zelogos

〜ちょっとした暇つぶしやお役に立てれば幸いです〜

未分類

日焼けした肌を最短ですぐに治す方法!日焼け後72時間のケアが明暗を分ける!

更新日:

child
あなたのお肌はどうですか?

この夏でだいぶ日に焼けてしまった・・・ここまで黒くなってしまったら元のお肌の色に戻すのはもう無理だろうな・・・と諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、諦めるのはまだ早い!

実は最短で綺麗な白いお肌に戻す方法があるのです。

気軽に行えますので、ぜひお試しください。

そんなわけでこの記事では、シミにならない日焼けの正しいアフターケアについて、まとめたいと思います。

woman
【まとめ】シミ関連記事一覧

シミ シミの原因 ・色素細胞メラノサイトと紫外線〜メラニン生成メカニズムとシミ〜 ・シミが加齢で増えていく原因は?シミ予防メラニン生成を抑えるには? シミの種類と対策 ・顔のシミの種類と特徴〜肌のシミ ...

続きを見る

肌が黒くなる日焼けサンタン

uv-a.uv-b
まず、なぜ日焼けによって肌が黒くなるのかを見ていきましょう。

日焼けは2種類あり、赤くなるサンバーンと黒くなるサンタンです。

さらに、黒くなるサンタンには、すぐに黒くなるものと少し経った後に黒くなる2パターンあります。

赤くなるサンバーンの仕組みや対処方法について知りたい場合は、こちらの記事に詳しく書いておりますので、参考にしてみてください。

woman
ヒリヒリ痛い!赤い日焼けサンバーンのアフターケアは冷やす&保湿!

真夏の灼熱の太陽の下でキャンプや海水浴、夏はアウトドアを楽しむ季節ですよね。 楽しみすぎて、気づくとお肌がだいぶ日焼けをしていて赤くヒリヒリ・・・なんてこともありがち。 他にも、何気ない生活の中で、つ ...

続きを見る

サンタン(遅延型黒化反応)

まず、肌にメラニンの防御能力以上の紫外線が照射されると、表皮細胞(ケラチノサイト)の遺伝子(DNA)が傷つきます。

すると、その傷を修復するか、修復不可能な場合はアポトーシス(細胞死)へと誘導されます。

しかし、その過程で、炎症を引き起こす遺伝子が反応してしまい、細胞から多数の炎症誘発因子が放出され、基底層のすぐ下にある真皮層の毛細血管が拡張し、血流量が増え、赤く炎症が起こります。

これが赤くなる日焼けサンバーンです。

そして、その日焼けが開始されてから12〜24時間後にメラニンが生成され初め、最大で72時間程続きます。

そのメラニンがターンオーバーにより、肌の上層に登ってくることで肌が黒くなることがサンタン(遅延型黒化反応)です。

サンタン(即時型黒化反応)

一方、すでに肌にあるメラニンが紫外線UVAにより、ユーメラニン(黒色)へと酸化されることで、すぐに肌が黒くなることがサンタン(即時型黒化反応)です。

日焼けで肌が黒くなりやすい人ってどんな人?

日焼けにより肌が黒くなりやすい人の特徴は、元々ユーメラニン(黒色メラニン)が多い、肌が黒い〜赤い人です。

メラニンは、ユーメラニン(黒色)とフェオメラニン(赤褐色)の2種類があり、フェオメラニンが多いと肌は白くなります。

肌が黒くて嫌だなぁ〜と思っている人もいるかと思いますが、嫌なことばかりではありません。

というのも、それぞれのメラニンには対照的な性質があります。

それは、ユーメラニンは活性酸素を吸収するのに対し、フェオメラニンは活性酸素を放出するという特徴です。

これが黒人に皮膚ガンが少ない・白人に皮膚ガンが多いとされる大きな要因のひとつで、肌の黒い人は、何もしなくても紫外線に対する防御能力が元々高いのです。

日本人はユーメラニンとフェオメラニンの混合タイプであるため、高いといっても紫外線対策は必須ですが。

一方、肌の白い人は、元々ある紫外線に対する防御能力が低いため、紫外線対策を怠るとすぐに細胞核にダメージが及んでしまい、肌がすぐに赤くなってしまうというわけです。

そして、ユーメラニンの生成量も少ないため、赤くなるだけで黒くならないのですね。

そのため、肌が白い人は紫外線対策を特に万全にしなくてはなりません。

日焼けで黒くなった状態は時すでに遅し!?

