。

文明開化以前の日本の文化は、中国文化の影響をモロに受けているため、その古代中国思想の根幹とも言える”陰陽五行思想”に基づく考え方が所々に出てきます。

特に”五節句”などは、それが日本に伝わり、日本の文化と習合して、独自に発展していった、象徴的なものですねぇー。

とはいえ、現代は五色であればなんでもありになっていたり、家紋が入ってきらびやかな模様になっていたりと様々です。

鯉のぼりはいつ出す?いつしまうの?

”こどもの日”に鯉のぼりをあげるのはわかるけど、当日だけってことはないですよね?

いつから出して、いつ片づけるのでしょう。

うちは特に気にしていなくて、周りがあげてるなと気づいてからうちも早くあげないと!なんてあたふたしてました。

実際には、何日からあげて何日にしまうという明確な答えはないです。

とはいえ、だいたい一か月前あたりが妥当ですよね。

あまりに遅いとすぐ片づけになってしまいますし、クリスマスツリーじゃないけどしばらく楽しみたいですからね。

日本人は新しいものを下ろす時とか車の納車とか引っ越しとか、なんでも大安を選びますよね。

なので、大安にあげて大安におろすとなんとなくしっくりくるのではないでしょうか。

お雛様などは、3日過ぎても片づけないと娘が結婚できないなんて言われますので、急いで片づけたりしますけど、鯉のぼりは特にそんな言い伝えもないので、こどもの日が過ぎても少し楽しんでから片づけてもよさそうですね。

まとめ

というわけで、鯉のぼりについてのあれこれでした。

当たり前に飾っている鯉のぼりも歴史とともに少しずつ変化していっているのですね。

時代とともに華やかな鯉のぼりが増えて5月の空はにぎやかでいいですね!

せっかく飾るのですから、鯉たちも晴天の中を気持ちよく泳いでほしいですね!

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-国民の祝日, 季節の行事, 春の行事
-, ,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.