スキンケア

肌のターンオーバーとは?周期の正常化が美肌環境をつくる!

更新日:

daisy
肌のターンオーバーをご存知ですか?

肌のターンオーバー肌表皮の新陳代謝のことなのですが、これがしっかりと行われているかどうかが、美しい肌環境の構築に大きく影響します。

言わば、スキンケアの基本の””ですね。

本日は、そんなターンオーバーの一連の流れを説明し、早い・遅いことがどうして肌トラブルへとつながってしまうのかなどについて、あれこれまとめていきたいと思います。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

肌のターンオーバーについてのあれこれ

fantasy

肌のターンオーバーとは?

turn-over
ターンオーバー(TURN OVER)とは、ひっぺがえすこと入れ替わることを意味し、肌のターンオーバーとは、古いものが新しくなる、肌の新陳代謝を意味します。

一般的に、顔の肌のターンオーバーの周期は28日と言われていますが、それは20代の話で、加齢に伴い、その周期は長くなり、(自分の年齢 × 1.5~2倍)が大体の目安だそうです。

これが早まったり、遅くなったりすることが肌のターンオーバーの乱れとなり、様々な肌トラブルや肌老化の原因となります。

次に、肌のターンオーバーとは、具体的にどのようなことなのかを説明していきたいと思います。

表皮組織

turn-over
皮膚組織は、表皮真皮皮下組織という3つの層からなり、ターンオーバーは表皮組織で起こります

表皮組織は0.2mm程のお肌の部分で、体の一番外側にあるという点で、見た目の部分に大きく関わる要素です。

そして、その表皮組織は、さらに「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」という4層構造になっています。

この表皮の役割は、肌の保湿作用、真皮層を保護する保護機能にあたります。

それでは、この4層の役割をそれぞれ説明していきます。

基底層

表皮の最も下層(底)組織で、「有棘層」「顆粒層」「角質層」を生み出す、であり、ターンオーバーのスタート地点です。

基底層は、基底膜を介して真皮に面し、その中の毛細血管から栄養などを受け取り、新たな細胞(ケラチノサイト)を生み出していきます。

そして、その絶えず行われている細胞分裂により、上へ上へと押しやられた細胞がやがて「有棘層」「顆粒層」「角質層」へと分化・成熟していくのです。

基底層の構成成分は、基底層細胞(95%)とメラノサイト(5%)で構成され、基底層の主な役割としては、上に書いた、角化細胞の生成と基底層細胞と基底膜とが密着し、これら全体が一つの強い膜を形成することによる真皮の保護機能です。

さらに、紫外線が当たると、メラノサイトがメラニンを生成し、基底細胞の核(DNA)の保護や真皮への透過を防ぎます。

有棘層

有棘(ゆうきょく)層は、表皮の中で最も分厚い(8〜10層)組織で、リンパ液免疫細胞(ランゲルハンス細胞)が存在し、老廃物を排出したり、外敵から身を守る機能が備わっています。

また、熱い・冷たいなどを感じ取る知覚神経もあります。

有棘層では、NMF(天然保湿因子)を生み出す基となる層板顆粒(オドランド小体)が生成されていきます。

層板顆粒は、内部に、リン脂質スフィンゴ脂質(セラミド)、コレステロールなどの脂質からなる板が積み重なったような多重層構造を含む、球状ないし楕円体状の小体(直径100~300nm)です。

基底層と同様に細胞分裂を活発に起こすので、基底層と併せて、胚芽層とも呼ばれます。

また、組織内の細胞は、下層では多角形、上層では平べったい扁平型をしており、その細胞同士が棘(とげ)でつながっているように見えることから、有棘細胞と名がついています。

顆粒層

顆粒層は、2~3層の細胞からなり、有棘層上層よりもさらに扁平化した細胞が並んでいます。

その細胞内には、小さなビーズのようなケラトヒアリン顆粒と上で書いた層板顆粒が並んでおり、顆粒を細胞質に豊富に含むことから顆粒層という名前がついております。

この顆粒が表面上で紫外線を反射させ、皮膚への透過を防ぐなど、上層の角質層と共に、肌のバリア機能を呈するので、角質層と合わせて角化層と呼ばれています。

また、ケラトヒアリン顆粒は、プロフィラグリンを主成分としており、角質層へのターンオーバーの過程でフィラグリンというタンパク質に変質、更にアミノ酸により分解され、最終的に、NMF(天然保湿因子)の主成分となり、これは皮膚の保湿にとても重要な役割を果たします。

