紫外線・日焼け

色白の人が日焼けで肌が赤い状態は危険?赤い・黒い日焼けの違いは?

更新日:

palm-trees
紫外線を受けた肌の反応で肌が黒くなる人赤くなる人がいます。

この違いはどうして生まれるのでしょう?

本日は、このような違いがどうして生まれ実際肌では何が起こっているのかについてまとめていきたいと思います。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

日焼けで赤くなる人・黒くなる人

woman

肌の色とメラニン

肌の色は2種類のメラニンのバランスにより決まります。

その2種類のメラニンとは、黒色ユーメラニン橙赤色フェオメラニンです。

ユーメラニンが多いと肌は黒くなり、フェオメラニンが多いと肌は白くなります。

黄色人種の日本人は、これらが混じった混合型で、フェオメラニンが多い人は肌が白く、ユーメラニンが多い人は肌が黒いのです。

そして、そのメラニンを生成するのが、色素細胞と言われるメラノサイトです。

肌表皮の基底層に存在するメラノサイト自体の量は人間個体間で差はなく、メラノサイトが生成するメラニンの種類が生まれつき異なることにより、その人の肌の色となるのです。

肌の色と日焼け

そして、紫外線への防御反応として、これらのメラニンは対照的な反応を示します。

具体的には、ユーメラニン活性酸素を吸収するのに対し、フェオメラニン活性酸素を発生させます

これが白人に皮膚がんが多い要因のひとつとされています。

つまり、肌の白い人は、ユーメラニンの量が少ないため、そもそも体に備わる紫外線に対する防御機能が弱いため、強い紫外線を浴びるとすぐにサンバーンと呼ばれる日焼けを引き起こしやすいのです。

サンバーンという日焼けは、紫外線UVBによって、肌表皮の胚芽層(基底層+有棘層)の細胞の核(DNA)が傷つくことにより起こるものです。

これは、DNAがUVBの波長帯(280〜315nm)に吸収極大を持つためです。

逆に、肌の黒い人は、自然の日焼け止め(ユーメラニン)が多いため、何もしなくても紫外線に対する防御機能が働き、さらに、紫外線UVAの酸化作用により、メラニンの黒色化が進み、即時型の日焼け、サンタンを起こすのです。

つまり、紫外線を浴びて肌が赤くなる人と黒くなる人の違いは、こちらも対照的で、肌が赤くなる人はメラニンの防御能力を超えた紫外線の照射によりDNAが傷つき、サンバーンと呼ばれる日焼けを起こしており、肌が黒くなる人は、肌にスタンバイしていたメラニンが反応し、更に防御機能を高め、紫外線から肌を守る防御態勢となっているのです。

これが、肌が赤くなりやすい人、肌が黒くなりやすい人の違いになります。

すぐ赤くなる人は紫外線対策を入念に!!

簡単に言うと、肌の黒い人は日焼け止めを塗った状態、肌の白い人は日焼け止めを塗っていない状態です。

それで紫外線の強い環境に出れば、サンバーンの赤い日焼けを起こすのは、言ってみれば当然のことです。

なので、紫外線対策は誰しも必要なことですが、肌の白い人はそのようなことを頭に入れ、特に紫外線対策は入念にしましょう。

まとめ

というわけで、紫外線によって、肌が赤くなる人と黒くなる人の違いについてでした。

メラニンは肌を黒くして、シミの原因という美肌の大敵みたいに思われていますが、本来はそんなことはなく、肌を守ってくれる重要な存在であり、肌のターンオーバーによって、しっかり代謝もされます。

白く、美しい肌には誰しも憧れるもので、肌が白ければなぁー。。。と思う人の気持ちもわかりますが、その分ユーメラニンの恩恵を自分は得ているのだ!!!ということも忘れないで下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.