季節の行事

【2018年】雑節とは?雑節一覧まとめて紹介!!

更新日:

farm
突然ですが、雑節という言葉をご存知ですか?

実は、日本オリジナルの特別な暦のことなんです!

本日は、そんな雑節についての個々の部分ではなく、全体を把握することを重視して、あれこれまとめていきたいと思います。

雑節のあれこれ

nature

雑節ってなに?

日本には、二十四節気五節句といった暦法暦日が存在しますが、これらは中国で考案されたものであるため、中国の気候に則ったものであり、日本の気候にはそぐわないものです。

そこで、日本の季節を正確に表すために考案されたのが”雑節です!

細かな解説は別の記事で行いますが、具体的にどのようなものがあるのかや今年の日にちを簡単にまとめてみました。

節分

setubun
2018年の節分は、2月3日です。

季節の変わり目のことを言いますが、江戸時代以降は特に立春の前日のことを指します。

旧暦では、春から新しい年が始まったため、立春の前日である節分は大晦日にあたる大事な日でもありました。

季節の分かれ目、特に年の分かれ目は邪気が入りやすいとされていたので、さまざまな邪気払い行事が行われきました。

豆まきも新年を迎えるための邪気払い行事です。

節分
節分とは?由来・起源や意味は?なぜ豆まき?実は年に4回ある?

もうすぐ節分です。 お子さんがおられる方々は鬼のお面を被らされ、豆をくらう側でしょうが、ふと、お子さんに、なんで節分には豆をまくの?と聞かれ時、しっかりとわかりやすく答えられますでしょうか? 本日は、 ...

続きを見る

節分
2019年の節分はいつ?豆まきの仕方や食べる数は?日にちがずれるのはなぜ?

今年の節分は、2月3日の土曜日になります。 しかし、この節分は、みなさんがお調べいただいた通り、年によって日にちが若干前後します。 それはなぜなのでしょうか? そのことについて、まとめていきたいと思い ...

続きを見る

節分の鬼の由来や意味とは?鬼の弱点はひいらぎの棘といわしの匂い?

もうすぐ節分です。 節分といえば”鬼”ですが、それは中国的な”鬼”です。 というのも、節分というのが、中国の儺(な)という行事から来ているものだからです。 本日は、中国的な”鬼”と日本的な”鬼”につい ...

続きを見る

恵方巻き
恵方巻きの恵方とは?由来や意味は?2019年の方角・向き・方向は?

もうすぐ節分です。 節分には豆をまいたり、間口に柊鰯を門守として飾ったりする他に、恵方巻きを食べます。 本日は、この恵方巻きについて、まとめていきたいと思います。 節分の起源や豆まきの仕方、鬼の由来や ...

続きを見る

彼岸

ohagi
彼岸は年に2回あり、それぞれ春分秋分を中日とした前後3日間を言います。

なので、今年であれば、3月18日~24日9月20日〜26日です。

中日には先祖に感謝し、残りの6日間には悟りの境地に達するための徳目「六波羅蜜」を納めるともされています。

春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈る日でもあり、それが転じてご先祖様に感謝する日になったとされています。

蓮
お彼岸とはいつ?意味は?彼岸入り〜中日〜明けの期間は何をする?

みなさんはお彼岸についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。 自分はお墓参りと中日の春分、秋分の日が休みであるというイメージしかないのです。 本日は、そのお彼岸の成り立ちや本当の目的について、あれこ ...

続きを見る

おはぎ
お彼岸のお供え物のお菓子おはぎとぼたもちの違いは萩と牡丹が由来?

みなさんはお彼岸に食べるものと言えば、何を思い浮かべるでしょう? ぼたもち?おはぎ? てか、そもそも、ぼたもちとおはぎは何が違うの?と思う方も多いでしょう。 本日は、そんなお彼岸の行事食について、まと ...

続きを見る

社日

spring
これも彼岸同様、にそれぞれあり、春は春社といい3月17日、秋は秋社といい9月23日に行われます

それぞれ、春分・秋分にもっとも近い(つちのえ)の日を指し、春社豊作を祈り秋社収穫を感謝する日です。

もともとは中国の行事で、五行の土行の日である戊の日に豊作を祈願する日で、土地の守護神のことでもある

土地神信仰の強い日本の風土を習合し、重要な農耕儀礼として広まった。

柴犬
社日とは?意味や由来は?2019年の春社・秋社はいつ?