残念ながら、日焼けで肌が黒くなった状態は、炎症が沈静化した後、つまり、メラノサイトからケラチノサイトへのメラニンを含んだメラノソームが移送され、細胞核の上層部にメラニンキャップができ、それにより肌が黒くなっている状態なので、こうなってしまうと実はできることはあまりありません。

そのため、今現在の黒い肌状態を白い肌に戻したい!と言うことは、シミを消したい!と言っていることと大して変わりありません。

もちろん、できてしまったシミよりも改善は容易で、メラニンを含んだ角質が排出されれば、元の肌状態に戻ります。

なので、日焼けにより黒くなった肌を元の状態に戻したいのであれば、シミ改善と同じようなケアをすることになります。

具体的には、黒色メラニンを前駆体に還元するような美白化粧品の使用や、ターンオーバーを促し、メラニンを排出を促すようなケアです。

日焼けで黒くなった肌を元に戻す方法

woman

ターンオーバーの正常化!

肌の黒い日焼けは、表皮細胞にメラニンが蓄積している状態ですので、そのメラニンを含んだ肌細胞を垢として排出する事で、本来の肌状態に戻ります。

一般的に、肌のターンオーバーは若い人でも最短28日ほどなので、日焼けが起こってから早くてもそのぐらいの日数はどうしてもかかってしまいます。

しかし、日焼けにより細胞が傷つく影響に加え、それ自体がシグナルとなり、表皮細胞の増殖=ターンオーバーの促進が起こり、その早すぎるターンオーバーもセラミドやNMFなどの脂質の不足した細胞を生み出すことになるため、日焼け後の肌は1、2ヶ月乾燥・敏感肌状態が続きます。

日焼け後はターンオーバーを促進!とよく言われますが、意識しなくても、肌はすでにそのような状態になっていますし、促進させたとしても、それは未熟な細胞を生み出すことになり、それらの細胞群が角質層を形成した肌状態は炎症を起こしやすい状態ですので、炎症が起こればメラノサイトへの刺激が増加し、メラニン生成を増加させ、結果的に肌の黒い状態を長引かせることになりますので、日焼けのダメージにより促進へと傾いた、また紫外線自体のダメージの影響による脂質不足を補うことを徹底することが最も重要なことだと思います。

日焼け直後の赤い状態であるならば、メラニンは日焼けが開始された12〜24時間後に生成され初め、最大で72時間程続きますので、その炎症を早期に鎮静化させればさせるほどメラノサイトへの信号が減り、メラニン生成を食い止めることになります。

そして、炎症を鎮静化した後は、細胞核に傷がついたり、核が消失している細胞が含まれている、さらに、それ自体によりターンオーバーが促進に傾くことで起こる肌内部の乾燥・敏感肌状態を改善することに全力を尽くすべきです。

その点を考慮して、特に意識してもらいたいことは以下です。

保湿を重点的に行う!特にセラミド!

上に書いた通り、紫外線により傷ついた細胞があり、促進に傾いたターンオーバーにより生成されるNMFやセラミドの量は不足し、それらの影響で肌内部が乾燥状態になる、それはつまり肌のバリア機能が破綻していることを意味します。

そのため、その破綻したバリア機能をサポートする成分を配合した化粧品を使用しましょう。

具体的には、肌内部の保湿の80%担うとされる細胞間脂質の主成分であるセラミドが特におすすめです。

なお、炎症を起こしやすいという点で、アラントインやグリチルリチン酸ジカリウムなど抗炎症作用のある成分が含まれているものを選ぶとなお良いです。

さらに、抗炎症作用だけでなく、美白効果もあるトラネキサム酸は特におすすめです。

肌細胞回復に必要な栄養を補給&良質な睡眠!

