健康

様々な害を生む活性酸素発生の原因は?抗酸化作用のある食品は?

更新日:

錆びたトラック
健康や美容について調べると、老化や病気、身体が錆びる原因としてよく目にする「活性酸素」。

身体に悪そうなイメージですが、活性酸素とはどのようなものなのでしょうか?

その正体について調べてみました。

また、活性酸素を抑制する食品についてもご紹介します。

活性酸素

oxygen

活性酸素の害

私たちは生きている間、ずっと呼吸をしています。

呼吸によって吸い込まれた空気の内、約20%が酸素で、そのうちの約2%が活性酸素に変化します。

私たちの身体は電子伝達系という回路によって生命を維持しています。

活性酸素は、電子に必要なプラスとマイナスのバランスが崩れ、電子の欠落した不安定な状態です。

そこで活性酸素は安定しようと、体内を巡って、他の物質から電子を奪ってしまいます

そして奪われた物質が酸化してしまうのです。

活性酸素の体内での働き

白血球は、外から入ってきた細菌やウイルスを退治しています。

この退治する時に、たくさんの酸素を必要とするのですが、活性酸素が他の物質を酸化させる働きをうまく利用して、細菌やウイルスを撃退しているのです。

なので、活性酸素は適量であれば、私たちの身体を守ってくれる強い味方になるのです。

活性酸素が増えすぎてしまう要因

しかし、増えすぎてしまうと身体に悪影響を及ぼしてしまう、活性酸素。

では、一体どのような要因で増えすぎてしまうのでしょうか。

具体的にどのようなものがあるのか見ていきましょう。

加齢

老人
生きていくうえで避けては通れない加齢

加齢にともない、身体の機能は衰えていきます。

活性酸素量を正常に保つための抗酸化作用も弱まってきてしまいます。

すると、抗酸化作用よりも活性酸素量が上回ってしまいます。

食事

食事
宣伝やファーストフード店のポスターなどでも目にするようになった「トランス脂肪酸」。

このトランス脂肪酸は、腸内で分解しきれなかったものが肝臓で分解される際に活性酸素が発生しやすい脂肪酸で、マーガリンショートニングに含まれているため、注意が必要です。

大気汚染、紫外線

大気汚染
大気汚染によって、体内に有害な物質が入り込んだり、紫外線によって、身体、特に皮膚に負荷がかかることによって、白血球が危険を感じ活性酸素を発生させます。

また、打撲によって細胞がつぶれてしまった場合にも、ウイルスが侵入したときのように免疫刺激物質という物質が出ることにより炎症が起きます。

この炎症が起きる時にも活性酸素が関わっているため、炎症が長引いてしまうとその分、活性酸素も生成されてしまいます。

喫煙

ZIPPO
たばこの外装にも注意書きがあるように、たばこに含まれている成分は身体にとっては有害な物質です。

喫煙によって身体に取り入れられると、退治するためにたくさんの活性酸素が発生します。

また、たばこの煙に含まれている過酸化水素が活性酸素の生成を促してもしまいます。

飲酒

ライム
肝臓でアルコールを分解する過程で副産物として活性酸素が生成されます。

アルコールの分解能力の低い(お酒に弱い)人は活性酸素もたくさんできてしまいます。

ストレス

ボディービルダー
現代社会ではストレスを抱えていらっしゃる方も多いと思います。

身体はストレスを感じると、副腎皮質ホルモンを分泌してストレスを緩和しようとするのですが、そのときにも活性酸素が作られます。

抗酸化作用のある食品

活性酸素を除去するためには、抗酸化作用のある食品を摂りましょう

ビタミンAビタミンCビタミンEコエンザイムQポリフェノール硫黄化合物カロテノイドを含んでいる食品は抗酸化作用が期待できます

具体的には、ビタミンAビタミンCカロテノイドは、緑黄色野菜果物イモ類に多く含まれています

ビタミンEは、カボチャナッツ類植物性油脂に、コエンザイムQは、いわしサバ牛乳豚肉に多く含まれています。

ポリフェノールは、赤ワイン大豆玉ねぎ緑茶ゴマコーヒーチョコレートウコンに、硫黄化合物は、ネギ類ニンニクに多く含まれています

食事にうまく摂り入れて、活性酸素が増え、体が錆びないようにしましょう。

まとめ

というわけで、活性酸素についてのあれこれでした。

人間の体も錆びるなんて言われますが、その体のサビを取るためにも、抗酸化作用のある食材を食事に摂り入れましょう!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-健康
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.