冬の行事 季節の行事 食生活

人日の節句と七草粥の由来とは?材料である春の七草の覚え方は?

更新日:

nanakusagayu
みなさんは人日の節句という行事をご存知ですか?

別名、七草の節句とも言います。

みなさんは、七草粥を食べたことがありますか?

自分は食べたことがないので一度食べてみたいのですが、その七草粥を食べるのが、この人日の節句です。

今回はそんな、人日(七草)の節句について、まとめてみました!

人日の節句の由来や意味と七草粥・七草の覚え方

nanakusa

人日(七草)の節句の由来と歴史

1月7日は、日本には古くから伝わる年中行事である五節句の一つ、人日の節句です。

知らない方のほうが多い(僕は知りませんでした…)と思いますが、七草粥を食べて一年間の無病息災を祈る日といえば、馴染みがあるでしょうか。

人日の節句(1月7日)以外の節句はすべて、桃の節句(3月3日)や端午の節句(5月5日)のように、月と日が同じ数字です。

なぜ、人日の節句が違う数字なのか、それは、五節句が生まれた中国で行われていた風習に由来します。

中国では、元旦から6日まで、それぞれ動物が割り当てられ、それぞれの動物を占うとともに、その日の動物を大切にするという慣習がありました。

元日:鶏 2日:狗 3日:猪 4:羊 5:牛 6:馬 7:人 

そして、7日は人を占う日とし、転じて人日となりました。

この日は、人日ということで刑の執行なども執り行われなかったそうです。

この風習が、平安時代の日本に伝わり「人日の節句」として定着したのです。

なぜ、七草粥を食べるのか?

人日の節句は七草の節句とも言うように、七つの野草と米で作る七草粥を食べる」習慣があります。

ではなぜ、七草粥を食べるようになったのでしょうか。
 
中国の人日の節句には、1月7日に邪気を払い無病息災を祈るために、7種類の野菜を入れたお吸い物などの料理を食べる習慣がありました。

また、日本では「若草摘み」と呼ばれる、年初めに若菜を摘む習慣がありました。

平安時代、中国のお吸い物を食べる習慣と日本の若菜を摘む習慣が習合し、現在のような7つの野草を入れた「七草粥」ができたと言われています。

日本では松の内とも

中国では元旦から7日までを占いをする日としていますが、日本では「松の内」とされています。

松の内という言葉を聞いたことがない人も多くいると思います。

松の内とは、お正月飾りである松植や門松を玄関前に飾る期間のことを言います。

門松には、年神様(毎年、正月に各家庭に豊作や幸せをもたらす神様)が迷わず来られるように目印としての役割があります。

松の内の期間は、地域によって違いはありますが、おおむね7日前後とされています。

この松の内までは、新年のあいさつをすることができます。

とはいえ、7日には仕事が始まっていることも多いので、なかなかむずかしいところですね!

松の内が明けたころに、鏡開きが行われます。

年神様は門松を目印に各家庭にやってこられて、鏡餅に宿って過ごします。

松の内が明けると、年神様も帰ってゆくので、鏡開きが行われるんですね!

春の七草の種類は?

春の七草といえば、七つの食材ですが、どのようなものが知っていますか?

種類は、セリ・ナズナ・ゴキョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロです。

それぞれ体にとても良い効果がありますので、効果をまとめて見ました。

セリ

seri
増血作用がありますので、貧血の方にオススメの食材。

ナズナ

nazuna
解熱や利尿作用、胃腸障害の下痢や便秘に効果があります。

ゴキョウ

gogyou
咳を鎮める、喉の炎症を和らげてくれます。また、整腸作用もあります。

ハコベラ

hakobera
乳汁分泌促進や、歯痛、荘園などの効能があります。

ホトケノザ

hotokenoza
食欲増進に効果があります。また、食物繊維が豊富です。

スズナ

suzuna
消化促進と解毒の効能があります。また、そばかすにも効果があります。

てか、カブっすね!

スズシロ

suzusiro
利尿作用、去痰、咳止めに効果があります。

てか、大根っすね!

春の七草粥レシピ

健康によく、嬉しい効果ばかりの七草です。

七草を使った七草粥の作り方をご紹介します。

まだ作ったことのない方、ぜひ参考にして見てください!

○簡単、フリーズドライの七草を使った春の七草粥

(1)ご飯を沸騰した塩水に入れます。

(2)フリーズドライの春の七草をおかゆに入れ、二、三分煮ると出来上がりです。

○中華風味にした春の七草粥

(1)七草をきちんと洗い一分ほど湯がきます。湯がき終わったら1センチ幅で切っていきます。

(2)鍋に水、鶏がらスープ、干しエビを入れて煮立てます。

(3)鍋に、酒(大さじ1)と塩(ひとつまみ)を入れ、大根やカブ、ご飯を入れます。この時、切り蓋をして弱火で15分煮ます。

(4)コーンと七草を入れて温まったら完成!味がついているおかゆが好きな方におすすめです!

春の七草 7つの薬草を覚えたい!

実は、とっても簡単な覚え方があります!

日本人におなじみのリズムといえば、5・7・5・7・7ですよね!

俳句のように読めば、テンポよく読み上げることができ、覚えるのが簡単です。

せり・なずな

ごぎょう・はこべら

ほとけのざ

すずな・すずしろ

はるのななくさ

このようにすると、リズムで覚えることができます。

これで、明日からあなたもうんちく王!

まとめ

私自身、春の七草の歴史、由来、薬草の種類など、普段ただ食べているだけではわからないことばかりでした。

体にとても良い効能ばかりで、毎年1月の7日には積極的に摂り入れれば、この1年が健康な体で過ごせるような気もしてきますね。

スーパーでは七草セットも販売していますし、フリーズドライの七草もありますので手軽に食べることができますので、もしまだ作ったことがないという方にもぜひおすすめです!

体をいたわり、元気に1年をスタートさせたいですね!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事, 食生活
-, ,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.