スキンケア

コラーゲン摂取は肌に効果ある?ない?経皮・経口摂取の効果の違い

更新日:

cosmetic
コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、肌に良いと言われている美容成分は様々にありますが、最初に思い浮かぶのが、コラーゲンという方は多いのではないでしょうか?

コラーゲンは肌にハリを与える効果があり、コラーゲン配合の化粧水やドリンク、サプリメントなど様々な商品を目にしますが、実は摂り方によって肌への効果が違いますし、コラーゲンの種類によってもそうです。

本当に効果のある摂取をするために、まずはコラーゲンについての正しい知識を身につけましょう。

本日は、そのコラーゲンについてあれこれまとめていきたいと思います。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

コラーゲンについてのあれこれ

girl

コラーゲンとは?

コラーゲンとはたんぱく質の一種であり、骨、軟骨、皮膚、角膜など体内の多くの部位に分布し、人の体を構成する重要な成分です。

たんぱく質は、炭水化物脂質と並ぶ、三大栄養素の1つですが、体内にあるたんぱく質のおよそ30%はコラーゲンが占めています。

特に、肌の真皮層の乾燥重量70%をコラーゲン線維が占め、肌の弾力に関わる重要な成分の一つです。

それでは、具体的に、コラーゲンの強靭さ・弾力性は、どのようにして生まれるのか見ていきましょう。

コラーゲンの構造

コラーゲンは、20種類程のアミノ酸がペプチド結合により繋がった「ポリペプチド鎖(α鎖)」がさらに3本、螺旋状に絡み合い、一つの単位として存在しています。

このコラーゲン分子の基本単位をトロポコラーゲンと言います。

そして、その分子同士は、分子の長さの約1/4程(67nm)、規則的にずれ、それぞれの分子間に架橋結合が形成され、全体として線維束を形成しています。

これをコラーゲン細線維と言い、これらが更に集まって、巨大な線維層を形成することにより、コラーゲン線維となります。

コラーゲン線維の強靭さは、このようにして生まれているのです。

さらに、そのアミノ酸組成ですが、グリシンプロリンヒドロキシプロリンアラニンの4種類が約2/3を占め、そのような同じような組成だからこそ、3重螺旋構造は形成することが可能なようです。

そして、このポリペプチド鎖の組成により、28種類のコラーゲンが存在することが確認されています。

しかし、体内のコラーゲンの約80%~90%は、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ型の線維状コラーゲンです。

それぞれ見ていきましょう。

Ⅰ型コラーゲン

骨や皮膚の真皮に多量に含まれ、弾力性や腱などの強靭な組織形成の源になっています。

Ⅱ型コラーゲン

目の硝子体や軟骨に多量に含まれ、水分を取り込み、クッションの様な緩衝作用をもたらします。

また、線維層を形成せず、トロポコラーゲンとして存在しています。

Ⅲ型コラーゲン

目の硝子体や軟骨に多量に含まれ、水分を取り込み、クッションの様な緩衝作用をもたらします。

こちらも線維層を形成せず、トロポコラーゲンとして存在しています。

コラーゲンの肌への役割は?

コラーゲンの働きといったら、真皮層の乾燥重量の70%を占めることから、それが生む、肌の弾力ハリでしょう。

しかし、そのコラーゲンなどを生む源である線維芽細胞が40歳以降、老化による細胞の衰えで、コラーゲンエラスチンなどの線維状タンパク質ヒアルロン酸などの基質の生成がされづらくなることにより、肌の弾力が失われ、シワたるみが目立つようになります。

では、その減っていくコラーゲンを内側・外側からの摂取により、補うことはできるのでしょうか?

次に、具体的な摂取方法とその効果を見ていきましょう。

clock
皮膚の真皮構造〜傷・シミ・しわの再生・回復・修復が難しい理由〜

皮膚組織は、表皮・真皮・皮下組織という3つの層からなります。 きれいな肌を作りたいと思うなら、まず、自分の肌がどのようなもので構成されているかを理解することがとても重要です。 そして、その組織がどうな ...

続きを見る

減ったコラーゲンはどのようにして補うべき?

コラーゲンの摂取方法は、皮膚から摂取する経皮摂取と口から摂取する経口摂取の大きくわけて2つの方法があります。

経皮摂取といえば、よく目にするコラーゲン配合の化粧水を使うことによって、肌表面からコラーゲンを取り込む方法です。

ところが、先ほど述べたとおり、コラーゲンは元々分子量の大きな成分です。

そのため、高分子のコラーゲンを肌につけても、肌の角質層まで浸透できません

ただし、肌表面にとどまり、肌表面を保湿してくれる効果は期待できます。

一方で、分子量が1万以下の低分子コラーゲンを含む一部の化粧水の場合、肌の角質層まで浸透し、肌の内部から保湿することができます。

ですが、いずれの効果も肌の保湿であり、経皮摂取により、肌内部の水分量が増加することはあっても、体内のコラーゲン量が増加することはありません。

それでは、コラーゲン配合のドリンクやサプリメントを口から摂取する経口摂取であれば、体の内側からコラーゲンを取り込み、肌にまで届けることができるのでしょうか?

人間がコラーゲンをはじめとするたんぱく質を口から取り込むと、体内でアミノ酸やペプチドに分解され、吸収されます。

その後、アミノ酸やペプチドはタンパク質に再合成されますが、高分子のコラーゲンの場合、水に溶けにくく、吸収率がとても低いため、口から取り込んだ高分子のコラーゲンが再度コラーゲンとして生成される確率はおよそ0.004%と極めて低いと言われています。

ですが、こちらも同様に、低分子のコラーゲンであれば、体内で分解された後も消化吸収されやすく、再度コラーゲンとして合成される確率が高くなります。

つまり、肌から直接取り込む場合でも、口から取り込む場合でも、分子量の大きいコラーゲンでは体内のコラーゲン量増加にほとんど意味をなさず、低分子のコラーゲンを選ぶ必要があるのです。

しかし、こちらに関しても、肌の保水機能の向上や線維芽細胞のコラーゲン産生の増加による弾力性、シワの改善などの報告はされているようですが、現段階では、体内のコラーゲン自体が増えるというよりも、肌の水分量が増加することの方が多いようで、肌内部のコラーゲン量増加につながるかどうかは医学的にはクエスチョンマークのようです。

参考:経口摂取のコラーゲンペプチドが皮膚に届くことを確認

参考:経口摂取のコラーゲンが損傷した体組織再生に寄与する

このような効果が出ている以上、コラーゲンの摂取も多少は効果のあることかもしれませんが、個人的には、そのコラーゲンを生み出す素となる線維芽細胞の老化を遅らせることが重要だと思います。

具体的には、肌老化の原因である紫外線対策

あと、紫外線にも影響している活性酸素の除去

あとは、その線維芽細胞を生み出す、真皮幹細胞を育てることです。

しかし、この真皮幹細胞を増やしたり、育てるような化粧品は当然、高い(笑)

でも、真皮幹細胞、線維芽細胞を基に、コラーゲンを生み出すという構造を知っていると知っていないでは、肌のケアに対する捉え方が全然違うと思います。

それを知っていれば、当然、それらの細胞を減らさないように心がけることが重要なんだなという考えに至るはずです。

まとめ

というわけで、コラーゲンについてのあれこれでした。

コラーゲンは外側・内側からの摂取も効果があるようで、それも重要なのかもしれませんが、それよりも真皮幹細胞、線維芽細胞を減らさない、老化を抑えることの方がもっと重要だという話でした。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

記事下

記事下

-スキンケア,
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.