それは、NMFの主成分がアミノ酸系であり、それらが水との高度な保水能を呈することに起因しています。

また、有棘層の上部から顆粒層にかけて見られる、もう一つ重要な層板顆粒(オドランド小体)は、その顆粒の中に、様々な脂質(リン脂質スフィンゴ脂質コレステロール)を含んでおり、それらがアポトーシスの直前に放出され、角質細胞間脂質である遊離脂肪セラミドコレステロールなどの成分になります。

ケラチノサイトの分化過程では、段々と真皮の毛細血管から離れるに従い、栄養の授受がなくなる為、顆粒層上層から角質層下層にかけては特に、細胞はアポトーシス、つまり、自然と細胞死が誘導されるようにプログラムされていているのです。

角質層

表皮の一番外側の組織である角質層は、ケラチノサイトがアポトーシスにより細胞核を失い、細胞を構成していたタンパク質であるケラチン繊維と角質層の中層にかけてNMFを生成していくフィラグリンとが規則性(ケラチンパターン)を持って結びついた角質細胞を形成し、その周りをアポトーシスの際に放出され、新たに生成されたセラミド、コレステロール、遊離脂肪などの角質細胞間脂質が取り囲み、全体としてレンガのような構造をしています。

角質間細胞脂質には疎水性部分親水性部分を併せ持ち、それらがー水ー脂質ー水−脂質ーというように繰り返されるラメラ(層)構造を形成しています。

それが角質細胞内のMNFを主とした水分をサンドイッチすることにより、角質層が保湿機能を持つことになります。

これと皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分泌される汗が混じり合ってできる皮脂膜によるコーティング作用のバランスにより、肌のバリア機能は生まれます。

ここに、肌のターンオーバーの重要性が見えます。

つまり、今までに書いてきたケラチノサイトの分化・成熟過程が早くなったり、遅くなったりすると、この角質細胞内のフィラグリンや角質細胞間脂質内の脂質の生成のバランスが崩れ、レンガのように積み重なる構造が出来ず、隙間の多い構造となってしまうため、その隙間から水分が蒸散し、肌が乾燥したり、またはその隙間から外的が侵入し、肌トラブルが起こりやすくなるのです。

そして、基底層の基底細胞が細胞分裂をしてから、この角質層で最終的に垢となって剥がれ落ちることにより、ケラチノサイトからの分化過程は完全に終了することになります。

この基底層でケラチノサイトの細胞分裂が起こり、角質層で剥がれ落ちるまでの期間のことを肌のターンオーバーと呼ぶのです

上に書いたように、この肌のターンオーバーは長すぎても、短すぎてもいけません。

具体的に、どのような影響があるのかを見ていきましょう。

肌のターンオーバーのサイクルが短すぎる場合

単純に期間が短くなることにより、細胞の分化過程が早熟になり、最終的な角質細胞のNMFや角質細胞間脂質であるセラミドの生成が十分に行われず、垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素の量も不足し、角質細胞が剥がれにくく、塊となって剥がれ落ちることで白く粉吹いたり、パサパサした内部乾燥肌になります。

その肌内部からのこれ以上の水分の蒸散を抑える・防ぐために、皮脂が過剰に分泌され、インナードライ肌状態になりやすいです。

そして、毛穴内部に滞留した角質と皮脂が合わさって角栓ができ、それが酸化されると黒ずみが目立つにようになり、最悪、それがニキビを引き起こしてしまいます。

いちご鼻でお悩みの方は、肌のターンオーバーが早まっているのではないかと疑ってみて下さい。

注意したいのが、その状態が嫌だと角栓を取り除いてしまうのが一番やってはいけないケアです。

というのも、肌のターンオーバーが早いことが引き起こしているものをそれを取り除いてはターンオーバーを助長することになってしまい、問題の根本的な解決には全くつながりません。

顔がテカるからただ皮脂を取り除いたり、乾燥しているからただ保湿をしたりというような対症療法的なケアではなく、なぜそのような状態になっているのかを常に考えなくては、物事の根本的な解決にはつながりません。

他にも、酵素洗顔やピーリングなどは肌のターンオーバーを促進させるものですので、ターンオーバーを促進することでメリットが得られるという人以外は使う意味がないです。

肌のターンオーバーのサイクルが長すぎる場合

角質細胞が長く滞在することにより、角質層が厚く、いつまでも張り付いているので、肌表面がゴワついて、ガサついたり、ザラザラ感が目立ったり、単純に肌トラブルの治りが遅くなります。

