紫外線・日焼け

日焼け止めの顔・体への正しい塗り方・塗る順番・塗り直し・落とし方

更新日:

pier
紫外線が強くなると、その対策として日焼け止めを塗ることが多くなります

しかし、その日焼け止めは、しっかり塗れていないと、部分日焼けをおこし、それがシミシワなどの肌老化の原因となります。

紫外線による光老化は、肌老化の主原因とされています。

そうならないためにも、日焼け止めの効果を最大限に発揮するためにも、きちんとした日焼け止めの使い方をを知っておきましょう。

そんなわけで本日は、日焼け止めの塗り方・塗る順番・塗り直し・落とし方の正しいやり方について、あれこれまとめていきます。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

日焼け止めの正しい使い方

surf

日焼け止めを塗る順番

意外と迷ってしまうのが、日焼け止めをどのタイミングで塗ったらよいのかです。

男性であれば、化粧水の後に塗ればいいだけの話ですが、女性は化粧があるので、迷います。

化粧の前?それとも化粧の後?それとも途中?

答えは、化粧の前

具体的には、洗顔後、化粧水で肌の保湿をし、肌を整えた後の化粧下地を塗る前です。

というのも、化粧下地は化粧のノリを良くするための土台ですので、その後に日焼け止めを塗るとその土台が揺らぎ、化粧ノリが悪くなるためです。

オススメなのは、BBクリームUV乳液など、ファンデーションとの馴染みがよく、化粧下地の二重の役割を兼ねるものは、忙しい朝などは楽チンです。

もちろん、日焼け止めの種類(テクスチャー)によっても、その順番は変わります。

パウダータイプに関しては、当然、化粧の後に塗るのが適切です。

紫外線は、季節によって強さが違いますし、夏場であれば、パウダータイプなどは汗により取れやすいです。

環境に順応した、適材適所な選び方をしましょう。

では、次は塗り方についてです。

日焼け止めの塗り方

まず、日焼け止めによっては肌が乾燥しやすくなるものもあるので、化粧水は念入りに塗っておいてください。

次に、日焼け止めの量については、基本的に、日焼け止めの使用説明に適量が記載されている場合はそれに従ってください。

一般的には、日焼け止めの適量は1㎠あたり2㎎とされています。

日本人女性の平均的な顔の面積から、顔全体に塗るのに必要な量を算出すると800~900㎎となります。

手に出したとき大体500円玉大くらいの量です。

ちょっと多いかな?と思う量だと思いますが、細かいところまで丁寧に塗ったり、重ね付けをしていくとちょうどいい量となっています。

高い日焼け止めを使っている人にとってはちょっとケチってしまいそうになりますが、これが適量ですので、減らすという選択肢はないです。

そして、これを2回に分けて塗ります

鼻、おでこ、頬、あごへとちょんちょんとのせていき、顔の中心から外に向かって伸ばしていきます。

その際、決して肌をこするようにして伸ばしてはいけません。

肌の表面で摩擦を発生させてはいけないのです。

これは、洗顔の時も同様です。

では、どうやって伸ばすしていくのかというと、肌を軽く叩くようにして少しずつ伸ばしていきます。

こうすることにより、直接肌をこすって伸ばすよりも、肌表面の凹凸に合わせて、満遍なく塗ることができます。

叩くといっても、パンパン叩いてはいけません。

摩擦同様、それも肌への刺激になりますので、あくまでも、肌になじませることを意識して、肌を押さえるように行うのが良いでしょう。

これは、日焼け止めに限らず、顔に塗る薬や他のものにも同様ですので、覚えておいてください。

そして、2回目は1回目のムラがなくなるよう、小鼻の際や口の端など塗りにくい場所を重点的に意識しながら塗って下さい。

手に残った日焼け止めももったいないですから、首などになじませると良いでしょう。

以上のことをまとめておきます。

1:顔に塗る量の半分の日焼け止めを手に取ります。

2:おでこ、右ほお、左ほお、鼻、あごに乗せます。

3:なるべく内側から外側へ向かうように、かつ擦らず叩き広げるように塗っていきます。

4:もう半分の量を手に取り、同じように重ね付けしていきます。小鼻の際や口の端など塗りにくい場所もこの時にきちんと塗ります。

KOSEの動画がありましたので、上に書いたことと併せて、参考にしてみて下さい。

日焼けは顔だけじゃない!!

