国民の祝日 季節の行事 春の行事

こいのぼりの歌の歌詞にお母さんがいない理由や意味とは?幻の三番?

更新日:

balloon
この時期になると、5月5日の子どもの日に向けて鯉のぼりを出している家が多くなります。

風にたなびく鯉のぼりを眺めていると、つい「こいのぼり」の歌を口ずさんでしまうこともあるのではないでしょうか?

実は、この「こいのぼり」の歌、2種類があるのです。

一つずつ見ていきましょう。

2種類のこいのぼりの歌について

carp-pattern

童謡「こいのぼり」


「鯉のぼりの歌」と聞いて、一番に思い浮かぶのはこちらだと思います。

こちらの歌は昭和初期に初めて紹介されており、作詞者は童謡「チューリップ」でも有名な近藤宮子さん。

作曲者は不明となっています。

以下が一番の歌詞です。

〜1番〜
やねより たかい こいのぼり
おおきい まごいは おとうさん
ちいさい ひごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる

「おおきい まごい」は、そのまま「大きい真鯉」のことで、一番上の黒い鯉を指しています。

真鯉は、江戸時代に鯉のぼりができ普及した頃からずっといるもので、特に歴史が長いものです。

「おとうさん」のイメージにも合っていますね。

しかし、「ちいさい ひごい」は真鯉の下にいる赤い鯉、緋鯉のことです。

緋鯉は「おかあさん」で、その下の小さな鯉が「こどもたち」だと思っていた人が多いのではないでしょうか?

「おかあさん」がいないのは、そもそもこどもの日=端午の節句が男の子の健康と成長を祈るものであることと、この歌の発表当時の昭和初期、まだ家父長制が根強く残っていたことが関係しているようです。

戦後になってから緋鯉を「おかあさん」と見るようになり、1964年の東京オリンピック以降はカラフルな五輪カラーが好まれ、各家庭の家族構成に合わせて緑や黄色の子鯉が下に並ぶようになりました。

先述の近藤宮子さんによって作られた歌詞は一番のみです。

二番以降の歌詞は時代とともに作詞者不明で付け加えられていきました。

〜2番〜
みどりの 風に さそわれて
ひらひら はためく ふきながし
くるくる まわる かざぐるま
おもしろそうに およいでる

以上が「おかあさんが登場しない方の二番歌詞」です。

「おかあさんが登場する二番歌詞」も存在します。

〜幻の2番〜
やねより たかい こいのぼり
おおきい ひごいは おかあさん
ちいさい まごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる

こちらの歌詞は昭和57年に「しょうがくせいのおんがく1」という教科書に掲載されました。

その後、更に近年になって、三番が付け加えられています。

〜3番〜
五がつの かぜに こいのぼり
めだまを ピカピカ ひからせて
おびれを くるくる おどらせて
あかるい そらを およいでる

唱歌「鯉のぼり」


以上の童謡「こいのぼり」が誕生するより前の大正2年「尋常小学唱歌 五学年用」に「唱歌 鯉のぼり」が掲載されていました。

こちらの作詞者は不明なのですが、作曲者は弘田龍太郎さんとされています。

以下が歌詞です。

〜1番〜
甍(いらか)の波と 雲の波
重なる波の 中空(なかぞら)を
橘かおる 朝風に
高く泳ぐや 鯉のぼり

〜2番〜
開ける広き 其の口に
舟をも呑まん 様見えて
ゆたかに振(ふる)う 尾鰭には
物に動ぜぬ姿あり

〜3番〜
百瀬(ももせ)の滝を 登りなば
忽ち竜に なりぬべき
わが身に似よや 男子(おのこご)と
空に躍るや 鯉のぼり

〜現代風訳〜
かわら屋根(いらか)と雲が波のようだ
その重なる空の中ほどを
橘の香る朝の風に吹かれて
鯉のぼりが高く泳いでいる

開いたその大きな口は
舟をも飲みこんでしまいそうだ
ゆったりと尾ひれを振っている姿には
物に動じぬ様子が表れている

たくさんの浅く流れの早い瀬を登り切ったとき
たちまち龍へと変じるだろう
「そんな私のようになれ、男子たちよ」と
鯉のぼりは空に身を躍らせている

まとめ

というわけで、2種類のこいのぼりの歌についてでした。

いかがだったでしょうか。「唱歌 鯉のぼり」の方はご存じない方も多かったのではと思います。

かたや平穏な家庭から見たのどかな景色の中の鯉のぼり、かたや力強さを強調し男の子の成長を強く望むような鯉のぼり、どちらもこどもの日にふさわしい歌ですね。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-国民の祝日, 季節の行事, 春の行事
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.