健康 生活習慣病 食生活

中性脂肪とコレステロールの関係は?高値の原因と下げる方法は?

更新日:

cook
中性脂肪というと高脂血症肥満といったマイナスなイメージが浮かびますが、そもそも中性脂肪は体内でどのような働きをしているのでしょうか。

また、中性脂肪と合わせて目にするHDLコレステロールとの関係は?といった疑問について調べてみました。

また、中性脂肪を増やす食品抑えるにはどうしたよいかということについてもご紹介します。

中性脂肪についてのあれこれ

blood-test

中性脂肪とは

中性脂肪は、別名をトリグリセリドといいます。

糖やアルコールが体内で代謝され、エネルギーとなるものと、脂肪酸とくっつくことで中性脂肪となり体内、特に皮下と内臓にくっつきます

そして、エネルギーが必要になると、代謝されて私たちの運動エネルギーとして活躍してくれます。

しかし、エネルギーの需要よりも中性脂肪の蓄積が上回ってしまうと、肥満脂質異常症といった病気になってしまいます

HDLコレステロールとの関係

中性脂肪と合わせて目にするLDLコレステロールHDLコレステロールですが、血液中にLDLコレステロールが増えすぎてしまうと脂質異常症から動脈硬化へと進行していき、身体に悪影響を及ぼします。

そうならないために、HDLコレステロールが、増えすぎたLDLコレステロールを肝臓へ運び、代謝につなげる働きをしています。

この2種類のコレステロールと中性脂肪の関係は、中性脂肪が上昇するに従って、同じく上昇するものがLDLコレステロール逆に減少してしまうのがHDLコレステロールです。

つまり、中性脂肪が増えることによって生活習慣病のリスクも上がるということです。

中性脂肪を増やす食品

中性脂肪は脂肪とつくだけに脂肪の摂りすぎを気にされるかもしれませんが、脂肪ではなく糖を摂りすぎることが原因で増えていきます

食事から摂取された糖質はグリコーゲンという形に換えられて筋肉に約300g肝臓に約120gしか蓄えることができないので、それ以上になると糖質は中性脂肪に換えられて体内に蓄積されていきます

そのため、糖類炭水化物アルコール中性脂肪を増やしてしまいます

中性脂肪を減らすには

中性脂肪を減らすポイントは食事運動です。

食事は「日本食」を心がけ、唐揚げではなく焼き魚、ポテトサラダよりお浸しやあえ物、白米も雑穀米にするという風になるべく油や糖類の低い食事を心がけましょう

食事量は満腹ではなく「腹八分目」が目安です。

また、日本食に合う飲み物といえば緑茶

緑茶に含まれるカテキンは、肝臓での脂肪代謝を促進してくれる働きがあるので、日常的に取り入れていきましょう。

次に運動ですが、運動には有酸素運動無酸素運動があります。

内臓脂肪を燃焼させる目的なら有酸素運動が有効的だとされています

まずは30分程度のジョギングからチャレンジしてみましょう。

エネルギーを消費してくれる筋肉を鍛えるのも有効です。

軽めの運動になれて来たら、無酸素運動である筋肉を鍛える運動も摂り入れるとよいかもしれません。

まとめ

というわけで、中性脂肪についてのあれこれでした。

コレステロール、中性脂肪は、動脈硬化を促進させる危険因子ですので、高めと診断された方は、運動や食事、日々の生活を見直しましょう。

動脈硬化についての詳しい内容はこちらの記事をチェック!!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-健康, 生活習慣病, 食生活

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.