zelogos

〜ちょっとした暇つぶしやお役に立てれば幸いです〜

未分類

日焼け止め以外で出来る紫外線対策一覧!おすすめグッズもご紹介!

更新日:

parasol
今年も暑い季節がやってきましたね。

そんな暑い夏に日焼け止めは欠かせないもので、最近は女性だけでなく、男性も日焼け止めを塗る人が増えたように思います。

しかし、日焼け止めは敏感肌の人は肌への影響も気になると思いますし、日焼け止めを塗ることだけがUV対策ではありません。

では、日焼けどめ以外で出来ることといったら、紫外線に肌を晒さないことで、紫外線を予防できるアイテムはたくさんあります。

今年の夏はそれらを利用して暑さを乗り切りましょう!!

というわけで、この記事では、日焼け止め以外で出来る紫外線対策グッズについて、あれこれご紹介します。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

紫外線 紫外線の種類と影響 ・紫外線UVA・UVB・UVCの波長の違いが生む肌への影響と対策! ・紫外線UVAの波長の長さがもたらす皮膚の真皮の老化とは?対策は? ・紫外線UVBは表皮細胞の遺伝子DN ...

続きを見る

紫外線対策に役立つ便利な日焼け対策グッズの説明とおすすめ!

beach

サングラス

water
紫外線は、目への影響も受けやすく、目から入った紫外線でシミができるとも言われています。

もともと目には紫外線を防御する機能が備わっていますが、長時間太陽の下で紫外線を浴び続けルコとは良くありません。

視界が歪む、白内障や黄斑変性、角膜炎などを引き起こす可能性もありますから、目も紫外線対策は必要です。

しかし、サングラスといってもただのサングラスを選んではあまり意味がありません。

次の点に注目しましょう。

しっかりとUV加工がされているサングラスかどうか

紫外線カット率は何%なのか

当然、紫外線カットサングラスを選びましょう。

紫外線カットサングラスには、紫外線透過率というものが数字でわかりやすく示されています。

これは、レンズから紫外線をどれだけ透過するのかを表す数字なので、数字が低いほど、レンズを紫外線を通さない。ということになります。

例)紫外線透過率1.0%以下と書かれていたら、99%以上紫外線カットということです。

「紫外線カット率」と書かれている場合は、数字が高いほど紫外線をカットしてくれるので、間違えないようにしましょう。

その他にもサングラス選ぶ際に、色の濃い方が紫外線をカットしてくれる。と思う方もいると思いますが、色の濃いサングラスを付けると、瞳孔が開くため、光を取り込む量が多くなりサングラスを付けていても紫外線を取り込んでしまうためです。

どのくらいの時間、紫外線を浴びるのか個人差がありますので、眼鏡店で相談するのも良いかもしれませんね。

eye
目から日焼け?紫外線の目に与える影響と対策!目の充血の正しいケア方法は?

あなたは紫外線が肌以外にも悪い影響を与えるのをご存知ですか? そうです、目です。 目は常に紫外線に晒されているため、目にも紫外線の対策をしましょう。 この記事では、紫外線の影響で目が充血して痛い症状は ...