まず、細胞生成の根本、細胞自体を活性化させるエネルギーを生み出すTCAサイクルを回すことです。

この回路を回すためには、補酵素としてビタミンB群、ミネラル群が必要不可欠です。

もちろん、エネルギーの素、脂質、炭水化物は言わずもがな。

そして、その細胞自体を作り出すのに必要なのがタンパク質で、タンパク質、脂質、炭水化物は三大栄養素です。

また、ビタミンA・ビタミンC、リコピン、β–カロテンは、抗酸化作用により、紫外線により増加した活性酸素を無毒化します。

そして、それらの栄養素は肌にしっかりと届かなくては意味がないので、隅々まで届けるためには、血行を良くする必要があり、それには鉄やビタミンEが重要です。

また、睡眠もとても重要で、入眠3時間に成長ホルモンが大量に分泌されるため、この時間に深い睡眠をとることが肌細胞回復に重要です。

ホルモンバランスの乱れは血流を悪くするため、ターンオーバーを乱す要因です。

※注意※

→ソラレンが含まれる食べ物、ソラレンには光毒性があります。グレープフルーツ、レモン、シソ、きゅうり、セロリ、柑橘系の皮などは日中に摂取するとシミができやすいと言われています。朝ご飯で摂取することはなるべく控えましょう。

紫外線対策の徹底!

これも肌のバリア機能絡みで、日焼け後は外部刺激に敏感であり、特に紫外線曝露は厳禁です。

敏感肌では日焼け止め自体でも肌荒れを引き起こしやすい状態であるため、敏感肌用のものや飲む日焼け止めを使用し、日焼け止め以外の日焼け対策グッズなども上手に活用し、紫外線から肌を守りましょう。

以上をまとめると、紫外線による肌のダメージにより失った肌本来の機能を体の外側・内側から補い、その間の外部刺激、特に紫外線には徹底した対策を講じるという、至って普通のことですね。

次に、オプションとして、シミを改善する美白成分についてまとめます。

肌を白くする美白成分

spot
メラニン生成過程は、ある刺激によりケラチノサイトがメラノサイトへメラニン生成の信号を送り、それを受け取ったメラノサイトがその内部に存在するメラノソームという細胞小器官内でアミノ酸であるチロシンを出発物質とし、酵素チロシナーゼによる酸化・重合を経て、黒色メラニンが生成されます。

美白化粧品に含まれる美白成分は、これらのメラニン生成過程に横槍を入れ、抑制・阻害することになります。

いわば、自らに備わる肌の防御機能を逆手にとることで得られるもので、効果の高いものはそれ相応の代償もあります。

メラニン生成過程を抑制・阻害するものは以下のものです。

①:メラノサイトへの情報伝達物質の抑制・阻害

②:酵素チロシナーゼの活性抑制

③:酵素チロシナーゼのチロシン酸化・重合体への結合阻害

④:メラノサイトからケラチノサイトへのメラノソーム移送阻害

⑤:メラニンを前駆体に還元

⑥:メラニン排出促進

など、上に書いたメラニン生成過程を邪魔することで、メラニン生成を抑えるというものです。

①:メラノサイトへの情報伝達物質の阻害

ケラチノサイトに紫外線が照射されると炎症誘発物質が放出され、それ自体が自身を刺激し、エンドセリンを分泌します。

そして、このエンドセリンがメラノサイト色素細胞表面のレセプターに結合することで、メラノサイトが活性化されます。

このエンドセリンによる活性化を抑える有効成分として、カモミラET(カミツレエキス)があります。

なお、このレセプターの活性(感受性・適合性)を抑制することでもシミを防げるようです。

また、血栓を溶解させる作用を持つ蛋白質分解酵素プラスミンは、肌荒れと密接な関係にあり、肌荒れを起こした肌に多く散見され、そのプラスミンもメラノサイトを活性化させる情報伝達物質のひとつです。

