健康 食生活

トマトの栄養価が凄い!!リコピンの効果と効率的な食べ方・選び方

更新日:

トマト
野菜の代表格であるトマト

ハウス栽培などの農業の発展でスーパーでも1年を通して購入できるようになりました。

トマトの真っ赤な赤色を見るとついつい手が伸びてしまいますが、トマトの赤色には何か意味があるのでしょうか。

今回はトマトに含まれる有効成分効果効果的においしく食べる方法についてご紹介します。

トマト

トマト

トマトの赤色

トマトがなぜ赤いのかというと、それはトマトの最大の特徴である抗酸化作用を意味しています。

トマトの赤色はリコピンとよばれるカロテノイドのひとつで、野菜の色に関係しています。

実は、このカロテノイドは野菜の色だけでなく、強い抗酸化力があることが分かり、広く知られるようになりました。

カロテノイドの中でもリコピンは、同じ抗酸化作用のあるビタミンEにくらべ100倍もの抗酸化力があることが報告されています。

トマトの力

リコピンの他に、トマトにはポリフェノールβカロテンといったフィトケミカルも含まれています

フィトケミカルとは、植物が紫外線や害虫から自身を守るために生成する抗酸化作用をもった物質です。

その他、抗酸化作用があるビタミンCビタミンEも含まれています。

また、カリウムマグネシウムカルシウム亜鉛セレンといったミネラルも豊富に含まれています

ミネラルは、身体に必要不可欠な無機質の総称で、骨や赤血球といった身体を構成するための材料になったり、体内塩分の調節や酵素の構成成分として代謝に関与したり、重要な働きをしてくれます

抗酸化作用

活性酸素は、紫外線、油ものの多い食事、飲酒、喫煙、ストレスなどによって発生します。

活性酸素は、シミそばかすといった肌トラブル動脈硬化などの疾患を引き起こす原因になってしまいます。

そこで、トマトに含まれているリコピンの強い抗酸化作用で、体内で必要以上に増えてしまった活性酸素を除去することができます。

美容においてリコピンは、紫外線によって発生したメラニン量を減らし、紫外線によるコラーゲンの減少を抑えます

また、紫外線照射による赤みの軽減や、皮膚が厚くなるのを抑制します。

健康においては抗酸化作用によって、血液中のLDLコレステロールが酸化してしまうのを防いで動脈硬化の予防に効果的に働いてくれます

また、活性酸素によって低下してしまった免疫機能を正常に整え、炎症や風邪、アレルギー、アトピーなどの疾患を抑えてくれます。

その他、生活習慣病やガンの発症にも活性酸素が関与しているため、これらの重い病気の予防にも効果的と言えます。

美味しいトマトの選び方

トマトの旬は3〜4月6〜8月です。

ズッシリと重く、中から外の皮を押すようにハリがあり、全体的に色が均一なものを選びましょう。

それに加え、ヘタがきれいな緑色で、ピンとしているものです。

次に裏側を見て、維管束と呼ばれる白い線が長いほど甘いトマトです。

また、甘いトマトは水分が外に逃げないように皮を厚くするそうなので、甘いトマトがお好きな方は注目してみて下さい。

反対に、酸味の強いトマトが好きな方は、基本的な選び方は同じで、繊維束がなく、皮が薄いものを選びましょう。

トマトは呼吸により、酸っぱさの基であるクエン酸が消費されていきますから、新鮮なものを選ぶのが大前提です。

トマトの効率的な食べ方

トマト
リコピンの抗酸化力を体内で発揮させるためには、1日15㎎以上摂ることが薦められています。

リコピンは油に溶けやすく熱に強い性質があるため、油で炒めたり、オリーブオイルを加えた煮込み料理にも適しています。

生のトマトよりも調理したトマトのほうがリコピンの吸収率が2〜3倍も高いため、調理して摂るのがおすすめです。

また、リコピンは繊維質で包まれているため、ミキサーにかけるなどして繊維質を壊すほうが吸収率が上がります。

あと、冷蔵庫で長く保存すると低温障害でリコピンが減ってしまうので、常温保存して食べる直前に冷やすのが良いそうです。

もし大量に買って、すぐに食べられないときは、上の理由からトマトソースなんかにすると良いです。

また、1日15㎎のリコピンを摂るなら、中トマト2~3個が必要になります。

生のトマトだと摂りにくいですが、トマトジュースなら200ml(1本)、トマトの缶詰なら1/2、トマトケチャップにすると大さじ4杯ほどになります。

手軽にとるにはトマトジュース

忙しい朝にはトマトジュース200mlを摂ることで、空腹の状態でスムーズにトマトの栄養が体内に吸収され、効果も発揮しやすくなります。

市販されているトマトジュースに使用されているトマトは、真っ赤なリコピンが豊富な品種のトマトです。

手軽に効率よく摂れて便利ですね。

料理とジュースを組み合わせて、おいしく摂りましょう。

まとめ

というわけで、トマトについてのあれこれでした。

世界一受けたい授業で、『医師7万人のアンケートでわかる。お医者さんのベストチョイス!』でも、堂々の1位であった、トマト。

『医師7万人のアンケートでわかる。お医者さんのベストチョイス!』

トマトジュースでもイイらしく、手軽に取れるので、不足している方は意識的に摂るようにしましょう!!

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-健康, 食生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.