みなさんは”社日”という行事をご存知ですか? 知らない人も多いとは思いますが、日本に伝わる伝統的な行事です。 今回は、そんな”社日”について、あれこれまとめてみました! 社日の意味や由来と2019年の ...

続きを見る


 

八十八夜

rice
今年の八十八夜は、5月2日です。

農作物にとって大敵である霜の被害が発生する時期で、同時に種まきの時期でもあるため、霜によって作物がだめになってしまうのを防ぐため、農家の人達が注意喚起をする日として作られました

また、この日に積んだ茶は上等であるとされ、飲むと長生きをするとも言われています。

月
八十八夜とは?2019年はいつ?意味や由来は?お茶との関係は?

みなさんは、八十八夜という言葉をご存知ですか? 八十八夜は、農業に従事する方にとって、とても重要な、種まきの目安のなる日なのです。 本日は、そんな八十八夜について、あれこれまとめていきたいと思います。 ...

続きを見る

入梅

unbrella
今年の入梅は、6月11日です。

字の通り、梅雨入りを告げる日であり、この日をもとに田植えが行われていた。

もちろん、地域と年によって、梅雨入りの時期は異なりますし、気象衛星が発達した今日ではあまり利用されることがなくなりました。

hydrangea
【2018年】入梅とは?梅雨入りとの違いは?梅雨はなぜ梅の雨?

みなさんは入梅という言葉を知っていますか? 現在で言うところの梅雨入りと呼ばれるものなのですが、今回は雑節の一つである入梅について、あれこれまとめてみました。 入梅についてのあれこれ 入梅と梅雨入り ...

続きを見る

半夏生

hangesyou
今年の半夏生は、7月2日です。

半夏」という薬草が生える頃を指し、また、ハンゲショウという草の葉が半分白くなり化粧をしているようになる頃ともいわれる。

このころに降る雨を半夏雨といい、大雨になることが多い

農家にとって、この日までに畑仕事や田植えを終わらせる目安の日とされていました。

この日は天から毒気が降ると言われており、井戸に蓋をしたりこの日に取った野菜は食べてはいけないとされていました

hangesyou
【2018年】半夏生とは?タコの面白い生態についてもご紹介!!

みなさんは半夏生という言葉をご存じですか? あまり聞き馴染みのない言葉だとは思いますが、これは雑節と呼ばれるものの一つで、昔の人が季節を把握するための指標の一つでした。 本日は、その半夏生についてまと ...

続きを見る

土用

japanese-food
一年のうちの四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間のことを指します

各土用の最初の日土用の入りと言い、最後の日節分という。

夏の土用の丑の日にはウナギを食べる習慣があるのは、とても有名ですね!!

eel
【2018年】土用に土いじりは厳禁!?うなぎとの関係は江戸時代?

みなさんは「土用」と聞いて、何を連想するでしょうか。 うなぎを思い浮かべる方が多いと思いますが、そもそも土用とは何なのでしょうか。 本日は、そんな土用について、あれこれまとめました! 土用についてのあ ...

続きを見る

 


二百十日

typhoon
今年の二百十日は、9月1日です。

立春から210日目であり、台風や強風が多い日であることから「八朔」や「二百二十日」とともに、農家の三大厄日とされている

たびたび小説にも登場し、夏目漱石の『二百十日』では二百十日の荒天と表されている。

 


二百二十日

hurricane
今年の二百二十日は、9月11日です。

立春から220日目であり、統計的には二百十日よりも台風が襲来する日である

これらを参考に、日本の農業に従事していた人たちは種を植えたり作物を収穫したりしていました

現在の日本では農業国家というイメージは以前より小さくなってしまいましたが、現在でも残る行事の多くは昔の農業国家としての日本だからこそ生まれたものです。

cyclone
【2018年】二百十日・二百二十日とは?防災の日とも深い関係が?

みなさんは「二百十日」と「二百二十日」という日をご存じですか? それぞれ、立春から210日、220日後を指しているのですが、なぜ、このような日が設定されているのでしょう。 本日は、そんな「二百十日」と ...

続きを見る

まとめ

というわけで、雑節についてのまとめでした。

雑節は昔の日本人の智慧が詰まったものですので、是非それぞれ目を通してみて下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.