桜の咲き具合を写真付きで解説〜開花・三分咲き・五分咲き・八分咲き・満開〜

更新日:

桜
お花見を計画するときに欠かせないのが、桜の開花予想のチェックです。

何を基準に桜の開花を予想しているのかというと「標準木」を用いて予想しています。

標準木とは、各地の気象台の敷地などに植えられている、桜の開花の基準となる木です。

東京都であれば、靖国神社にあります。

ソメイヨシノの開花時期になると、ニュースなどで、花の様子が中継されたりしますよね。

そこで気になったのが、桜の開花予想で語られる「〇分咲き」です。

これは「桜の花が〇〇くらい開いてますよ」という意味ですが、桜の開花予想で語られる〇分咲きと言われても、実際のお花が咲いた映像が頭の中でイマイチ浮かびません。

そこで、本日は、〇分咲きが頭でイメージできるよう、桜の咲き具合を写真で解説します。

桜の咲き具合について

桜の咲き具合を写真で紹介

桜の咲き具合は、開花から三分・五分咲きを経て八分咲き、つまり、満開をむかえます。

では、順に紹介しますね。

開花

桜
5~6輪の花が咲いた状態が「開花

三分咲き【七割つぼみ】

桜
約三割の花が咲いた状態が「三分咲き

五分咲き【五割つぼみ】

桜
約五割の花が咲いた状態が「五分咲き

八分咲き【満開】

桜
約八割の花が咲いた状態が「八分咲き」で、桜が満開の状態

桜満開の定義

桜が満開の定義は、八割以上の花が咲いた状態をいいます。

というのも、桜の花の開花が100%に達すると、最初に咲いていた花びらが落ち始め、葉が目立つようになってしまうので、結果的に、八分咲きの桜が一番綺麗で見ごろなんですね。

桜は開花から満開まで何日かかるの

桜が開花して満開まで約1週間です。

開花して、五分咲きから七分咲きまで4~6日ほどで、7日以降は八分咲き、つまり、桜の見ごろとなります。

開花から満開までの期間は、西日本約7日東日本から北海道約4~5日となり、北へ向かうほど短くなります

ちなみに、満開になってから雨や強い風が吹くと花が早く散ってしまい、花が咲いてから気温が下がると花が長持ちします。

まとめ

というわけで、花の咲き具合についてのあれこれでした。

簡単な説明でしたが、桜の開花から満開まで大体のイメージ掴めましたでしょうか?

近所の公園など、桜の咲いていく段階を観察してみるのも花見の楽しみ方だと思いますので、満開の時期だけではなく、その満開までの様子も楽しんでみて下さい!!

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.