また、メラニンが正常に代謝されなくなるので、メラニンが沈着しやすくなり、シミの原因にもなります。

古い角質は色が濃いので、くすみの原因にもなります。

そして、上のような肌状態が目立つからとピーリングを行う人は多いと思いますが、先程も書きましたが、角質を剥がすようなものを素人が使うのはとても危険です。

そもそも、ターンオーバーが遅くなっているような人はあまりいないと思われます。

というのも、現代人はスキンケアのしすぎで、最近では、その過剰なスキンケアにより作られた肌はビニール肌と呼ばれ、水洗顔や湯シャンなどが流行っています。

これはまさに、ターンオーバーの促進が招いた肌環境をなるべく肌に負担をかけないケアにより回復させようというものです。

同様に、上に書いたような症状も、実はターンオーバーが促進された状態から引き起こされている事が非常に多いです。

角質細胞は角質層で最終的に垢となって代謝されますが、その間際に酵素の分解作用により角質細胞と角質細胞間脂質との接着が解かれることで剥がれ落ちるのですが、ターンオーバーの周期が早すぎると、脂質だけでなくその酵素も不足し、また、肌の内部乾燥が酵素の働きを弱めることで、角質細胞はいつまでも肌に残り続け、見た目上は肌のターンオーバーが長いように見えてしまうという状態です。

このような状態から起こるのが、まさに前項で書いた角栓です。

角栓とは、ターンオーバーの促進により、毛穴内部の角質の生成と排出のバランスが崩れることで起こります。

角栓により完全に蓋がされると、アクネ菌が毒素を産生するようになり、連鎖的な炎症反応からニキビへとつながるのです。

なので、少なくとも若い人が抱える肌トラブルの殆どが、ターンオーバーの促進により起こっていると言えます。

そのことから、何よりもまずはターンオーバーの周期に自身が干渉していないかどうかを考える事が重要です。

簡単なところで言えば、洗顔やクレンジングは、直接手や洗浄成分が肌に触れ、擦ったり、洗浄力が強すぎるものを使うと、簡単に肌内部の脂質が洗い流され、ターンオーバーを促進させてしまいます。

このようなことが引き金となって、毛穴開きや角栓の詰まり・黒ずみやニキビへとつながってしまっていることが非常に多いので、まずは自分がターンオーバーの促進を招いていないか、まずは洗顔とクレンジングから徹底的に見直しましょう。

もちろん、下に書く、食習慣や生活習慣は言うまでもありません。

肌のターンオーバーが乱れる原因は?

まず言われるのは、生活習慣の乱れです。

特に、肌にとって睡眠はとても重要ですので、なによりもまずは質の高い睡眠をとることです。

また、肌老化の一番の原因とされる紫外線の影響です。

これは、紫外線の種類や強まる環境などを理解し、最適な対策をしましょう。

あと、やってはいけないのは、肌を必要以上に触ることですね。

肌とは外敵から身を守るバリア機能ですから、ニキビなどでその機能が破綻している部分を気にして触るなどの行為は、絶対やめたほうがいいです。

顔を洗って、化粧水や薬や化粧など、必要な時以外、肌に触れるのはヤメましょう。

あとは、単純に食事で、栄養のあるものを食べましょう。

肌に良いと言われているのは、ビタミン類や抗酸化作用のあるものなどですので、不足している人は気にかけて摂るようにすると良いでしょう。

しかし、ビタミンだけ取ればいいと言うほど単純なものではないので、偏食などは避け、バランス良く摂りましょう。

また、高糖質・高脂質食は皮脂の過剰分泌を招きますので、程々に。

あと、運動です。

というように、一般的に健康的な生活を送るように心がけることが、肌のターンオーバーだけではなく、その他にも大きなプラスの影響を与えますので、肌荒れで悩んでいる方は、日頃の生活を一度見直してみるのが良いでしょう。

スキンケア的な部分では、上に書いたように、角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の皮脂を洗い流さないこと、この2点を常に心がけましょう。

おすすめ洗顔料

肌の最低限の汚れのみを洗い流してくれるアミノ酸塩型、カルボン酸塩型の界面活性剤の洗顔料を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

ミノン スキンソープ(80g)

こちらはドラッグストアでも買える、敏感肌の味方ミノンから出てるアミノ酸塩型の弱酸性の固形石鹸です。

洗浄力は低め=肌に優しいので、乾燥肌・敏感肌の方にはおすすめです。

お近くのドラッグストアにおいてありますので、チェックしてみて下さい。

ミノン公式

ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュ フォーム(泡タイプ)

