夏の行事 季節の行事

【2018年】土用に土いじりは厳禁!?うなぎとの関係は江戸時代?

更新日:

machine
みなさんは「土用」と聞いて、何を連想するでしょうか。

うなぎを思い浮かべる方が多いと思いますが、そもそも土用とは何なのでしょうか。

本日は、そんな土用について、あれこれまとめました!

土用についてのあれこれ

 eel

土用って?

土用とは、五行に由来する暦の雑節のひとつです。

1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつのことをいい、土用の最初の日を「土用の入り」、最終日を「節分」といいます。

中国から日本に伝わった五行とは、森羅万象をという五つの要素から成り立つという考え方です。

五行は季節にもあてはめることができ、木気火気金気水気を割り当てています。

残った土気は季節の変わり目に割り当て、これを「土旺用事」、「土用」と呼びました。



土用の間は、土の気が強くなるとされ、動土・穴掘り等の土を犯す作業や殺生をしてはいけないとされています。

ただし、土用に入る前に着工している場合は土用中も作業を続けることは許されていました。



五行の考え方では、木気植物のように勢いよく成長する様子火気勢いが頂点に達し燃え盛る様子金気熱や勢いが衰え凝縮・固化している様子水気凝縮しきってエネルギーを秘めつつ、静的に留まった様子を表し、これらは四季、太陽、植物などの周期変化の様子をもとに象徴化されています。

土気土の中の種から芽が出る様子から、大きな変化を促し保護する働きと場所の象徴です。

四季にはそれぞれ象徴である木・火・金・水が順当に割り当てられましたが、そのままでは季節が変わる際に性質の異なる気が直接干渉してしまいます。

そのため、現実の季節の移行には現在から次の季節へと移ろうための猶予期間があり、ここで土気が活発に働いているとみたのが土用(土の働き)です。

つまり、土用は決して余分なものではなく、季節と季節の間の緩衝材として働き、一年という季節の巡りを穏やかなものにしているのですね!

土用の丑の日

みなさん、土用と言えば丑の日とセットのイメージが強いのではないでしょうか。

土用の丑の日」とは、先程述べた土用の期間中の丑の日のことです。

「一年の干支(丑年など)と同じように、日にちにも十二支を割り振ります。

そのうちの丑に当たるのが「丑の日」なのです。

土用の丑の日と言えば、一般的に夏の日を思い出しますが、上で説明したように、各季節に一回から二回ずつ丑の日はあります。

土用の18日をそれぞれ一日ずつ十二支で割り振ると巡り合わせによっては、一度の土用に丑の日が二日あることもあります。

そのため、2018年の「土用の丑の日」は7月20日8月1日の二回あります。

鰻が二回も食べられますね!

ちなみに一度の土用に二回の丑の日がある場合、「一の丑」「二の丑」と呼ぶそうです。

土用の丑の日と鰻

さて、夏の「土用の丑の日」には鰻を食べる習慣がありますよね?

日頃は食べなくてもこの日は鰻を食べる!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、なぜ「土用の丑の日」には鰻を食べるのでしょう。

そのルーツは意外にも浅く、江戸時代に遡ります。

時は江戸時代、ある鰻屋が夏は鰻が売れずに困っていました。

それもそのはず、実は鰻の旬は

それまで、夏に鰻を食べる風習は日本にはありませんでした。

困り果てた鰻屋はある男に相談します。

その男とは、エレキテルで有名な発明家「平賀源内」です。

鰻屋から相談を受けた平賀は考えました。

どうすれば旬でない夏に鰻を売ることができるのか。

悩む平賀は「丑の日に『う』から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習があるのを知ります。

ここで平賀は閃きました。

早速、鰻屋に軒先に「今日は丑の日」という貼り紙を出させ、その鰻屋はとても繁盛したそうです。

まとめ

というわけで、土用についてのあれこれでした。

「土用の丑の日」に鰻を食べる風習を作り出したのは平賀源内なのですね!

今年は二度も丑の日がありますが、ニホンウナギの減少とそれによる人気&高値で、食べられるか心配ですね。

うなぎの面白い生態についても記事にしようと思うので、チェックしてみて下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-夏の行事, 季節の行事
-, , ,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.