季節の行事 春の行事 生活

初節句とは?お祝いは何する?内祝い・お返しの金額は?のしの書き方は?

更新日:

子供たち
初節句とは、子供が産まれて最初に来る節句のことですが、初めての雛祭りやこどもの日はちょっと特別感がありますよね。

うちは男の子ですが、初節句は夫婦と子供だけというちょっと寂しいものでした。

本来であれば、両家の親(子供にとっての祖父母)も呼んでお食事会をすることが多いですが、それぞれの考えが一致しないとうまくいかないこともあります。

このように子供の行事によってもめることがあったりなかったりと、現実が見えてくる一幕もあったりしますよ。

本日は、そんな初節句についてあれこれ書いていきたいと思います。

初節句のお祝いは何をする?内祝い・お返しの相場やのしの書き方は?

鯉のぼり

初節句って何をするの?

初節句とは初めて迎える節句のことです。

具体的には、男の子は産まれて最初の年に来た5月5日にするお祝いで、女の子は産まれて最初の年に来た3月3日にするお祝いです。

雛祭りには、お雛様を飾り、女の子のこれからの健やかな成長を祝って、あられを食べたり、ちらし寿司やハマグリのお吸い物で食事会をしたりします。

桃の節句とも言いますが、桃の木は邪気を払ってくれる木というところからきています。

桃の節句についての詳しい記事はこちらをチェック!!

ひな祭り
上巳・桃の節句とは?由来や意味は?なぜ女の子をお祝いする日?

3月3日は、”ひな祭り”です。 ひな祭りは、上巳の節句や桃の節句などとも言われますね。 きれいな人形を飾り、ちらし寿司や菱餅、ひなあられなどを食べたりしますが、そもそもなんで人形を飾るようになったので ...

続きを見る

こどもの日には、鎧や兜、鯉のぼりを飾って、男の子がこれからも元気で健やかに成長しますようにと願うお祝いですが、初節句は一生に一度のことなのでとても重要なイベントですね。

ただ、あまりに産まれたばかりですと早すぎるので、そのときは翌年のこどもの日となります。

これは女の子も同様ですね。

端午の節句についての詳しい記事はこちらをチェック!!

鯉のぼり
端午の節句とはいつ?由来や意味は?端午とは元々中国が起源?

”こどもの日”は、GWを構成する最後の祝日となり、5月5日です。 もうGWも終わりかけで、あぁ〜もう休み終わりだぁ〜とテンション下がっちゃいますよねぇ〜。 子供たちも先生にたくさん出された宿題に追われ ...

続きを見る

いつまでといった明確な決まりはないですが、母親の回復次第というところもありますし、1カ月後だとお宮参りという行事もありますので、産んで2カ月くらいあればなんとか準備できるかなと言ったところではないでしょうか。

初節句のあれこれは誰が用意するの?

これはかなり地域性があるもので、一概には言えないのですが、うちは関東ですが、嫁の親がひな人形も兜も買うと言う暗黙のルールがあります。

そもそも雛人形とは昔、嫁入り道具として用いられていたので、その名残から嫁ぐ側の親が買うという風習が残っているのです。

しかし、これは地域やご家庭により、千差万別なので、親と話し合って決めるしかないですね。

一般的に、女の子では、嫁側がひな人形を買うだけで夫側は何もないです。

男の子では、兜は嫁側で、武者人形を夫側が買うと言う決まりらしく、うちは金太郎人形を頂きました。

うちは夫の両親に鯉のぼり(ベランダ用の小さいの)も買ってもらったのですが、一般的には嫁側が用意するものだと思われます。

というのは夫が長男かどうかで違ってくる部分があります。

うちの夫は長男ではないので、少しルールがゆるいですが、長男のところに男の子が産まれた場合は、嫁側は庭に立てる大きな鯉のぼりと鎧兜を買って、夫実家に贈らないといけないのだと聞きました。

農家は特にそういうことにうるさく、嫁側の金銭的負担は大きいかもしれません。

長男は親と同居というのが昔は当たり前だったので、そのようなことになりましたが、現代では長男であっても実家には入らず、アパートに出てしまったり別なところに家を建てたりということもあり、それほど明確に分けることは少なくなっています。

また、年金暮らしの親に大きな鯉のぼりを買ってくれと頼むのは少し胸が痛いというか酷ですよね。

現実的には、買える人が買う、あるいは祖父母ではなく子供の親である自分たちが気にいったものを買うというのも増えています。

経済的に余裕のある祖父母ですと、大きな雛飾りや兜鎧を買いたくなってしまう人もいますが、アパートに住んでいるのにそんな大きなものを贈られても、はっきりいえば迷惑ともなってしまいます。

結構このあたりのことでもめるところは多いと聞きます。

いらないと言っているのに勝手に買ってしまって置き場がなくて実家に置いてあるなんて話も実際にあります。

雛人形や五月人形の処分方法はこちらの記事をご覧ください。

ひな祭り
飾らなくなった雛人形の処分方法・捨て方は?無料で供養する方法は?

3月3日は、”ひな祭り”です。 ひな祭りは、上巳の節句や桃の節句などとも言われますね。 この3月3日には、きれいな雛人形を飾り、ちらし寿司やひなあられなどを食べますね。 しかし、お子さんが大きくなり、 ...

続きを見る

初節句の内祝い・お返しの相場はのしの書き方は?

親から雛人形や兜や鯉のぼり、武者人形などを贈られた場合、内祝い・お返しはどうしたらいいのかという悩みがありますね。

しかし、多くの場合、お返しをしたいといっても祖父母は受け取らないですね。

孫のためにしたのだからと言うでしょう。

次に、兄弟や親せきからお祝いをいただいた時のお返しです。

3分の1~半額くらいの金額のお返しが良いと思います。

だいたい1万円くらいのお祝いが多いと思いますので、3000円~5000円あたりが相場ですね。

5000円でしたら商品券やカタログギフトがいいですが、2000円~3000円でしたら焼き菓子や調味料セット、洗剤などはいかがでしょう。

熨斗は蝶結びのもので、表書きは「内祝い」あるいは「初節句内祝い」とし、名前は産まれた子供の名前を書きます(下の名前だけ)。

近くの人であればなるべく早いほうがいいですし、1週間くらいまでにはお返ししましょう。

遠方であるとか忙しかったとしても、せめて5月の間にお返しするのがマナーです。

家に伺えないのであれば宅配便を使ってもいいですしね。

食事会などをする場合、誰がお金を負担するのかという話題がよくでますが、産まれた子供の両親がご招待するわけですから、当然夫婦で負担します。

どちらの祖父母が出すべきかなどもめたりする話もありますが、裏で誰かがお金を出したとしても表向きは夫婦が出したとすべきです。

それが一番丸く収まることにつながります。

まとめ

というわけで、今回は初節句についてあれこれまとめてみました。

雛祭りもこどもの日も、わが子の成長を願う親の思いがこもった大事な行事です。

笑顔で楽しく、おいしいものを食べて、良い思い出にして下さいね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 春の行事, 生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.