意外と簡単!?ドライフラワーの作り方は?花によって向き不向きがある?

更新日:

glass
皆さんはドライフラワーというものをご存知ですか?

きれいなお花を楽しむ方法の一つなのですが、ここ数年人気が上がっています。

今回はそんなドライフラワーを自分で作れるよう、作り方をご紹介します!

ドライフラワーについてのあれこれ

flowers

ドライフラワーとは

ドライフラワーとは、生花を乾燥させたものです。

すぐに枯れてしまう生花と違い、長く楽しむことができます。

また、フレッシュでいきいきとした生花に比べ、ドライフラワーにはまた違った、上品で奥深い美しさを感じさせます。

色合いもやや抑えめで、アンティークのような雰囲気を醸し出しているのが特徴です。

吊り下げで簡単!

rose
ドライフラワーは、基本的に生花を乾燥させるだけで作れます

ただ、吊り下げておけばOKです。

期間は1~2週間ほど

季節によって乾燥時間は変わってきますが、秋冬は湿度が低いので、比較的早く乾燥させることができます。

葉の部分には水分がほかの部分より、多く含まれていますので、早く乾燥させたければ、切り落としてしまうといいですよ!

せっかくなので、吊り下げる際もオシャレに飾ってみましょう!

ひと工夫を加えるだけで、乾かしている間も素敵なインテリアになります!

例えば、麻や紙を使って花束のように巻いてみましょう。

花束の持ち手部分に紐を結び、壁にかければナチュラルな印象のインテリアになります。

木の枝に括り付けて、壁に飾るという変わり種の方法もあります。

手間がかからないのに、とってもオシャレなインテリアになりますね!

応用編!

flowers
また、ドライインウォーターという方法もあります。

この方法は、水を少しだけ入れてそのまま花瓶などに挿し置いておくというお手軽なものです

吊るさないので、花弁が閉じてしまうことなく丸い形を保ったままドライフラワーにすることができます

カスミソウなど小さな花を持つ植物のドライフラワー加工にうってつけの方法です。

他にも、鮮やかな生花の色合いを残したままドライフラワーにする方法もあります。

乾燥剤であるシリカゲルを敷き詰めたタッパーにお花を入れ、その上から優しくシリカゲルを被せていきます

イメージとしては、シリカゲルにお花を埋める感じです。

ドライフラワー用のシリカゲルが販売されているので、そちらを使いましょう。

使ったシリカゲルは再び乾燥させれば、何度も使いまわすことができます。

早く作りたい!という方には、電子レンジを使った方法がおすすめです。

先程と同じように、シリカゲルを耐熱容器に敷き詰め、生花を入れて、シリカゲルで埋めてしまいます

電子レンジで、ラップや蓋をしないで、500Wで1分半ほどの加熱を何度か繰り返すだけで、完成します

加熱しすぎると、花が焦げてしまうので、様子を見ながら加熱するのがコツです!

花の種類と製作法

dried-flowers
花の種類によって、乾燥させる方法に向き不向きがあります

花の特徴に合わせた方法を選ぶことが、きれいなドライフラワーを作るためのコツです!

それぞれ、見ていきましょう!

吊り下げる方法

lavender
花弁が閉じてしまうというデメリットがあります

そのため、花の一つ一つが小さく形が崩れにくいラベンダーなどが適しています。

ラベンダーを使う際は2~3分咲きのものを使い、茎ごと乾燥させるとベストな仕上がりになります!

ドライインウォーター法

gypsofilia
カスミソウアジサイなどの花が適しています。

小さく丸い花は花瓶に挿した状態で乾燥させることで、本来の形を残すことができます。

また、カスミソウはドライフラワーの入門に最適な花だそうで、インクに挿すことで、花弁に色を付けることもできますので、お試しください!

ドライフラワーとしても一番人気のバラなどの大きく色合いも鮮やかな花はシリカゲルによる乾燥が適しています。

しかし、基本的に花弁の多い大輪のものは乾きにくいので、満開のものより咲き切る前のものやつぼみのままのほうが、作りやすいようですよ!

ドライフラワーの寿命はどのくらい?

だいたい、2、3ヶ月ほどで枯れてきてしまうようです。

生花よりは長持ちしますが、意外とドライフワラーも短いのですね!!

湿度日の光虫食いなどに注意することが長持ちさせる秘訣になりますので、これらに注意をはらい、飾って下さい。

また、ドライフラワーよりも長持ちする花として、プリザーブドフラワーと言うものがあります。

プリザーブドフラワーについての詳しい内容はこちらの記事をチェック!!

バラ
母の日に大人気なプリザーブドフラワーとは?作り方や保存方法は?

母の日のプレゼントは花が一番多いです。 生花の花束やフラワーアレンジメント、鉢植えなど、たくさんの種類のものが売りだされていますが、その中の1つにプリザーブドフラワーがあります。 小さい割に値段が高い ...

続きを見る

まとめ

というわけで、今回はお花を長くオシャレに楽しむためのドライフラワーについてご紹介しました!

記念日などでもらったお花は、少し楽しんだらドライフラワーにすると、また違った楽しみ方ができ、いいかもしれませんね!!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.