beach
焼けて欲しくないのは顔だけではありませんよね。

以下の部位にも忘れずに日焼け止めを塗りましょう。

デコルテ

暖かい季節ほどデコルテの開いた服をよく着ますので、襟の形に焼けてしまわないように塗っておきましょう。

光の差し込む角度によっては襟の形より少し広めに焼けますので、少し大げさかな? くらい広めにしっかり塗っておいてください。

耳や首、その後ろ

暑い時期ほど髪を上げてうなじを出す人が多いのではないでしょうか。

日差しは後ろからも降り注ぐものですから、首の後ろや首の付け根や耳までしっかり塗りましょう。

特に耳は髪を下ろしている人でもよく焼けてしまう場所ですので気を付けましょう。

手や足、指

パンプスの足の甲やサンダルから露出した足の指、すねやふくらはぎにも当然日焼け止めを塗りましょう。

うっかり塗り忘れてサンダルの紐の形に足が日焼けしてしまったことがある人も多いのではないでしょうか。

また、腕までは塗ったのに手の甲や指に塗るのを忘れてはいませんか? 

歩いているとき、手の甲は外側を向いており紫外線が直撃します。

車の運転をする人は嫌でも手に日光が当たっているのを感じるでしょう。

唇には保湿用のクリームやグロスを塗ると思いますが、紫外線の強い時期はUVカット機能のあるものを選びましょう。

唇も日焼けします。

その上、皮膚の薄い場所なのでダメージを強く受けやすいです。

UVカット機能のないものは保湿成分によっては日焼けしやすくなるものもありますので、気を付けて選んでください。

日焼け止めの塗り直し

まず、日焼け止めの塗り直しが必要かどうかですが、塗り直しは必要です!!