有効成分として、トラネキサム酸、TXCがあり、これらがプラスミンや前駆体のプラスミノーゲンと結合することで働きを抑制します。

他にも、ホルモンがメラノサイトを刺激することは有名で、妊娠によるシミ、肝斑の出現はホルモンバランスの乱れの影響が大きいと言われています。

②:酵素チロシナーゼの活性抑制

チロシナーゼの働き自体を抑えることで、チロシンからドーパ、ドーパキノンへの酸化・重合反応を抑えるのです。

チロシナーゼの酸化・重合反応には銅が不可欠で、その銅原子を奪うことで働きを抑えるのがコウジ酸、エラグ酸です。

チロシナーゼはタンパク質で、それ自体分解してしまうことで働きを抑えるのがリノール酸・リノール酸Sです。

そして、チロシナーゼの成熟・分化を抑制するのがマグノリグナンです。

他にも、プラセンタエキス、4MSK、油溶性甘草エキスなどもチロシナーゼ活性抑制効果があるとされている美白成分です。

③:酵素チロシナーゼのチロシン酸化・重合体への結合阻害

チロシンにチロシナーゼが結合することでドーパ、ドーパキノンへと酸化・重合していきますが、そのチロシナーゼが結合するところに、構造の類似した物質が結合してしまうことで、ドーパ、ドーパキノンへの酸化・重合反応を阻害するものです。

有効成分としては、ハイドロキノン、アルブチン、ルシノールです。

また、ビタミンCの還元性が、ドーパ、ドーパキノンへの酸化反応を抑制します。

④:メラノサイトからケラチノサイトへのメラノソーム移送阻害

酸化・重合を経て成熟したメラニンを含んだメラノソーム顆粒をケラチノサイトへとメラノサイトの樹状突起を経由して運搬されますが、それを阻害するのがニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)です。

⑤:メラニンを前駆体に還元

今あるシミ(メラニン色素沈着)を前駆体に還元することで改善する効果があるのが、ハイドロキノンとビタミンCです。

特に、ハイドロキノンは、メラノソームを分解、メラノサイトを抑制(破壊!?)して色素細胞自体を作らなくさせる効果があると言われ、まさに肌の漂白剤です。

ハイドロキノンは濃度5%で、動物実験において発ガン性が指摘されているようです。

その刺激性を弱めたものがアルブチンで、ハイドロキノンにブドウ糖を付加させた誘導体ですが、効果が弱い(=刺激が弱い)ため、すでにあるシミにはあまり効果がないようです。

⑥:メラニン排出促進

これは基本的にはメラニンに作用させるものではなく、ターンオーバーを正常化、もしくは促進に傾けることでメラニン顆粒を含んだ皮膚の排出を促すものです。

中には、プラセンタエキスのように、シミにも効果がありながら、代謝も促すものもあります。

エナジーシグナルAMPは基底細胞を活性化させ、代謝を活発化させる働きがあります。

また、メラニンは凝集性があり、その部位ではケラチノサイトの細胞分裂能力が落ち、それが色素沈着の原因の一つとされ、その部位にトレチノイン(ビタミンA誘導体)を塗り、その部分のターンオーバーを促進させ、表皮奥のメラニン排出を促し、同時にハイドロキノンでチロシナーゼ&メラノサイトを抑制させることでシミを改善させるという治療法が薬剤を用いた最強のシミ治療です。笑

なんだか、やばそう笑笑

以上が、基本的なシミに効く美白成分になります。

一般的な化粧品には、チロシナーゼを抑制・阻害するものが多いです。

そして、すでにあるシミに効果があるのがハイドロキノン、ビタミンC誘導体です。

ハイドロキノンは気になるシミにピンポイントで使うようなものですので、私たちがお手軽に使えるものはビタミンC誘導体ぐらいですかね。

しかし、シミを薄くするとなったらビタミンC誘導体の濃度も高いものが要求されるため、日焼け後の敏感肌に使えるかと言ったら、個人的にはやめた方がいいと思いますね。

なので、前項のターンオーバーの正常化!に書いたことを徹底するだけで良いと思います。

紫外線のダメージはすでに受けてしまったので、それを修復することに全力を尽くし、さらなる紫外線によるダメージを抑えることを徹底し、これ以上メラノサイトを刺激させないように努めましょう。

