健康 食生活

人間に必要な栄養素とは?7大栄養素とそれらの働きを詳しく解説!!

更新日:

mediterranean
3大栄養素である糖質たんぱく質脂質はよく聞いたり目にしたりしますが、7大栄養素って、残りの4つは何だか分かりますか?

そして、その7大栄養素とは、それぞれ私達の体にどのような働きをしているのでしょうか?

本日は、そんな、7大栄養素について、どのような働きがあるかも含めてご紹介します。

7大栄養素についてのあれこれ

menu

7大栄養素とは

7つの内3つは糖質たんぱく質脂質で、学校では、エネルギーになるからだをつくる身体の調子を整えると習ったのではないでしょうか。

そこに、ビタミンミネラルが加わり5大栄養素

ここまでは学校で習い、社会に出てからもよく目にする栄養素です。

では、残り2つはというと、食物繊維フィトケミカルになります。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

糖質

toast
食事から摂り入れられた糖質は、ブドウ糖に分解されて脳や身体のエネルギーになります

穀類バナナイモ類に豊富に含まれています

エネルギーとして使われなかった糖質は体内に蓄積されるため、摂りすぎ肥満の原因になります。

また、不足してしまうとエネルギー源を体内のタンパク質から生成しようとするため、身体に負担がかかってしまいます

たんぱく質からエネルギーを生成する過程ではケトン体という有害な物質が副産物として生成されるため、注意が必要です。

低糖質ダイエットについてはこちらの記事をチェック!!

japanese-food
空前の糖質制限ブーム!!なぜ低糖質にすると痩せる?注意することは?

色々な種類のダイエットがありますが、CMでも人気の糖質を制限したダイエットが流行っています。 糖質を制限するといっても私たちが健康に生活していくためには糖質が必要不可欠です。 自己判断で制限してしまう ...

続きを見る

たんぱく質

meat
たんぱく質は身体の主要な構成成分で、皮膚筋肉内臓髪毛からに至るまで欠かせない栄養素です。

また、身体を菌やウイルスから守ってくれる抗体の材料にもなっています。

たんぱく質を多く含む食品は、乳・乳製品大豆などになります。

過剰摂取になると、たんぱく質は糖質や脂肪のように体内に貯蔵することができないため尿として排泄されます

そのため、排泄に関与している腎臓が働きすぎて負担がかかり、腎機能が低下して腎機能障害になる恐れがあります

逆に、たんぱく質の摂取量が不足すると不足分を体内から補おうとするため、体内の各部位がもろくなったり免疫機能が弱まり、成長期の子供では発育不全になります

脂質

olive-oil
脂質と聞くと嫌煙されがちですが、栄養素の中で1番エネルギー量が多く、ホルモンや細胞膜間の癒着、脂溶性ビタミンの吸収の手助けなどに関与している私たちの身体にとって欠かすことのできない成分です。

脂質はみなさんもご存知の通り、摂取しすぎると肥満脂質異常症動脈硬化といった疾患を招いてしまいます

また、不足するとエネルギー不足による疲労や低体重、体力や免疫力の低下を引き起こします。

また、脂溶性ビタミンの吸収が低下し、ビタミンの作用も低下してしまいます。

以下の記事も覗いてみて下さい。

卵
コレステロールの善玉・悪玉の違いとは?値だけでなくLH比も重要?

健康診断の血液検査の項目にコレステロール値があります。 コレステロールはLDLコレステロール値とHDLコレステロール値と分けて表示してありますが、この2つの違いは何なのでしょうか。 また、コレステロー ...

続きを見る

blood-test
中性脂肪とコレステロールの関係は?高値の原因と下げる方法は?

中性脂肪というと高脂血症や肥満といったマイナスなイメージが浮かびますが、そもそも中性脂肪は体内でどのような働きをしているのでしょうか。 また、中性脂肪と合わせて目にするHDLコレステロールとの関係は? ...

続きを見る

unhealthy
脂質異常症とは?診断基準は?服薬以外で自分でできる改善方法は?

健康診断の結果で、コレステロール値が高いと注意されたことはないでしょうか。 食の欧米化にともない、食事から摂る油脂分の量も増えてきました。 飽食時代になり、よく耳にするようになった生活習慣病。 その一 ...

続きを見る

oil
飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸とは?オメガ3、オメガ6、オメガ9とは?

油は、カロリーも高く脂質異常症による疾患の心配もあり、実際に油のついて調べたことのある方もいらっしゃるかと思います。 そこで出てくるのが飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸ではないでしょうか。 本日は、この飽和脂 ...

