顔のシワの原因は?自分で消せるシワの特徴やその具体的な方法は?

更新日:

pug
普段、お肌のケアに気を使っていても、年齢を重ねるごとに、徐々に、シワが目立ってきてしまいます。

基本的に、表皮に出来るシワについては、自分である程度、薄く、目立たなく出来るものですが、それが真皮にまで及ぶと、美容医療のガチな治療でなければ消せないものがほとんどです。

本日は、そんなシワについて、あれこれまとめていきたいと思います。

シワについてのあれこれ

beauty

表皮にできるシワ

縮緬(ちりめん)と呼ばれる、目元口元などの皮膚が薄い場所にできやすく、乾燥が原因でできる比較的薄いシワです。

皮膚の乾燥状態は、皮膚表面に割れなどの跡が残りやすい状態と言え、それが表情による癖なども作用し、シワになるのです

肌の乾燥は、肌のターンオーバーにより、角質細胞内のMNFや角質幹細胞脂質の主成分であるセラミド十分に生成されていないことが原因です。

また、皮脂の分泌が不十分で、肌の水分が皮脂膜の働きが不十分であるために、肌表面から蒸散してしまっていることも考えられます

なので、まずは、自身に備わるそれらの機能がしっかりと働いているのか、ご自身の生活習慣を一度見直してみましょう。

しかし、肌のターンオーバーは加齢によりどんどん長くなってしまい、シミの出来る環境が自然と出来上がってしまうので、それらにはアンチエイジングなどの化粧品で、外から補ってやる必要があります。

それには、肌の成分が具体的にどこでどのように働いているのかを理解する必要があります。

以下の記事などを参考に、ご自身に不足するものを見極め、それにあった化粧品を選びましょう。

watch
肌のターンオーバーとは?周期の正常化が美肌環境をつくる!

肌のターンオーバーをご存知ですか? 肌のターンオーバーは肌表皮の新陳代謝のことなのですが、これがしっかりと行われているかどうかが、美しい肌環境の構築に大きく影響します。 言わば、スキンケアの基本の”き ...

続きを見る

clock
皮膚の真皮構造〜傷・シミ・しわの再生・回復・修復が難しい理由〜

皮膚組織は、表皮・真皮・皮下組織という3つの層からなります。 きれいな肌を作りたいと思うなら、まず、自分の肌がどのようなもので構成されているかを理解することがとても重要です。 そして、その組織がどうな ...

続きを見る

真皮に出来るシワ

真皮とは、表皮の下にある皮膚組織で、この真皮の深くまで及んだ傷やシワを消すことは容易ではありません

というのも、真皮を構成するものの殆どが、コラーゲンなどの線維状タンパク質で、これらは元々、線維芽細胞と呼ばれる細胞から作り出されるものなのですが、表皮のケラチノサイトによるターンオーバーとは違い、コラーゲンなどが分解酵素により分解され、新たに生成されるまで、なんと2〜6年掛かると言われており、例え、若い人であっても、そのシワ回復とシワ生成の速度は、自力ではどうしても逆転し得ないのです

そして、それらを生み出す線維芽細胞は、40歳を過ぎると細胞自体が衰えそれらを作り出す能力がなくなっていきそれ自体の生成が難しくなっていきます

その為、年を重なる毎に、シワは増えていく一方になります。

シワ回復とシワ生成との速さの違いがより一層開いている証拠です。

まぁ、これは避けては通れない、生きていく上で、ある程度どうしようもないことだといえるでしょう。

これが真皮におけるシワたるみ直接的な原因です。

では、しわができていくのを黙ってみているだけなのかと言えば、それは違います。

真皮の線維芽細胞の老化を防止することがなによりもまずなすべきことでしょう

そして、その線維芽細胞の老化を引き起こす一番の要因が紫外線です。

特に、真皮層に影響するとされるUV-Aは一年を通して降り注ぐので、年間を通じたケアが必要です。

さらに、体をサビさせる、活性酸素です。

これらへのケアを怠らず、さらにその上で、その線維芽細胞自体を生み出す真皮幹細胞を増やす育てる様な化粧水などを利用するのが良いでしょう

しかし、これらの化粧品は当然高いですし、シワをどうしても改善したいと思えば、美容医療しかありません。

幹細胞の研究は日々進んでいますので、表皮幹細胞、真皮幹細胞に直接作用し、それらの働きや増産を促すような化粧品が開発されれば、美容医療などに頼らなくても自分でシワ改善が可能な時代が来るかもしれませんね!!

まとめ

というわけで、顔のシワについてのあれこれでした。

まず、生活習慣を見直し、自身に備わる能力がフルに働いているのかを確認しましょう。

その上で、化粧品などで自分の弱点を補ってあげましょう。

それが自身でわからないのであれば、皮膚科や美容医院の専門家の力を借りるのが最善だと私は思います。

これは高い治療を受けろと言うわけではなく、専門家のアドバイスを取り入れ、自分が今どのような状態なのかを知り、自身に活かすという意味の力を借りるです。

町医者として、皮膚科の信頼できるかかりつけ医を一つ見つけておくのが良いでしょう。

それがこんなサイトなどを見るよりも現実的で、シワ改善だけでなく、肌全体のケアによっぽど役立つと思いますし、確実です。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.