続きを見る

帽子

hat
紫外線対策とし、帽子はとても大切なアイテムの一つです。

頭皮が浴びる紫外線は顔に浴びる紫外線より6倍強いです。

それは、体の部位で一番高い場所にあるのが頭。

さらには紫外線を受ける面積も広いため、頭皮はダメージを受けやすいのです。

薄毛を気にしている方はさらにダメージを受けやすくなっています。

そして、帽子を選ぶ際は、できるだけつば広の帽子を選びましょう。

全体的につば広のものを選ぶと、うなじや耳の裏側までしっかりと隠れるのでおすすめです。

ですので、キャップよりもハット型を選ぶほうがいいでしょう。

衣服

Cloth
体全体を守ってくれる、UV加工のされている衣類です。

まず、布地には元々紫外線をある程度カットしてくれる性質があります。

そして、紫外線カットに一番適している素材が「ポリエステル」になります。

逆に、綿などは紫外線を吸収するので、夏場に1枚で着ていると日焼けをしてしまう原因にもなります。

元の性質とは別で、UV加工衣類があり、そのUV加工衣類にも種類があります。

繊維に練り込まれて作られるタイプとコーティングされているタイプです。

繊維に練り込まれるタイプは、生地を作る際糸に直接「UV加工」をし、その生地で服を作ります。

ですから長期間着ていても、繰り返し洗濯をしてもUV加工効果が落ちにくい。ということです。

コーティングされているタイプは、すでに作られたものに後からUV加工をするため、長期間着ていたり、繰り返し洗濯することによって、UV効果が落ちていきます。

そのため、繊維に練りこまれているタイプよりも多い頻度で買い直しが必要になります。

アームカバー

Arm
主に顔の日焼けを気にしがちですが、夏は露出が多い季節。

半袖を着る機会が増えるので腕も日焼けしやすい箇所です。

徒歩だけでなく、車の運転でも意外と日焼けしますよね。

運転中は特に腕が日焼けしやすく、夏の運転にアームカバーが重宝されます。

お肌が弱くて日焼け止めを塗れないという人もオススメです。

カーディガンなど羽織物で日焼け対策をしている方も多く見かけますが、夏場に長袖は正直暑いかと思います。

上着を持ち歩くよりコンパクトで軽い、腕部分だけカバーできるアームカバーはイチオシです。

日傘

umbrella
この時期、通勤には欠かせないアイテムの一つに日傘があるかと思います。

そこで、紫外線対策の日傘の選び方って知っていますか?

黒色は紫外線吸収率が高いから日傘は黒色を使っています!という方多いのではないでしょうか。

これ、実は色はあまり関係がないのです。

UVカットの加工が施されているかどうかが重要なのです。

白い傘でもUVカットがきちんと施されているものは、紫外線をきちんとカットしてくれるのです。

気にしなければいけないのは、日傘の内側の色です。

内側の色が明るい色だと、アスファルト等から反射した紫外線が照り返しをし、せっかく日傘をさしていても日焼けをしてしまうことになります。

ですので、日傘内側の色はなるべく暗い色を選ぶほうがいいでしょう。

もう一つ注意が必要なのは、一度日傘を購入したらしばらく何年も買い換えずに同じものを使っている!という方、古い日傘を使い続けているとUVカット率が落ちているかもしれません。

それを知らずに使い続けると、紫外線を浴びていることになりますので、日傘は1年〜2年程度で買い換えをオススメします。

もちろん、晴雨両用の傘でもUV加工がされていれば紫外線はカットしてくれますが、雨に濡れることで傘は劣化しやすくなりますので、できれば分けて使ったほうが良いですね。

日焼け対策は食べ物でも効果あり?

person
紫外線対策は、衣服や日焼け止めなどのコスメ以外にも実は食べ物でも対策ができるのです。

日焼け対策に効果があるとされる栄養素は3つ。

オメガ3脂肪酸、抗酸化作用、質の良い飽和脂肪です。

オメガ3脂肪酸は、サバやイワシ、鮭などの冷水魚に多く含まれています。

魚はちょっと苦手だという方は、サプリメントなどで摂取すると良いでしょう。

次に、抗酸化作用があると言われているザクロには肌の強さを引き上げる力や、がん細胞を抑制する効果もあると言われています。

デザートやジュース、サラダなど使い方も多いのでぜひ試してみてください。

そのほか、サツマイモやニンジンも酸化防止効果があります。

ココナッツオイルやパーム油に含まれる飽和脂肪は、紫外線カット率20%程と言われています。

カット率20%は、1時間程度の日焼けを遅らせることができるということです。

1時間でも遅らせることができるのは大きいですよね。

そして、オイルですので髪の毛や唇など、日焼け止めがぬれない箇所にも塗ることができます。

ただし、これらのオイルを使用する際は、酸化しにくい、良質のものでなければなりません。

person
日焼け後の紫外線対策としてシミにならない効果大な食べ物・栄養素

日焼け対策には日焼け止めやサングラスといった直接紫外線を予防するほかに、食事から日焼け対策をすることで、より効果的に日焼けから身体を守ることができます。 今回は栄養面からの日焼け対策についてご紹介しま ...