最近では落ちにくいものも販売されていますが、人の皮膚は常にターンオーバーを繰り返しているものですし、汗や皮脂は常に分泌されています。

よって、ものにもよりますが大体2~3時間毎の塗り直しが必要とされています。

しかし、塗り直すといっても、いつどのタイミングが良いのでしょう。

また、化粧の上に塗るとなると化粧崩れが気になります。

具体的に見ていきましょう。

塗り直すタイミング

pocket-watch
これは、紫外線の強さに着目すると分かりやすいです。

紫外線は、10時から14時、特に12時〜14時の間に強まります。

なので、ちょうどお昼の時間帯に塗り直すのがベストなタイミングと言えるでしょう。

また、外にいる時間、汗の量など、それに加えてご自身の使う日焼け止めの能力と合わせて、一日に1〜2回塗り直すようにしましょう。

日焼け止めの塗り直し方

とにかく最初に皮脂を拭き取ることが大事です

拭き取りには拭き取り化粧水や、メイク直し用のシートなどが便利です。

全部塗り直す方法

時間がある場合に限られますが、確実にUV効果を持続させることができます。

1:クレンジングミルクなどをコットンに含ませ、汗や皮脂ごとベースメイクを全部落とします。ポイントメイクはそのままでもOKです。

2:乳液で肌をなめらかに整えます。

3:日焼け止めを塗ります。

4:化粧下地を塗り、ファンデーションを塗ります。

5:ヨレたポイントメイクを直します。

UV効果のあるファンデーションを使用している場合

1:ティッシュやコットンなどで汗や皮脂を拭き取ります。ファンデーションが取れてしまっても大丈夫なので、ヨレたファンデーションごと取り去ってしまいましょう。

2:乾燥しがちな人は乳液で残ったファンデーションを浮かせるようにすると、保湿と化粧落としが同時にできます。

3:UV効果のあるファンデーションを上から重ねます。落とした部分と重ねた部分の境目をきれいになじませてください。

4:部分直しをして完成です。

ミルクタイプやクリームタイプの下地代わりに使える日焼け止めを使用している場合

1:ティッシュやコットンなどで汗や皮脂を拭き取ります。

2:パフやスポンジに日焼け止めを馴染ませ、よれたファンデーションを溶かして拭き取るように日焼け止めを乗せていきます。

3:上からファンデーションを塗り直します。その他ポイントメイクなども直して仕上げます。

日焼け止めパウダーを使用する方法

1:ティッシュやコットンなどで汗や皮脂を拭き取ります。なるべく擦らずにポンポンと抑えるようにしてください。

2:ヨレたファンデーションを直し、上からパウダーをはたきます。

スプレータイプの日焼け止めを使用する場合

1:ティッシュやコットンなどで汗や皮脂を拭き取ります。

2:いつも通りに化粧直しをします。

3:直したあと、スプレータイプの日焼け止めをまんべんなく振りかけて仕上げです。

塗り直しの観点から見ると、スプレータイプは非常に楽ちんですね。

また、背中や髪など届きにくい場所にも塗ることができるのが利点です。

その代わり、ムラができやすいことと、使い切った後のゴミの処理が少々面倒なのが欠点です。

好みで選んでみてください。

ちなみに、飲むタイプの日焼け止めもあります。

これは一日に1~2回飲むだけですので塗り直しは必要ありません。

体の塗り直し

体の塗り直しも同じく、最初に皮脂を拭き取ってから塗り直してください

指先や関節の裏、耳の裏など塗り忘れやすい部分に気を付けてください。

また、髪にはスプレータイプが便利だったり、部分によって使いやすい日焼け止めのタイプが違います。

部分別に日焼け止めを分けて持つのもよいかもしれませんね。

それでは、次は日焼け止めの落とし方について、見ていきましょう。

日焼け止めは意識して落とした方がいい?

woman
日焼け止めはいつも通りに洗い流したつもりでも肌に残りやすく、最近ではウォータープルーフのものなど少々濡らしたくらいでは落ちないものもあるので、尚更よく洗い流した方がよいです。

日焼け止めが肌に残ると、界面活性剤によって肌のバリア機能が失われ乾燥しやすくなったり、紫外線吸収剤で(アレルギーのある方などは特に)肌がダメージを受けたり、日焼け止めの油分やそれが酸化したものを毛穴に詰まったままにしたせいで、ニキビができたりします。

そもそも、お肌の構成成分とは違うものを塗っているので、日焼け止め自体がすでに肌に悪いというのがまずあります。

しかし、日焼け止めを塗ったときと塗らなかった時の相対的な肌への影響は、日焼け止めを塗った時の方が小さいので、紫外線から肌を守ってくれることを考えると、それは多少目を瞑らなければならない要素になりますね。

なので、しっかりとそれを落としてやる必要があるのです。

加えて、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまう人は、紫外線吸収剤合成化学薬品の使われていないものを選ぶのも重要ですが、落とす際の肌への負担のことまで考えて選ばなければなりません。

日焼け止めを落とすクレンジングが負担になってしまい、肌を悪くしてしまうケースはとても多いですからね。

それでは、具体的な落とし方を見ていきましょう。

顔の日焼け止めの落とし方

soap
顔に塗る日焼け止めも種類は様々です。

よって、落とし方も日焼け止めに合わせて様々な方法があります。

お湯で流せるタイプ

お湯で洗い流せるタイプの日焼け止めはそれを謳い文句にしていることが多いので、パッケージを見るとそう書いてあるでしょう。

このタイプは確かにお湯で洗い流せます。

ですが、汗や皮脂までも一緒にお湯で流せるとは考えられないので、このタイプの日焼け止めを使用している時も通常と同じように石鹸や洗顔フォームを使用して顔を洗った方がよいです。

洗顔料や石鹸で落とせるタイプ

洗顔料や石鹸で落とせる」と書いていなくても、「クレンジング不要」などと書かれているものもこれに該当します。

洗顔料、石鹸で顔を洗う時のように洗い流せます。

ただし、この日焼け止めを単体で使用した時のみのことなので、日焼け止めの上に化粧などした際は使った化粧品の落とし方の指示に従って下さい。

分からない場合はクレンジングをした方がいいです。

クレンジング料で落とすタイプ

クレンジング料で落とせる」「専用クレンジング不要」などと書かれているものが該当します。

おそらく一番多いタイプです。

面倒に思えますが、女性の場合は特に上から化粧をしている場合が多いので、化粧と一緒に洗い落とせるという点では便利です。

クレンジング料は使用した化粧品やご自身の皮膚の状態などから選んでも大丈夫ですが、落ちにくいことを謳い文句にしている日焼け止めは、クレンジング石鹸やクレンジングミルクなどの落とす力が弱いものだと落としきれない可能性があります。