続きを見る

ビタミン

lemon
ビタミンは、糖質たんぱく質脂質ミネラルと合わせて5大栄養素と呼ばれ、身体に欠かすことのできない栄養の一つです。

ほかの栄養素が力を発揮できるようサポートしたり、身体機能の調節を行っています。

ビタミンの中には食品から摂取しないと体内では合成できないものもあります。

ビタミンにはそれぞれ作用があり、特に脂溶性ビタミンにおいては例に挙げると、ビタミンAでは過剰摂取により頭痛、吐き気、皮膚の乾燥といった過剰症が起き、不足すると免疫力低下、夜盲症といった疾患になってしまいます。

このように、ビタミンそれぞれの働きによって、過不足による身体への影響が出てしまいます。

水溶性・脂溶性ビタミンについての詳しい内容はこちらをチェック!!

lemon
ビタミンの役割や種類は?脂溶性ビタミン・水溶性ビタミンとは?

ビタミンは5大栄養素の一つで、人間の体には欠かせないものです。 具体的には、3大栄養素のように身体をはたらかせる栄養素たちの補助をして私たちが健康に過ごせるようサポートしてくれています。 しかし、ビタ ...

続きを見る

ミネラル

milk
ミネラルも糖質たんぱく質脂質ビタミンと合わせて5大栄養素として、身体の調子を整えたり骨などの原料になる欠かすことのできない栄養素です。

ミネラルは外から摂取しないと体内では合成することができません

ミネラルには、まとまった量必要なものと微量で十分なものがあり、過不足による健康被害が起きてしまいます。

例を挙げると、塩分の摂りすぎは、ナトリウムの過剰摂取なり、高血圧脳卒中を引き起こします

カルシウムは不足すると骨粗しょう症になります

ミネラルについての詳しい内容はこちらをチェック!!

salt
ミネラルの種類や体への役割は?主要ミネラル・微量ミネラルとは?

ミネラルは5大栄養素の一つで、私たちの身体にとって微量ではありますが必要不可欠な栄養素です。 ミネラルは体内で合成することができず、食べ物から摂り入れなくてはいけません。 今回はミネラルの種類や含まれ ...

続きを見る

食物繊維

kelp
食物繊維は、腸内を掃除したり、腸内細菌の餌になって、腸内環境を整えてくれます

また、栄養分が抜けた後の余分なカスを排泄してくれる役割もあります。

過剰摂取してしまうと下痢などの原因になり、必要な栄養分まで排泄してしまいます

不足すると腸の働きが悪くなり、便秘肌荒れ大腸がんなどの原因になってしまいます

食物繊維の詳しい内容はこちらの記事をチェック!!

ごぼう
腸内環境を整える食物繊維の水溶性・不溶性それぞれの特徴とは?

食物繊維は健康やダイエットを意識しているとよく目にすると思います。 食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、それぞれに効果が異なっています。 今回は食物繊維の水溶性と不溶性について、効果と多く含まれ ...

続きを見る

フィトケミカル

blue-berries
少々聞きなれない言葉かもしれませんが、フィトケミカルとは植物の色や苦み成分などの化学物質のことです。

ぶどうブルーベリーポリフェノール大豆イソフラボン緑茶カテキンなど、名前を聞いたことはあると思います。

これらの物質の大きな特徴は抗酸化物質だということです

抗酸化とは、体内で作られた余分な活性酸素を除去する力のことで、活性酸素に自らくっつき酸化を抑えます

フィトケミカルは通常の代謝には必要ではないため、欠乏症が起きることはありません。

以下の記事も覗いてみて下さい。

oxygen
様々な害を生む活性酸素発生の原因は?抗酸化作用のある食品は?

健康や美容について調べると、老化や病気、身体が錆びる原因としてよく目にする「活性酸素」。 身体に悪そうなイメージですが、活性酸素とはどのようなものなのでしょうか? その正体について調べてみました。 ま ...

続きを見る

chemistry
フィトケミカルが第7の栄養素と言われる体への重要な役割とは?

フィトケミカルは7大栄養素の一つで、ファイトケミカルとも呼ばれており、ギリシャ語で”ファイト”が”野菜”、”ケミカル”が”化学物質”という意味です。 イソフラボンやカプサイシン、リコピンといった聞きな ...

続きを見る

まとめ

というわけで、7大栄養素についてのあれこれでした。

どれも、私達の体には欠かせない重要なもので、体にバランスよく採り入れたいですね。

毎日の食事がまさに自分を作るので、日頃から注意するようにしましょう。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-健康, 食生活

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.