また、日焼けは日焼け直後の炎症を早期に鎮静化することがメラノサイトへの情報伝達物質の信号を減らすことにつながるため、日焼け後72時間以内のアフターケアが超重要です。

そのため、美白化粧品を塗るよりも、抗炎症作用のあるようなものが適切なのです。

しかし、そもそもそのような刺激から肌を守ることが最も重要なことで、ダメージが肌に及んでいること自体が肌にとって大きなマイナスであり、皮膚ガンのリスクを高めます。

紫外線は肌老化の主原因とされていますので、紫外線対策は一年を通じて万全にしましょう。

日焼け後の肌に嬉しい成分配合のおすすめ化粧品

アヤナス ローション コンセントレート

〜公式〜

【アイテム訴求・「ヒト型ナノセラミド」配合・美容液】アヤナストライアルセット

Amazon・楽天・yahoo!

POLAの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から、大ヒット・敏感肌用エイジングケアシリーズ「ayanasu(アヤナス)」のご紹介です。

敏感肌向けなので、日焼け後の肌には嬉しいですね!

人体が持つセラミドと全く同じ構造のヒト型セラミドを、通常の1/20のナノサイズにしてカプセル化することで、通常のセラミドの4倍もの浸透力を達成。

肌に浸透するとそのカプセルがほぐれ、1つ1つのセラミドが乱れたセラミド配列にぴったりと適合し、保湿効果をサポートします。

<商品内容>

・濃密美容液 ローション(20ml)

・ 糖化ケア美容液 (10g)

・ハリアップクリーム (9g)

・目元用アイクリーム (1回分)

1480円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

【アイテム訴求・化粧水】アヤナストライアルセット

老けて見える気がする…そんな貴方へ<<アヤナス>>トライアルセット2,700円→送料無料1,480円

サエル ホワイトニング ローション クリアリスト

〜公式〜

美白訴求

Amazon・楽天・yahoo!

こちらも同ブランドから、ストレスによるシミのメカニズムに着目した成分を配合したローションです。

グリチルリチン酸ジカリウムとトラネキサム酸を配合し、日焼け後の肌にはもってこいの成分です。

なお、美容液にはアルブチンとトラネキサム酸が配合され、シミやくすみのお肌トラブルに効果があります。

天然の乳化剤仕様でお肌への負担が少ないのが特徴です。

<商品内容>

・薬用美白化粧水 20ml

・薬用美白美容液 10ml

・薬用美白クリーム 9g

・CCクリーム 一回分

1,480円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

【美白が効きにくい方へ】サエルトライアルセット

潤い美白ケア<サエル>>10日間トライアルセット送料無料1,480円

まとめ

というわけで、シミにならない日焼け後のアフターケアについてでした。

まずは、自分の日焼けの症状を確認し、痛みを伴うほどのものならば冷やすことがまず肝心で、次に保湿。

しかし、何よりも日焼けをしない紫外線への対策が何よりも重要ですので、日焼け止めや日焼け防止グッズなどを上手に利用して、紫外線を防ぎましょう。

なお、最後に化粧品をご紹介しましたが、肌が火照っている場合、化粧品を冷やして使用する方もおられるかもしれませんが、その場合、一度冷やしたものを再度常温で使用することは化粧品の劣化から肌トラブルを招きかねませんので、一度冷やしたら最後まで冷蔵庫保存で使い切りましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

紫外線 紫外線の種類と影響 ・紫外線UVA・UVB・UVCの波長の違いが生む肌への影響と対策! ・紫外線UVAの波長の長さがもたらす皮膚の真皮の老化とは?対策は? ・紫外線UVBは表皮細胞の遺伝子DN ...

続きを見る

記事下

記事下

-未分類
-

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.