続きを見る

最後に、人気のおすすめ紫外線対策グッズをご紹介しますので、参考にしてみてください。

紫外線対策〜日焼け止め以外で出来ること〜

sunglasses

UV手袋~手首までガード~

<紫外線対策グッズの特徴>
・UVケアの手袋
・長袖のときの手袋に

長袖と日傘をしてるけど、手のひらだけ紫外線からカバーできないときに使用できるUV手袋です。

カーディガンなどんが袖のものを着ている際に、ちょうどよいサイズ感です。

このUV手袋の特徴は生地に伸縮性があって締め付け感がないことです。

夏場の手袋のフィット感では重要なポイントじゃないでしょうか。

さらに、ひんやり仕様で付け心地爽やかです。

アームカバー~二の腕までガード~

<紫外線対策グッズの特徴>
・紫外線遮蔽率:最大90%
・指穴つきのデザインで手の甲までカバー

アームカバーはサマーシーズンのお出かけに、紫外線から腕をカバーしたい女性の定番アイテムになっています。

このアームカバーは500円クラスでありながら紫外線遮蔽率は最大90%を誇っています。

さらに、種類も豊富なので、自分好みのものを数点使いまわせるので、オススメです。

半袖を好む女性には頻繁に使用したいアームカバーでしょうし、すぐ傷んでも再度購入しやすい価格です。

楽天口コミ数が多い商品だったので選んでみました。

フェイスガード~鼻まで隠せるネックガード~

<紫外線対策グッズの特徴>
・UVカット率98%
・ひんやり接触冷感で涼しく快適
・何回洗ってもUV効果は持続
・丈夫で軽い快適ストレッチ

この冷感ネックガードは目元から首筋まで紫外線をカバーできる商品です。

帽子とサングラスを併用すれば頭部を紫外線からガードできます。

鼻上まで隠すとズレ落ちそうですが、そこは耳フックで対策されているようです。

装着シーンを見ると紫外線はガードできそうですが暑苦しく感じます。

しかし、接触冷感の布素材を使用し、きちんと暑さ対策もされているようです。

ちょっと出かける際に、さっと付けられるので、便利という声が多いです。

顔の紫外線対策を重視するならネックガードを選択肢に入れてみてはいかがですか。

日傘~晴雨兼用の折りたたみ傘~

<紫外線対策グッズの特徴>
・遮熱・遮光の晴雨兼用折りたたみ傘【太陽光・太陽熱・紫外線を反射】
・遮光率99%以上

この日傘は遮光率99%以上で、晴雨兼用なので突然の雨になっても安心です。

特に、紫外線の強いシーズンは大気が不安定で突然の雨に濡れることもありますが、これがあればひとまず安心です。

雨傘とUV傘の両方を持つのは面倒な人にはベストアイテムではないでしょうか。

UV傘の性能はシルバー色のコーティングが施されており太陽熱をよく反射してくれるとのことです。

晴雨兼用で軽量の日傘をお探しの方にオススメです。

ワイヤー帽子~リボンがアクセント!!カワイイお帽子!!~

<紫外線対策グッズの特徴>
・遮光率最大100%
・カラーは全10色
・サイズは58.5/61/63cmの3サイズ展開

小顔効果もあり、さわやかな綿麻素材なのでかぶり心地もよいです。

サイズも3種類あり、ソフトワイヤー入りなので折りたたんでバッグに入れても形が戻るのがうれしい仕様です。

また、リボンがアクセントになって、可愛いですね!

サングラス~目元のシミやそばかすの予防にも~

<紫外線対策グッズの特徴>
・紫外線ほぼ100%カット
・ブルー光線約72.6~89.8%カット
・眩しさを軽減し目を疲れにくく
・目周辺のシミやそばかすの予防

このサングラスは紫外線・ブルー光線をカットし、目の保護をしつつ視界もクッキリするという商品です。

普通のサングラスは眩しさだけ軽減するものですが、このUVカットサングラスは紫外線とブルー光線から目の水晶体や網膜を守り、眩しさを軽減しつつ目を疲れにくくするものです。

ややレンズが大きいサングラスに感じますが、紫外線が目元に及ばない設計になっています。

これは目元のシワの肌老化に影響が及ばないようにという設計でしょう。

このUVカット サングラスはバリエーションが多いですし、お洒落なデザインなので、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

というわけで、日焼け止め以外の紫外線対策グッズについてでした。

紫外線対策は、日焼け止めと今日紹介したような帽子や日傘、サングラスなども併用し、肌を守りましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

紫外線 紫外線の種類と影響 ・紫外線UVA・UVB・UVCの波長の違いが生む肌への影響と対策! ・紫外線UVAの波長の長さがもたらす皮膚の真皮の老化とは?対策は? ・紫外線UVBは表皮細胞の遺伝子DN ...

続きを見る

記事下

記事下

-未分類
-

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.