健康 食生活

ミネラルの種類や体への役割は?主要ミネラル・微量ミネラルとは?

更新日:

bottle
ミネラル5大栄養素の一つで、私たちの身体にとって微量ではありますが必要不可欠な栄養素です。

ミネラルは体内で合成することができず、食べ物から摂り入れなくてはいけません。

今回はミネラルの種類含まれている食品主要ミネラル微量ミネラルについてご紹介します。

ミネラルについてのあれこれ

salt

必須ミネラルの種類

ミネラルと一言でいっても、私たちの身体にとって必要なミネラルは現在16種確認されており、ナトリウムマグネシウムリンイオウ塩素カリウムカルシウムクロムマンガンコバルト亜鉛セレンモリブデンヨウ素となっています。

その中でも比較的多く体内にあるものを主要ミネラル少ししかないものを微量ミネラルとし、主要ミネラルナトリウムマグネシウムリンカリウムカルシウム塩素イオウ、の7種類それ以外を微量ミネラルとしています。

厚生労働省では、イオウ、塩素、コバルトを除く13種類において摂取基準を定めています。

今回は厚生労働省の定める13種類において、含まれている食品をご紹介します。

ナトリウム・カリウム

ナトリウムカリウム対になって細胞を正常に保ち血圧などの調節も行っています。

ナトリウムはご存知の方も多いかと思いますが、食塩みそしょうゆなどに多く含まれています。

カリウム野菜果物大豆に多く含まれています。

マグネシウム

マグネシウム骨形成や体液の平衡を保持する働きがあり、様々な酵素の補酵素として手助けをしています。

海藻類魚介類豆類に多く含まれています。

リン

リンカルシウムマグネシウムとともに骨形成を助ける働きと、エネルギーを作り出す手助けをしています。

肉類魚介類乳製品豆類に多く含まれています。

カルシウム

カルシウム骨や歯の原料となるのはもちろん、体内のアルカリ性の保持筋肉の伸縮止血にも関わっています

含まれている食品は乳製品小魚海藻類大豆などです。

クロム

クロムインスリンがブドウ糖を取り込む際のカギの役割を果たし血糖値の安定に役立ちます

また、長寿のミネラルとも呼ばれ、ラットへの実験で、餌にクロムを加えたラットはそうでないラットよりも36%長生きしたという報告もあります。

また、他のミネラルの吸収を促進させるものでもあります。

主に、肉類魚介類海藻類チーズに多く含まれています。

マンガン

マンガン成長生殖骨形成に関係し、糖質脂質に関わる酵素や抗酸化作用のある酵素の補酵素としても働きます

小魚豆類種実類に含まれています。

赤血球のヘモグロビンの構成成分になり、肝臓などに貯蔵されます

緑黄色野菜海藻類貝類レバーに多く含まれています

骨形成の手助け酵素となって活性酸素の除去を行い、鉄を必要カ所へ運搬する働きがあります。

が含まれている食品はレバー魚介類豆類種実類ココアなどがあります。

亜鉛

亜鉛酵素の構成成分として働き新陳代謝の調節の手助けを行う他、たんぱく質合成やDNAの転写にも関わっています

肉類魚介類種実類穀類に多く含まれています。

セレン

セレン過酸化脂質を分解する酵素の成分になっています。

また、精子の増加前立腺がん肺がん結腸直腸がんの予防にも働きます。

肉類魚介類に多く含まれています。

モリブデン

モリブデン肝臓腎臓に分布しており、酸化酵素の活性を助け糖質や脂質の代謝にかかわる酵素の構成成分になっています。

そのほか鉄を利用して貧血を予防する働きもあります。

モリブデンレバー豆類穀類に多く含まれています。

ヨウ素

ヨウ素甲状腺から分泌されるホルモンの構成成分になっています。

そのほか、殺菌作用もあり、うがい薬などにも使用されています。

ヨウ素魚介類海藻類に含まれています。

まとめ

というわけで、ミネラルについてのあれこれでした。

3大栄養素のサポート役として働いていますので、バランス良く摂るようにしましょう。

しかし、ナトリウムは摂りすぎると高血圧や脳卒中などの生活習慣病の原因になりますので、注意しましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-健康, 食生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.