健康 食生活

飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸とは?オメガ3、オメガ6、オメガ9とは?

更新日:

still-life
油は、カロリーも高く脂質異常症による疾患の心配もあり、実際に油のついて調べたことのある方もいらっしゃるかと思います。

そこで出てくるのが飽和脂肪酸不飽和脂肪酸ではないでしょうか。

本日は、この飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の分類や作用、必須脂肪酸についてご紹介します。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸についてのあれこれ

oil

脂肪酸の分類

脂質は、脂肪酸が連なってできています

このつながりの中に二重結合があるかないかで、大きく2つに分けられます

二重結合がないものが飽和脂肪酸二重結合があるものが不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸は、二重結合が一つのもの一価不飽和脂肪酸2つ以上のもの多価不飽和脂肪酸と呼び、一価不飽和脂肪酸にはn-9系脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)、多価不飽和脂肪酸の中でも二重結合になっている場所の違いn-3系脂肪酸n-3系多価不飽和脂肪酸)、n-6系脂肪酸n-6系多価不飽和脂肪酸)と分類されます。

いわゆる、オメガ3オメガ6オメガ9と呼ばれるものですねぇー。

必須脂肪酸

必須脂肪酸体内で脂肪酸から合成することができない脂肪酸で食事から摂らなくてはいけません

上記の分類の中では、多価不飽和脂肪酸であるn-3系脂肪酸n-6系脂肪酸になります。

必須脂肪酸は、サンマやイワシ、アジといった青魚えごま大豆油グレープシードオイルコーン油などに豊富に含まれています

身体によい油?悪い油?

飽和脂肪酸身体のエネルギー源になります。

また、安定した構造になっており、体内に蓄えることができます

不飽和脂肪酸は、主に身体を構成している細胞膜の成分になり血中のコレステロールや中性脂肪の調節をしています。

また、脳機能を改善して、うつ症状を改善したり、抗炎症作用がある等、どちらも身体に欠かすことのできない脂肪酸なので、良い悪いということはできません

どちらも摂りすぎには注意してバランスよく摂るようにしましょう。

脂肪酸の理想の摂取比率

飽和脂肪酸一価の不飽和脂肪酸多価の不飽和脂肪酸

まとめ

というわけで、油の分類についてのあれこれでした。

脂質というと、マイナスなイメージが強いですが、体にとって見れば、生きていく上で欠かせない栄養素のひとつです。

特に、n-3系脂肪酸の摂取が足りていない傾向のようなので、青魚を食べるようにしましょう。

魚が苦手な人はEPA、DHAをサプリで摂るのも良いかもしれません。

上の摂取比率を参考に、バランス良く摂るように心がけましょう。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事下

記事下

-健康, 食生活

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.