紫外線・日焼け

日焼け後の紫外線対策としてシミにならない効果大な食べ物・栄養素

更新日:

sea
日焼け対策には日焼け止めやサングラスといった直接紫外線を予防するほかに、食事から日焼け対策をすることで、より効果的に日焼けから身体を守ることができます。

今回は栄養面からの日焼け対策についてご紹介します。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

食べ物・栄養素からの日焼け・紫外線対策

person

日焼けに効く栄養成分

日焼けといえば、紫外線です。

紫外線からのダメージに対して効果的に働いてくれる栄養素は、主にビタミンCビタミンEβカロテンリコピン亜鉛アミノ酸オメガ3脂肪酸です。

それぞれの効果について見ていきましょう。

ビタミンC

broccoli
美容に効果的な代表栄養素であるビタミンCは、活性酸素を抑制する抗酸化作用をもっています

紫外線を受けた肌は防衛反応として活性酸素を生成します。

この活性酸素によって肌を紫外線から守るためにメラニンが生成されるのですが、このメラニンは色素沈着し、シミやそばかすの原因になってしまいます。

そこでビタミンCを摂取することにより、抗酸化作用によってメラニンの生成を抑制しメラニン色素を薄くしてくれる働きもあります。

また、紫外線によってダメージを受けたコラーゲンの生成を助ける働きがあり、肌のみずみずしさや弾力を守ってくれます

ビタミンCを多く含む食べ物としては、イチゴキウイブロッコリーパプリカなどがあげられます。

ビタミンE

seed
ビタミンE強い抗酸化作用があることが知られています

活性酸素は細胞間にある脂質を酸化し過酸化脂質へと変化させます。

これは老化につながり、しわの原因にもなります。

ビタミンE抗酸化作用によって活性酸素を抑制することにより老化を防ぎます

また、血行をよくし、肌に充分な栄養をととけらるようになることで、ターンオーバーを正常に行えるよう助けます

ターンオーバーが正常に行われればメラニンの排出もでき、シミやそばかすの予防もできます

ビタミンEナッツ類に多く含まれています。

βカロテン

carrots
ニンジンの代表的な栄養素です。

βカロテン必要に応じて体内でビタミンAへと変換され、私たちの身体の免疫力を高めてくれるので皮膚や粘膜の保護を行います

そのほかβカロテンにも抗酸化作用があり、チロシナーゼと呼ばれるメラニン生成酵素の働きを抑制してくれます。

βカロテンニンジンカボチャホウレン草に多く含まれています。

リコピン

tomatoes
リコピンといえばトマトの赤色色素ですが、実は強い抗酸化作用があり、チロシナーゼの生成を抑えてシミやそばかすを予防してくれます。

リコピントマトのほかにグレープフルーツスイカなどに含まれています。

亜鉛

kaki
亜鉛新陳代謝を活発にして皮膚の入れ替わりをスムーズにすることでメラニンの沈着を防いでくれます

魚介類レバーささ身などに多く含まれています。

アミノ酸

milk-can
アミノ酸肌に紫外線が侵入するのを防ぎ、メラニンの生成も抑える効果があります

アミノ酸肉類牛乳に多く含まれています。

オメガ3脂肪酸

salmon
オメガ3脂肪酸抗酸化力が強く、日焼けによる痛みや炎症を緩和してくれます

魚類に多く含まれており、サバイワシなどに多く含まれています。

まとめ

というわけで、内側からの光老化対策についてでした。

肌に大切な栄養素は主に抗酸化作用のあるものと、肌再生に関わるものになりますね。

上記を参考に食事に摂り入れてみてください。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.