紫外線・日焼け

目から日焼け?紫外線の目に与える影響と対策!目の充血の正しいケア方法は?

更新日:

eye
あなたは紫外線が肌以外にも悪い影響を与えるのをご存知ですか?

そうです、です。

目は常に紫外線に晒されているため、目にも紫外線の対策をしましょう。

この記事では、紫外線の影響で目が充血して痛い症状はどうして起こるのか、そして、それの蓄積により、将来起こるリスクの高まる怖い目の病気、それを防ぐサングラスの選び方などについて、あれこれまとめていきたいと思います。

また、目からの紫外線により、全身が日焼けするマウス実験についても紹介します。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

紫外線 紫外線の種類と影響 ・紫外線UVA・UVB・UVCの波長の違いが生む肌への影響と対策! ・紫外線UVAの波長の長さがもたらす皮膚の真皮の老化とは?対策は? ・紫外線UVBは表皮細胞の遺伝子DN ...

続きを見る

紫外線が目に与える影響と対策

sun-glasses

物が見える仕組み

まず、物体から出た光が目に入ると、角膜を通り、虹彩で光の量を調節し、その光が水晶体で屈折し、網膜に像を結びます。

そして、その網膜に移った像(光エネルギー)を電気信号に変え、視神経を通して、脳に伝達されることにより、物が見えるというわけです。

目の仕組みはカメラに例えられるとが多いですが、水晶体がレンズでピントを合わせる機能、網膜がフィルムで像が結ばれる、記憶される場所となります。

文字だけでは中々イメージが掴みづらいでしょうから、こちらのサイトでご確認下さい。

目で見る眼の仕組みと病気

紫外線が目に与える影響

皆さんにも経験があるかもしれないですが、真夏の炎天下の中、部活動などで長時間外にいると、目が赤くなることがあります。

これは、紫外線により、角膜に軽い炎症が起こっているからなのです。

この角膜(黒目の表面の透明な膜)に傷がついた状態を電気性眼炎と言い、症状として目の痛みや充血、ゴロゴロした不快感や涙目などが現れます。

傷の程度によっては、光が眩しく感じたり、かすみ目などの症状も現れてしまいます。

今の時期の紫外線の強い夏以外にも、冬にも起こりうるもので、雪が太陽光を多く反射するため晴れの日のスキー場などでも注意が必要です。

この電気性眼炎のような角膜障害は、紫外線を浴びた後、短時間で起こります。

更に、長期間慢性的に紫外線を多く浴びる人は白内障や翼状片、黄斑変性症や老眼の促進などが起こることがあります。

というのも、紫外線は、角膜を通り、水晶体へ吸収され、そこで吸収しきれなかったものは、網膜にまで及びます。

そして、紫外線が水晶体に吸収されると、構成成分であるタンパク質が変質し、その過程で活性酸素を放出、その活性酸素が周りのタンパク質をさらに酸化させ、タンパク質の構造にダメージを与え、以前のように正常に代謝されなくなり、水晶体にその組織が残ることになります。

これにより、水晶体が濁り、光を透過しづらくなり、ものが見えづらくなります。

これがいわゆる、白内障というやつです。

さらに、水晶体の奥の網膜組織、特に視力と色覚を司る錐体細胞が多く集まる網膜の黄斑と呼ばれる組織に同様なことが起こると、黄斑変性症につながります。

また、結膜(白目部分)が目の角膜(黒目部分)の中心に向かって組織が伸びてくる翼状片という眼病の原因でもあるとされています。

yokujouhen
出典:環境省「紫外線環境保険マニュアル」

このように、いずれの眼病も加齢が主な原因と言われていますが、紫外線による影響も少なからずあると言われています。

特に、緯度が赤道に近く、浴びる日光が多く、UV-Bが多いほど、白内障は多いようです。

このように、紫外線は、単純に目を赤くすることから、最悪の場合、失明にまで発展してしまう眼病を引き起こす要因にもなっているのです。

また、マウスによる実験では、目に入った紫外線が肌の日焼けをも引き起こすことも分かってきました。

目からの紫外線で全身が日焼け!?

hamster
3匹のマウスに、紫外線を当てない、耳にだけ当てる、目に当てるという実験をした所、紫外線を照射しないマウスはもちろん何も無しで、耳にだけ照射したマウスは耳だけ日焼けをし、目に紫外線を照射したマウスはなんと全身が日焼けしたそうです。

これは、目の細胞が紫外線によりダメージを受けたことを脳がキャッチし、その紫外線から体を守るようにメラニン生成を促したことにより、日に焼けたということになります。

その他にも、目からの紫外線により、脳が疲労物質を放出し、疲れやすくもなります。

マラソンランナーがサングラスをしているのにも納得ですね。

上の例は、マウスによる実験で、人間でも同様の結果が得られるかは謎ですが、とりあえず、サングラスをしていれば少なくとも眼病も疲労も日焼けも防止できるので、日焼け対策として、サングラスを身につけることはとても重要です。

それでは、帽子やサングラスでは、目への紫外線の曝露がどのぐらい防げるのでしょうか?

