紫外線・日焼け

紫外線吸収剤不使用ノンケミカル日焼け止めの危惧されている悪い影響

更新日:

bokeh
日焼け止めの成分は大きく分けて2種類あり、紫外線散乱剤紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤不使用のノンケミカルの日焼け止めは肌に良いと言われますが、肌の成分とは違うものを塗っている以上、多少の影響は当然あります。

この記事では、紫外線散乱剤の危惧されている悪い影響にスポットを当て、あれこれまとめていきたいと思います。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

紫外線散乱剤について

sunscreen

紫外線散乱剤の特徴

紫外線散乱剤とは、その名の通り、紫外線を無機化合物の持つ高い屈折率を利用した散乱・反射作用により、肌への透過を防ぎます。

紫外線吸収剤とは違い、有機化合物を含まないノンケミカルで、肌への影響が小さいと言われています。

主な構成成分は、酸化チタン・酸化亜鉛・酸化セリウム・酸化鉄などがありますが、紫外線遮蔽性能と同時に透明性も求められることから、その条件に合うものとして、一般的に酸化チタン酸化亜鉛が使用されています。

また、紫外線散乱剤の含まれる日焼け止めの特性についてですが、酸化チタン、酸化亜鉛それぞれUVA・UVBを散乱・反射・吸収するのに効果的な粒子の大きさが存在し、そのバランスを調整することにより、幅広い波長帯の光を遮断するのに適しています。

しかし、酸化チタン、酸化亜鉛は白色の粉末で、透明性の低いものは白浮きが目立ちます。

また、表面がツルツルしているため吸着性が低く、剥がれやすい、ムラができやすいので、こまめな塗り直しが必要です。

また、皮脂に吸着するため、それが乾燥を引き起こすこともあります。

ここからは、紫外線散乱剤で、肌に悪いのではないかと危惧されていることを一部紹介します。

紫外線散乱剤に使われる粒子のナノ化

ナノ化は表面積が増えるという点で紫外線散乱・反射作用、透明性において大きな恩恵がありますが、粒子のナノ化により、肌表面の隙間を透過できるようになり、それが肌内部に蓄積することによる影響が危惧されています

現状、研究があまり進んでおらず、肌への影響についてはクエスチョンマークで、ナノ化の記載も特に義務付けられてはいません。

紫外線散乱剤の光触媒効果による活性酸素の発生

酸化チタンなどは光触媒としても利用されているように、酸化チタンが紫外線を受けると、その影響でエネルギー・反応性の高い、不安定な状態となり、他の物質を還元させる能力を持つようになります。

しかし、電気的に中性であったものが相手を還元させると電子の欠けた状態となり、同時にそれは相手を酸化させる能力をも持つ事になります(正孔)。

また、酸化チタンは水との親和性に富むことから、水を酸化させ、これが活性酸素を生みます。

活性酸素は肌表面の脂質を酸化させたり、メラニン生成を促し、これらはシミを作る原因となります。

しかし、これは、金属表面をアルミなどでコーティングすることにより活性酸素の発生を防いだ日焼け止めなども出ていますね。

まとめ

というわけで、紫外線散乱剤についてでした。

ナノ化と光触媒作用による活性酸素の発生の影響について書きましたが、現状、少なくとも紫外線吸収剤よりかは肌への害は少ない事は確かなようです。

研究が進み、肌への危険性の信憑性が高まれば、いずれ上のことも記載が義務化されるかもしれないですね。

肌に優しい日焼け止めを使っている人は、このようなことも選ぶ際のプラスポイントとして認識しておいて下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.