花見の歴史と風習!春に花を愛でる意味や由来とは?

更新日:

花見
古くから日本人との関わりが深い桜。

桜の咲く季節に、お花見を楽しむのは日本人の文化です。

しかし、その春の風物詩ともいえるお花見ですが、そもそもお花見はいつから始まったのでしょうか?

本日は、お花見の起源や由来について解説します。

あわせて、お花見のマナーも紹介しますので、お楽しみに。

花見の歴史と意味

花見

花見の起源や由来

本日説明していく内容は、ザックリ下のような感じです。

<花見歴史の概要>

  • 奈良時代・・・中国から伝来した桃や梅を鑑賞していた。
  • 平安時代・・・梅から桜に鑑賞する対象が代わった。
  • 鎌倉・室町時代・・・貴族の花見の風習が、武士階級にも広がった。
  • 江戸時代・・・花見の風習が庶民に広まっていった。
  • 明治・・・桜の絶滅の危機を経て、全国へ広がった。

それでは、それぞれ見ていきましょう。

花見の起源とは?

日本の花見の起源は、奈良時代の貴族の行事だったとされます。

しかし、その時代の花見とは、主に、梅や桃の花が観賞され、その花と共に、春の訪れを楽しむものでした。

梅から桜に代わってきた経緯

しかし、平安時代からは、徐々に桜に代わっていきます

というのも、万葉集から古今集への変遷で、桜の歌の登場頻度が梅よりも多くなることが見てとれるのです。

なぜ、このように、桜が多く詠まれ、鑑賞されるようになったかについて、詳しいことは分かっていませんが、古代都市の発達における、都市周辺の二次林化が影響していると言われています。

花見は貴族文化へ

日本人の桜を愛する文化は、嵯峨天皇の時代から始まったとされます。

なぜ、桜の花見が貴族の間で広まっていったのでしょう?

嵯峨天皇は、地主神社の桜を大層気に入り、神社から毎年桜を献上させました

記録に残る最初の花見は、812年3月28日(弘仁3年2月12日)、嵯峨天皇が神泉苑で「花宴の節」でした

これが発端となり、貴族にもお花見の文化が広まっていったのでした

そして、これにより、野山の桜を鑑賞するだけではなく、貴族の庭園に植栽されるようにもなり、実際、平安時代に書かれた日本最古の庭園書『作庭記』には、「庭には花(桜)の木を植えるべし」と書かれています

花見が庶民に伝わったのは?

鎌倉・室町時代は、お花見の風習が貴族から武士階級へ広がり、やがて、江戸時代になると、広く庶民へと伝わっていきました

江戸時代の頃から桜の品種改良も盛んに行われ、現在の桜の名所でもある「上野恩賜公園の桜」「墨田川堤」「飛鳥山」が誕生しました

  • 上野恩賜公園の桜・・・江戸で最も有名だった花見の名所
  • 墨田川堤、飛鳥山・・・当時、庶民に親しまれた花見の名所

明治以降は?

明治に入ると、桜が植えられていた庭園や大名屋敷は、文明開化に始まる西洋化に伴い、次々と取り壊され、屋敷の桜も焚き火にされたそうです。

明治は軍国主義に突っ走っていくため、桜の散る姿は、どこかその精神には合わなかったのでしょうかね。

当然、江戸時代に改良された桜の品種も絶滅の危機にありましたが、駒込の植木職人・高木孫右衛門が84品種の枝を採取し、自宅で育て上げ、やがて、その園芸品種たちで、荒川堤に桜の名所を作り、江戸の園芸品種たちは守られたのです

戦後、復興の象徴としてソメイヨシノが植樹されたり、百円硬貨の表のデザインにされたり、今では数々のシンボルと用いられている、桜

このように、日本人にとってとは、不可分な存在

それは今も昔も変わらないのです

お花見のマナー~タブーな行為一覧~

花見
お花見は利用するときや、利用したあとも気持ちよく使いたいものです。

タブーとする行為を紹介します。

強引で欲張りな花見の場所取り

場所取り
桜が綺麗に見える場所にスペースを取りたいのはわかりますが、必要以上にスペースを確保するのはダメです。

桜の木を触らない

桜
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」ということわざにもあるように、桜はデリケートな植物です。

敷物を固定するのに幹を紐で縛ったり、寄りかかったりするのはやめましょう。

ゴミの持ち帰り

ゴミ
持参したものから発生したゴミを持ち帰るのは常識です。

ゴミ箱が指定してあるなら従いましょう。

迷惑な騒音

花見
許可がない限りBGMを流してはダメですし、常識的に考えれば他の客の迷惑になります。

火の取り扱い

BBQ
バーベキューOKのお花見会場を利用しましょう。

バーベキューで出たゴミは、自分で持ち帰るのが基本です。

まとめ

というわけで、花見についてのあれこれでした。

花見となると、ついつい桜を見るよりも、友達との話で盛り上がってしまうものですが、少なくとも、桜を見に来ている人たちの迷惑になる行為だけはやめましょう。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.