紫外線に対する帽子・サングラスの効果

hat-sunglasses
出典:環境省「紫外線環境保険マニュアル」

紫外線は大気中では、窒素や酸素粒子による散乱、アスファルトなどからの照り返しにより、太陽から直接届く紫外線量と空気中で散乱して届く紫外線量がほぼ同程度であると言われています。

そのことから、帽子の効果は20%程、上方部分のみの遮蔽効果となるため、低い値になります。

一方、目を覆うサングラスに関しては、遮蔽率が90%になり、効果絶大です。

そして、次に大切なのが、そのサングラスの選び方です。

レンズが濃ければ、紫外線から守れていると考えるのは全く見当違いです。

紫外線カットを目的としたサングラス選び


まず、注意したいのが、レンズの色が濃ければ、紫外線を防げているという誤解です。

基本的に、紫外線カットの機能がついていないサングラスに関しては、眩しさだけしか軽減できていないです。

さらに言うと、暗いところではより多くの光を取り入れようと瞳孔が開きますから、その紫外線がモロに通過することになるので、最悪です。

なので、しっかりとUV仕様のサングラスを身につけることが何よりも重要だとうことを知っておいて下さい。

サングラスを探すときは「紫外線カットのレンズ+サングラス」とセットで考えましょう。

具体的には、紫外線カットのレンズの性能をあらわすものとして、こんなことが書いてあると思います。

紫外線透過率:レンズがどれだけ紫外線を透過するかの値。1.0%以下なら紫外線99%以上カット。

紫外線カット率:値が高いほど性能の高いレンズ。こちらがわかりやすいです。

紫外線カット率は数値が高いほど良く単純明快ですが、紫外線透過率は値が低いほど紫外線カット能力が高いので、勘違いしないようにしましょう。

最後に、紫外線により目が充血してしまった時の対処法をご紹介します。

自分でできる応急処置は?

炎天下の下紫外線を多く浴びてしまい、目までも日焼けをしてしまった時には、目を十分に冷やすことが必要です。

氷や保冷剤などを利用して、早めに冷やすようにします。

また、痛みや充血などの炎症がある場合には、炎症を抑える目薬の利用をオススメします。

普段コンタクトレンズを使用している人は、なるべくコンタクトレンズの装着は控え、しばらくはメガネを使用して目を休めるなどの工夫も必要です。

ロート ロートクリア

花粉や紫外線など外的刺激による目の充血にロートクリアがオススメです。

抗炎症成分のプラノプロフェンが、炎症原因物質の発生を抑制し、炎症を鎮めてくれます。

武田薬品工業 バイシンUV

紫外線やその他の光線による眼炎や目の充血、目の疲れにおすすめの目薬です。

充血クリア成分の塩酸テトラヒドロゾリン配合。

ご自身での自己判断はなるべく避け、あくまで応急処置として市販の目薬を使用し、早めの医療機関を受診することをオススメします。

目の日焼けケアは体の内側からも可能?

目のケアは体内に取り入れる栄養も必要で、目に与える栄養成分を積極的に摂ることが大切です。

それは、アントシアニンやルテイン、アスタキサンチンやビタミンといったものです。

これらを日頃から摂取することで、目が受ける紫外線からのダメージを抑制する働きがあります。

アントシアニン・・・ブルーベリーの青い色素で、疲れ目や視力低下、紫外線などの光線によるダメージから守ってくれる働きを持っています。

ルテイン・・・ルテインは緑黄色野菜に多く含まれる成分で、紫外線のダメージによって体内に発生する活性酸素を除去してくれる働きを持っています。体内では作られることがない成分ですので、目のために意識的に摂取したい成分です。

アスタキサンチン・・・紫外線による活性酸素と戦うパワーが強いアスタキサンチンはビタミンEの約1000倍と言われており、目に対する酸化も防ぐと言われています。カニやエビなどの甲殻類に多く含まれていますので食事の際にメニューに取り入れるのも良いですね。

ビタミン・・・目の健康のため、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB2をバランスよく摂取することが望ましいでしょう。ビタミンは病気に対して抵抗力を高めてくれる働きを持っていますので、目の健康のためにも役立つでしょう。

まとめ

というわけで、紫外線の目に与える影響についてのあれこれでした。

外で活動する時間が長い方は紫外線カット率の高いサングラス購入をオススメします。

実際にサングラスを検討されるならメガネショップに行き、店員に相談すれば、自分にあった最適のものを教えてくれると思います。

もしケアを怠り、充血や炎症が起きた場合には、すぐに目を冷やし、炎症を抑える目薬で応急処置をし、眼科へ診てもらいましょう。

「充血したくらいなんとでもないでしょ」と、軽い気持ちでいると目の症状が悪化する恐れもありますので、自己判断はやめましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

紫外線 紫外線の種類と影響 ・紫外線UVA・UVB・UVCの波長の違いが生む肌への影響と対策! ・紫外線UVAの波長の長さがもたらす皮膚の真皮の老化とは?対策は? ・紫外線UVBは表皮細胞の遺伝子DN ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.