健康 食生活

納豆が含むナットウキナーゼは分子量がデカすぎて実は効果がない!?

更新日:

納豆
血液がサラサラになる食品として人気の納豆ですが、納豆に含まれているナットウキナーゼとは一体何者なのでしょうか。

本日は、ナットウキナーゼ効果薬との相互作用についてご紹介します。

納豆

納豆

ナットウキナーゼに効果は期待出来ない?

納豆を食べると血液がサラサラになる、それはナットウキナーゼの血栓を溶かす力が作用しているから、と考えられています。

確かに、ナットウキナーゼには血栓を溶かす力はあります。

しかし、それは実験として試験管の中でナットウキナーゼと血栓を混ぜ合わせた結果であって、口から経口摂取をしても体内には吸収されないという説があります。

口から摂取されたナットウキナーゼは、分子が大きすぎて腸で吸収されない

腸で吸収されなければ、血液中にも入れないので、血栓を溶かすことができない。

というのが理由です。

これに対して、ナットウキナーゼはタンパク質でできているのですが、分解され、それがペプチドにまで分解されると、腸で吸収することができます。

このペプチドの中に血栓を溶解できるペプチドがあり、ヒトによる実験においても、ナットウキナーゼの経口摂取において血管中の血液の流動性が改善されたとの報告が上がっています。

このように賛否両論ありますが、ナットウキナーゼという物質のみの効果としては、血栓を溶かす力があります。

現段階では、経口摂取からの効果の期待には疑問が残りますが、ナットウキナーゼは熱と酸に弱いため、摂取するためにはカプセルなどのサプリメントから摂ることをおすすめします。

納豆の効果

ナットウキナーゼに関してはさておき、納豆に含まれるほかの成分から得られる効果についてみていきましょう。

納豆には、骨粗しょう症予防に効果的なビタミンKが含まれています

ビタミンKは、カルシウムが骨になるのを助ける働きがあります。

その他、炎症を抑え、老化防止に効くポリアミン乳酸菌や納豆菌によって腸内環境の改善により便秘解消と、私たちにうれしい効果がたくさんあります。

納豆とワーファリン

薬箱
ワーファリンという血液を固まりにくくし、血栓ができるのを防ぐ薬を飲んでいらっしゃる方は、納豆に含まれているビタミンKによって、ワーファリンの作用が阻害されてしまうため、摂取を控えなくてはいけません

納豆の他にも、クロレラ、青汁などのビタミンKを多く含む食品セイヨウオトギリソウは、この薬の作用を弱めますので、これらを食べたり飲んだりしないでください

納豆を食べるタイミング

朝ごはんに食べる方も多いかと思いますが、便秘の解消などの腸内環境の改善を期待する場合には、夕食で食べていただくと、寝ている間に腸内環境を整えてくれます

目的に合わせて食べるタイミングを選んでみてください。

食べる20分前に冷蔵庫から出しておくと、ナットウキナーゼが活性化するようですよ!

あと、納豆の酵素は70℃で死滅するようなので、熱々ごはんの上に乗せて食べるのはNGですよ!!

まとめ

というわけで、納豆の栄養素に関してのあれこれでした。

ナットウキナーゼは血栓を溶かす作用がないことは、前々から度々言われていたことではありますよね。

でも、別にナットウキナーゼの血栓を溶かす作用目当てで食べていたわけではないので、ナットウキナーゼが腸で吸収されず、ケツから出てしまう尻末(けつまつ)を迎えることになっていたとしても、私はこれからも食べ続けますよ、えぇ。

どうでもいいですが、付属のタレを使わずに、塩と味の素で食べるパターンと味噌と砂糖で食べるパターンが個人的にオススメな食べ方です。

特に、買ったばっかりのまだ豆が新鮮な時には、塩と味の素で食べるのが豆の旨味も感じられてイイです!!

あと、キムチと併せて少し置いておくのも、うまい!!

これは、キムタクもやってるらしいからオススメ(笑)

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-健康, 食生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.