カルボン酸塩型のラウレス-6カルボン酸Na、アミノ酸塩型のラウロイルグルタミン酸Naをベースにした泡で出てくるフェイス&ボディーウォッシュです。

また、アラントインも配合されているため、抗炎症作用もあり、毛穴の炎症と皮脂の過剰分泌を防ぐという点でとても優秀です。

ロート公式

ココイルボディソープ

もはや有名すぎるココイルのカルボン酸とアミノ酸系の原料で仕上げたボディーソープ。

これはボディーソープですが、おんなじ肌ですので、洗顔にもボディーにも利用して下さい。

ココイル公式

肌のバリア機能構築をサポートするセラミド化粧品

普段のスキンケアでは、角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さない事が重要です。

それに加え、細胞間脂質の主成分であるセラミドを外から補給することで、肌のバリア機能構築をサポートしてくれます。

乾燥肌・敏感肌の方には特におすすめです。

小林製薬 ヒフミド

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

小林製薬のヒフミドは、ヒト型セラミドを高濃度に4%も配合した、乾燥肌・敏感肌の方にピッタリな商品です。

しかし、セラミドは原価が高いので、トライアルセットでお試しになってからの方が間違いないと思います。

なお、公式からの定期購入だと少しお得です。

小林製薬〜ヒフミド〜

ロゼット オウンセラベーシックケア3点セット

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

ロゼットのオウンセラは、own(自分の)セラミドということで、質の高い天然セラミドにこだわっています。

天然セラミドとは、天然由来であり、人の持つセラミドに近いため、肌なじみがよく、角層の隙間を満たすようになめらかに肌を整え、乾燥や外部刺激から肌を守るバリア機能構築をサポートしてくれます。

ロゼット公式

クラウンセルクリーム

〜公式〜
通常
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

こちらも人の肌に存在するセラミドを外側から補給することにより、肌のバリア機能を構築をサポートしてくれます。

他にもヒアルロン酸、γ−リノレン酸が肌のコンディションを整えるように働きかけてくれます。

セラミドは年齢を重ねるに連れ、減少していきますので、加齢により乾燥が気になる方や、乾燥肌・敏感肌の方には、セラミド配合化粧品は特におすすめしたいです。

クラウニング・シーズ公式

ETVOSモイスチャーライン

〜公式〜
(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

こちらも割と評判の良いセラミド配合化粧品です。

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』

保湿に大切な「ヒト型セラミド」、タイトジャンクションの形成を促す「POs-Ca」を配合。

お肌の内側の水分蒸発を防ぐことで、もっちりとうるおう肌に導きます。

気になる方は、まずトライアルセットをお試し下さい。

こちらも、公式からの定期購入だと少しお得です。

ETVOS公式

VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

〜公式〜
VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

セラミド1・セラミド2・セラミド3・セラミド6Ⅱという4つのヒト型セラミドを配合した、VINTORTEのボタニカルモイストスキンケアシリーズです。

「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」を配合することで保湿の働きを補い、潤いを与えるアプローチでバリア機能の働きや肌内部の水分量をサポートします。

また、VINTORTEのミネラルファンデーションなどでもおなじみ、石油系界面活性剤・パラベン・シリコン・紫外線吸収剤・タルク・鉱物油・合成香料・合成着色料・エタノールなどの肌に負担のかかる成分が使用されていないのも、嬉しいポイントです。

※「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」はトライアルセットの全商品に配合されています。

VINTORTE公式

ノブⅢ トライアルセット

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

ノブⅢシリーズの特徴としては、皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質の成分である、スクワラン・アミノ酸・セラミド3を外側から補うことにより、肌のバリア機能をサポートするというものです。

また、セラミドの構造を人間の肌のものに近づけることにより、その親和性から浸透力がアップしています。

臨床皮膚医学に基づいて考えたノブの、肌あれ・乾燥が気になる敏感肌のためのスキンケア商品です。

ノブⅢ公式

まとめ

というわけで、肌のターンオーバーについてのあれこれでした。

肌荒れとは体の内部から影響するものが多いので、肌単独の問題というよりも日頃の生活が問題になるケースがとても多いです。

睡眠時間や生活習慣などで簡単にホルモンのバランスは崩れてしまいます。

女性であれば、生理の前などは乱れやすいですし、肌のターンオーバーはスキンケアの基本と言われますが、それを正常に保つのは意外と難しいことなのです。

その意味で、肌のターンオーバーを正常にすることを最優先にしたケアをすることをオススメします。

まずは原因の根っこを見つけ出し、それを改善する努力をするようにしましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

記事下

記事下

-スキンケア,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.