夏の行事 季節の行事

七夕の起源や短冊の色の意味は?飾るのは笹じゃなく竹!?

投稿日:

panda
7月7日といえば、七夕ですね!

七夕というと、笹の葉に願いごとを書いた短冊を吊るしたり、織姫と彦星が一年の中で唯一会うことができる日だったりとロマンチックな印象がありますが、どうして今のような形になったのでしょうか?

本日は、七夕の由来短冊の色の秘密について、あれこれまとめていきたいと思います。

七夕についてのあれこれ

andromeda

そもそも、七夕とは

七夕は、七夕(しちせき)の節句笹の節句とも言います。

日本の年中行事である五節句の一つです。

五節句の発祥の地である中国では古くからこと座ベガ(織姫)とわし座アルタイル(彦星)についての伝説がありました。

ベガ裁縫をつかさどる星アルタイル農耕をつかさどる星であり、この伝説から裁縫が上達するようにという願いを込めて乞巧奠(きこうでん)という行事が生まれました

乞巧奠(きこうでん)と織姫彦星の伝説が中国から日本に伝わり、日本の行事であり乙女が神様に着物を織る棚機(たなばた)と結びついたと考えられています

ちなみに、七夕の節句もほかの五節句と同じく奈良時代に伝わり宮中行事として定着しました。

江戸時代に幕府が式日と制定したことを機に、貴族のみならず庶民の間にも浸透していき、昨今のような国民的な行事になりました

短冊の色

tanzaku
七夕で使われる飾りに短冊がありますが、色によって意味が変わることは、みなさんご存知でしょうか。

実は七夕の風習が日本に伝わった当初は、短冊ではなく、五色の糸が使われていました。

これは、元々七夕裁縫の上達を祈る祭りだったからです。

その後、五色の糸が布に変わり江戸時代に入り、紙の短冊が使われるようになりました。

また、七夕が宮中行事であったころ、貴族が笹の葉に和歌を書いて吊るす風習がありました。

これが、現在まで形を変えて残り、願い事を書いた短冊を吊るすようになったのです。

現在は色とりどりの短冊が使われていますが、正式にはの五色と決まっています。

これは、中国に古くから伝わる五行説の考え方が基になっています。

こいのぼりの吹き流しの色もこの五行説に由来します。

短冊の五色はそれぞれ五行に対応しています。

  • 赤→炎を表す「火行」
  • 青→植物の緑を表す「木行」
  • 黄→台地を表す「土行」
  • 白→金属を表す「金行」
  • 黒→水を表す「水行」

しかし、現在では黒の代わりに紫が使われることが多いです。

紫は黒と近いと考えられており、また、黒は祭事に向いていないこともあり、紫が使われるようになりました。

さらに、短冊の色にはと呼ばれる正しき心構えの意味合い風水的な意味合いがあります。

自分の書いた願い事に合わせて色を選ぶと、願い事がさらに叶いやすくなるかもしれませんね!

ちなみに、色による風水的な意味の違いは以下のようになります。

赤→徳はであり、親や先祖への感謝を表します。

また、決断の色でもあります。

青→徳はであり、自分自身を磨き成長していこうという意味があります。

また、冷静沈着や安心、信頼を表す色でもあります。

黄→徳はであり、人間関係の向上を願います。

また、金運アップの意味合いもあります。

黄色い財布が金運アップに繋がるのもこれから来ているのでしょうね。

白→徳はであり、決まり事を守れるようにと願います。

また、白は人間関係を良くし幸せに導く色でもあります。

黒(紫)→徳はであり、学業向上を願います。

黒(紫)は強い力を発揮する色でもあります。

笹?竹?どっっちを使うの?


「笹の葉さ~らさら~♪」と歌にもあるように、七夕飾りにはを使うイメージが強いですが、本来はを使っていました。

童謡に笹とあるために勘違いする方が多いんですね。

笹は人間の背丈ほどしかなく、成長しても茎にタケノコの時の皮が残っているのが特徴ですが、竹と大きな違いはありません

そのため、家庭で七夕飾りを作る際は小さくて扱いやすいが使われるのです。

では、なぜ竹を使うようになったのかについてですが、七夕の前身となった乞巧奠(きこうでん)と棚機(たなばた)という行事にを使っていたことに由来しています。

さらに、中が空洞になっているため神が宿っているとされており神聖な植物であったため、このような行事に使われるようになりました

七夕といえばねぶた祭!


七夕行事として、代表的なものにねぶた祭があります。

このねぶた祭りは七夕祭りが変化したものだという説があります。

北関東や東北に伝わっていた人形流し精霊送りなどの行事と中国から伝わった七夕祭りが習合し、双方の行事で使われていた道具が灯篭に変化し、現在の人形や扇ねぶたなどに変わったと言われています

ねぶた祭りは身の穢れを海や川に流し無病息災を祈る祭りとして、現在も行われています。

ぜひ一度見てみていですねぇー。

まとめ

というわけで、今回はみなさんおなじみの七夕祭りについてまとめてみました。

ロマンティックなイメージのあった七夕ですが、無病息災や豊作を祈る神聖な行事だったんですね!

みなさんも、今年の七夕はなにかお願いごとをしてみてはいかかでしょうか!

その際は、今日書いた短冊の色の意味を思い出し、願い事が叶うよう最適な色を選んで下さい!!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-夏の行事, 季節の行事
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.