夏の行事 季節の行事 自然 食生活

農家の三大厄日!?八朔の名前の由来や旬・栄養価・食べ方・選び方は?

投稿日:

sea
みなさんは農家の三大厄日を知っていますか?

以前ご紹介した、「二百十日」と「二百二十日」の他にも、もう一つだけ厄日と呼ばれる日があります。

その日は「八朔」と呼ばれます。

えっ?八朔って、あの柑橘類のみかん的なやつじゃないの?

という疑問をお持ちの方も以下の記事を読めば、それらが全て解消されるに違いありません。

そんなわけで本日は、暦日としての八朔果物八朔について、あれこれまとめました!

八朔についてのあれこれ

orange

八朔とは

日本には農家にとっての三大厄日の一つとして「八朔」と呼ばれる日があります

八朔」は八月朔日(新月の日)で、旧暦の8月1日のことです。

ちなみに、朔日は”さくじつ”と読み、月の初め一日(ついたち)を意味します

新暦では8月25日ごろから9月23日ごろにあたります

この頃、早稲の穂が実るので、農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからあり、「田の実の節句」ともいいます

2018年は9月10日です。

室町幕府において既に公式の行事として行われており、当時の関東地方を治める要であった鎌倉府でも8月1日に八朔の儀式が行われ、関東の諸大名や寺社から刀剣や唐物、馬などが鎌倉公方に貢物として献上され、鎌倉公方からも献上者に対して御礼の品となる刀剣や唐物、馬などが与えられていました

厄日としての八朔

この時期になると、台風被害鳥による被害を受けることが多くなります。

そのため、収穫間際の作物に被害が出ないように、「二百十日」や「二百二十日」と並ぶ厄日として伝えられてきました

大事に育ててきた稲が生き物に食べられてしまったり、天災で台無しになってしまうなんて、たまったものではありませんからね!

果物としての「八朔」

みなさんもご存知の通り、「八朔」という名前の果物が存在しますよね。

同じ名前からして、何かしらの関係がありそうです!

八朔はみかんの一種で、厚い皮が特徴です。

江戸時代末期に広島県の因島にあるお寺の境内で偶然発見されたのが、この八朔

その際、発見した住職が「8月1日ごろには食べられる」と言ったことから、この名が付きました。

意外と物事は単純です(笑)

しかし、実際のこの時期の八朔はまだ実が小さく食べるには適していません。

現在は12月~2月ごろに収穫され、その後、冷暗所で熟成させてから出荷されます。

は、2月から3月だそうです。

完熟ものは、3月から4月上旬です。

八朔の原産地は広島の因島で、たった一本の原木から広がりました

強くて丈夫な植物なのですね!!

最も大きな生産地は和歌山県です。

さすが、みかんの一大生産地ですね!

八朔を栽培している農家はもともと通常のみかんを栽培していましたが、より気候に適した八朔が育てられるようになったようです。

八朔は少し苦みがあるのが特徴で、そのほとんどが生食用です。

これは八朔の苦み成分は熱によって変性し、さらに苦みが増すという特徴があるためです。

八朔が発見された因島では、八朔以外にも様々な種類の柑橘類がありました。

その理由として、気候が温暖で柑橘類が育ちやすい環境が整っているほかに、東南アジアまで勢力を広げ、活躍した村上水軍の拠点となっており、遠征先から苗木や果実を持ち帰ったことも考えられます。

島の人々が柑橘類を食べると種と皮が残り、それを捨てていました。

すると、その種から芽が出て成長し、やがて花をつけ、交配を繰り返しながら、雑柑といわれるたくさんの種類の柑橘が生まれたと考えられています。

美味しい八朔の選び方&保存法

色が全体的に万遍なく明るい橙黄色で、茶色い部分が少ないものを選びましょう。

また、ヘタの部分が枯れておらず、綺麗な緑色で、手に持った際にずっしりと重みのあるものを選びましょう。

さらに、皮と実とがピッタリとくっつき、実がぎっしりと詰まった、ハリのあるものを選べば完璧です。

保存法についてですが、八朔は、基本的に、長持ちする果物なので、冷暗所に置いておくだけでも、2〜3週間大丈夫だそうです

冷暗所以外では、ラップに包んで乾燥を防ぎ、冷蔵庫に入れておくのがよいそうです!!

八朔の栄養価と上手な食べ方

八朔は、クエン酸による疲労回復効果ビタミンB群ビタミンCによる美肌効果ビタミンEによる抗酸化作用など、栄養豊富な食べ物です。

また、八朔の苦味成分であるナリンギンは、高脂血症を改善し、動脈硬化を予防アレルギー抑制効果などもあります。

しかし、グレープフルーツ同様、薬で降圧剤を服用の方は、これらの柑橘類に含まれるフラノクマリンという成分がCYP3A4という酵素の働きを阻害してしまい、薬が体内へ多量に取り込まれ、その効果が強く出てしまうため、注意が必要です。

また、八朔は、皮には食物繊維ポリフェノールが含まれています。

他にもオーラブテンには、がん抑制効果があるようなので、オレンジピールやマーマレードなどにして、皮の栄養も捨てずに摂りましょう!!

続いて、食べ方ですが、この八朔がほかの柑橘類と大きく違うのは厚く固い皮を持つことです。

通常のみかんのように手で剥くことは難しいので、包丁を使って上端と下端を切り、食べられる実の部分を残すようにぐるっと側面の皮をそぎ落としましょう。

外側の袋だけでなく、瑞々しい実を包む袋も固いので剥いてみましょう。

そうすれば、さわやかな苦みのある八朔の実を食べることができます。

八朔は少し苦みがあるので、ヨーグルトとよく合います。

剥いた八朔にヨーグルトをかけて食べると、お手軽なスイーツになりますよ!

また、ドレッシングなどにギュッ!!と絞って入れると良いアクセントになりますので、オススメです(・∀・)イイ!!

まとめ

というわけで、今回は行事としての八朔と果物としての八朔についてまとめました!

農家にとっての三大厄日について理解していただけたでしょうか。

果物としての八朔も変わったエピソードがあり、面白かったですね!

八朔は大きく食べごたえがあって、苦味が癖になり、美味しい果物なので、食べたことがない方は、ぜひ食べてみて下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-夏の行事, 季節の行事, 自然, 食生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.