季節の行事 春の行事

母の日に大人気なプリザーブドフラワーとは?作り方や保存方法は?

更新日:

バラ
母の日のプレゼントは花が一番多いです。

生花の花束やフラワーアレンジメント、鉢植えなど、たくさんの種類のものが売りだされていますが、その中の1つにプリザーブドフラワーがあります。

小さい割に値段が高いのですが、枯れないというのは、長期的にみると一番お得かもしれませんね。

本日は、プリザーブドフラワーについて、あれこれ、ご紹介していきたいと思います。

プリザーブドフラワー

母の日

プリザーブドフラワーってなに?

改めて、プリザーブドフラワーって、ご存知ですか?

女性でしたら、だいたいの方は知っていると思いますが、枯れない花のことです。

もうだいぶ前からあるので、特別めずらしいものではないですが、ドライフラワーと違って、生花のような状態が長く続くというのは素敵ですね。

ザックリとした作り方は、脱色液に花を入れ着色液に入れて色をつけ乾燥させたら完成です。

てっきり、生花の色は同じなのかと思っていましたが、脱色するので、何色の花にでもできるわけですね。

手間がかかってる分、お高いわけです。

加工されているといっても、一生持つわけではなく、綺麗な色見をキープできるのは1年と言われています。

私も1つ、赤いバラのプリザーブドフラワーを持っていますが、2年目でもまだ綺麗な状態なので置き場所にもよるのでしょう。

紫外線にあたると劣化するそうなので、なるべく日陰に置きましょうね

むき出しのままだとホコリをかぶるし、掃除すると崩れるので、ガラスケースやプラケースに入ったものを選びましょう

あるいはラッピングしてもらって、そのまま飾るなどの工夫が必要ですね。

プリザーブドフラワーでおすすめは?〜パート1〜

バラ

天使のガラスポットに入ったプリザーブドフラワー

色は、ブルー・ピンク・オレンジとなっております。

花も綺麗ですが、このポットがすごくかわいいです!

人気の商品なので売り切れのカラーがある場合があります。

また、同じく天使ポットで中の花が豪華になったものがあります。

光るプリザーブドフラワー

白いバラのプリザーブドフラワーです。

昼間の花も綺麗ですが、太陽の光を蓄光して、夜になるとほんのり光ります。

電気ではないので明々光ることはありませんが、青白く光るバラも素敵です。

白いバラだけが発光するようになっています。

内蔵されたLEDライトにより光るプリザーブドフラワー

7色に光りますが、「ジュエリーボックス」という商品のみ光るので、注文間違いに気をつけてください。

ウサギポットに入った蓄光プリザーブドフラワー

動物好きなお母さんにいかがでしょう。

こちらの蓄光はバラだけでなく、葉っぱなどにも光る加工が施されています。

プリザーブドフラワーでおすすめは?〜パート2〜

バラ

フレーム時計にプリザーブドフラワーがデザイン

時計だと毎日見るのでプレゼントした甲斐があるというものです。

フォトフレームとプリザーブドフラワー一体型

箱の中にはプリザーブドフラワーが入っていて、ふたが写真立てになっています。

これだけたくさんの花が入っていてこのお値段はお得です!

学生だしあんまり予算ないけど・・・

コーヒー

それでもプリザーブドフラワーをプレゼントしたいという方へ1000円プリザ

入れ物やデザイン、色なども多種揃っています。

ハリネズミの器に入ったブプリザーブドフラワー

究極にかわいい!

個人的に、ハリネズミグッズを集めているのでかわいく感じます。

自分でプリザーブドフラワーをつくってみよう!!

自分で作る手作りキットなども豊富にあります。

こちらは動画での説明もついていて、お子様でも作れるようなレベルのものになっております。

まとめ

というわけで、母の日に大人気なプリザーブドフラワーでした。

個人的にかわいいと思った物をピックアップしてご紹介しましたが、まだまだ数え切れないほどの素敵な商品がありますよ。

ご自身でもあれこれ探してみて、母親が喜びそうなものをチョイスしましょう!!

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 春の行事
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.