紫外線・日焼け

紫外線吸収剤がニキビ・肌荒れなど肌へ害である理由は?主な成分は?

更新日:

maldives
日焼け止めの成分は大きく分けて2種類あり、紫外線散乱剤紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤を多く含んだ日焼け止めは、肌への影響が大きく、であるとしばしば言われます。

それはなぜなのでしょう?

本日は、紫外線吸収剤にスポットを当て、あれこれまとめていきたいと思います。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

紫外線吸収剤について

woman

紫外線吸収剤の特徴

紫外線吸収剤は、日焼け止めに含まれる有機化合物が紫外線を吸収し、熱などのエネルギーへと変換されることにより、肌への透過を防いでいます

具体的には、物質毎に吸収しやすい紫外線の波長帯があり、それに応じて紫外線を取り込み、励起状態という高エネルギー状態になります。

そして、その分のエネルギーを熱として放出することにより、再び基底状態に戻るを繰り返すことにより、紫外線が肌へ透過するのを防いでいるのです。

しかし、化学反応の進行により構造が壊れ、励起状態から構造の変質や分解により、このサイクルに戻らなくなります。

これが所謂、日焼け止めが薄くなるという現象です。

また、どの波長の光を吸収しやすいかどうかは、物質によって様々です。

紫外線吸収剤の主な成分は以下です。

・メトキシケイヒ酸オクチル

・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル

・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

・オクチルトリアゾン

・パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシルなど

例えば、日焼け止め剤で最も使用されるメトキシケイ酸オクチルはUVB波長帯に吸収極大を持ち、紫外線による光劣化の少ないジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルはUVA波長帯に吸収極大を持つなど様々で、これに加え、有機化合物の組み合わせにより得られる付加機能による相乗効果などもあり、日焼け止めはとても奥が深いです。

日焼け止めが、今や無限と思われるほどに数多く出ているのも納得ですね。

次に、紫外線吸収剤が含まれる日焼け止めの特性ですが、紫外線散乱剤の成分とは違い密着性透明性に富み、白浮きしづらく、汗などでも流れにくいです。

しかし、それが仇となり、落とすのに苦労するので、それがどうしても肌への負担となってしまいます。

つまり、紫外線吸収剤を構成する有機化合物と、化学反応の繰り返しにより変質した成分、そして、肌表面での化学反応と、落とす際の肌への負担により、紫外線吸収剤の日焼け止めは肌トラブルを引き起こしやすいということになりますね。

まとめ

というわけで、紫外線吸収剤についてでした。

肌を構成する成分や皮脂などとは違う成分のものを塗っているので、日焼け止め自体が少なからず肌に影響があるのは当然と言えるでしょう。

それにプラスして、肌表面で化学反応が起こることが肌に悪いとよく言われますよね。

ノンケミカルなどを選ぶなどしてある程度日焼け止め自体が与える影響を排除し、さらに、日焼け止めのテクスチャーと自分の肌との相性、落とす際の肌への負担と、それらを総合的に考えて、日焼け止めは選ばなければいけないんですね。

今は紫外線吸収剤をカプセルに包み、直接肌に触れないようにするものも出ているそうです。

色々と調べてみて、自分に合う日焼け止めを見つけて下さい!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.