専用クレンジング料が必要なタイプ

日焼け止め専用のクレンジング料が必要なタイプもあります。

パッケージに書かれていると思いますので確認してみてください。

もし指定のクレンジング料が必要とあれば、別途購入が必要になるでしょう。

体の日焼け止めの落とし方

顔の日焼け止めの落とし方とほとんど同じです。

つまり、クレンジングの必要な日焼け止めを使用した場合、体にもクレンジングが必要です。

面倒ですが、顔に使ってイマイチだったクレンジング料などを再利用するなどして上手く落として下さい。

顔はクレンジングが必要な日焼け止めを使用するが、体はお風呂で一度に洗えるように石鹸で落とせるものにするなど、部位別に日焼け止めを使い分けると楽ですね。

これは落ちてる?落ちてない?

brush
上の一連の作業をし、それでもまだ、膜が張る感じ水を弾く、所々白い部分が残っているようであれば、それは日焼け止めがまだ残っています。

特に、絶対に焼かない!!などと謳っている日焼け止めは、ウォータプルーフなどの耐水性で落としづらく、SPF・PAが強い物が多いので、このようなことが起こりやすいです。

しかし、そのようなSPF50+などの最強の日焼け止めが必要になるような環境は日本には存在しないと言われています。

加えて、SPF30以上では、その紫外線遮蔽能力に対して差がないそうです。

さらにさらに、日焼け止めはその値に関係なく、汗や皮脂、摩擦などで薄れてしまい、ムラができてしまうため、2〜3時間に一度は塗り直しが必要であるという点においても、必ずしもSPF・PAの最強を塗る必要性はないのです。

殆どの方が、塗り直すのが面倒だから、朝に最強を塗っておしまいという感じではないでしょうか。

強い日焼け止めを使って、肌荒れに困っている人は、まずそれが自分の環境に適した数値のものなのかをもう一度考え直してみて下さい。

また、基本的に、日焼け止めは化粧の下に塗りますから、化粧品が蓋をしてしまう、またはそれらが混ざってしまう為、落ちないということも考えられます。

その場合は、使っている化粧品を変えるか、クレンジング剤を変えるかを考えなくてはいけません。

注意したいこと

日焼け止めのSPFPAはどちらも「日焼け止めの落ちにくさ」を表示したものではありませんし、日焼け止めの落ちにくさとは関係ありません。

よって、SPFやPAが高いからしっかり落とす、逆にSPFやPAが低いから石鹸だけで大丈夫、などということはありません

焼けにくい」ことを謳う日焼け止めは、より日焼け止め効果を高くするためにSPF値もPA値も高く、更に汗や皮脂で落ちにくくしているものが多く、「皮膚にやさしい」ことを謳う日焼け止めは皮膚への刺激を少なくするためにSPF値もPA値も控えめで、お湯や石鹸などで簡単に落とせるものが多いというだけです。

もちろん、SPF値もPA値も高いのに落としやすい日焼け止め、またその逆の製品もあります。

日焼け止めの落とし方はSPF値やPA値ではなくパッケージなどに記載されている落とし方に従うようにしてください

まとめ

というわけで、日焼け止めの塗り方・塗る順番・塗り直し・落とし方の正しいやり方についてのあれこれでした。

紫外線対策は一年を通してしなくてはならず、そして、その紫外線には種類があり、一年を通して、それぞれ強い時期・弱い時期があります。

それぞれの環境にあった、適切なケアが出来るようになりましょう。

そして、人によって皮膚の強さや性質はさまざまですが、日焼け止めはきちんと洗い流さないと日に焼けるより悲惨な肌トラブルを引き起こしかねません。

そうでなくても汗や皮脂で皮膚が汚れやすい時期ですので、使用方法を守って正しく使い、正しく落として使いましょう。

そして、その日焼け止めを落とすことが肌への負担になることも考えて、選ぶようにして下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.