夏の花 自然

紫陽花の色別の花言葉や種類は?色の付き方や漢字の由来も面白い!

更新日:

hydrangea
春も終わりに近づき、雨がしとしとと降り出すと紫陽花が咲き始め、暗く湿った空気の中色鮮やかな花が心を癒してくれますよね。

そんな6月の花の代名詞、紫陽花とは、どんな花なのでしょうか。

この記事では、紫陽花の花の種類紫陽花の色別の花言葉、他にも色の付き方や名前の由来などについても解説します。

紫陽花の花

hydrangea

紫陽花とは

hydrangea
開花する時期は6月から7月にかけてです。

色はなどです。

中間色を取った青紫、赤紫などの紫陽花も見かけますね。

花の部分が毬のように球形に咲いているものは改良種で、あの花のように見える部分は実は装飾花です。

真花中央付近にある小さい花で、あの大きな花のように見える部分は発達した「(がく)」なのですね。

上の写真の中央に隠れている小さな花がそうです。

紫陽花を見る機会がありましたら、是非覗いて見てみて下さい!!

原産地は日本です。

しかし、ヨーロッパやアメリカなどでも観賞用として栽培されており、ヨーロッパで品種改良されたものはセイヨウアジサイと呼ばれます。

花の色が様々に変わることから、「七変化」「八仙花」の異名を持ちます。

紫陽花の数え方は「一朶」「二朶」です。

「朶」は「だ」と読みます。

「あじさい」という名前

語源ははっきりとはわかっていません。

しかし、『万葉集』(日本最古の和歌集)では「味狭藍」、「安治佐為」、『和名類聚抄』(平安時代の辞典)では「阿豆佐為」と当て字をされて書かれていました。

もっとも有力な説とされているのは、「集真藍」(あづさい)という、「藍色が集まったもの」という意味の言葉が訛ったものです。

そのほか、「」(「味がある」「味な趣向」などの「味」)は評価、「狭藍」は花の色を示している味狭藍」が語源とする説、「集まって咲くもの」が語源とする説、「厚咲き」が転じたものとする説など様々な説があります。

日本語の漢字表記では「紫陽花」なのですが、この名前は唐の詩人・白居易が付けたものです。

しかし、本来は紫陽花に付けた名前ではなく、おそらくはライラックに付けたもので、平安時代の学者・源順がこの漢字を宛てたことから間違って広まりました。

つまり誤訳だということです。

ドイツの医者・博物学者であるシーボルトは、自著の中で花全体が装飾花になる紫陽花(上述の毬のような形になる紫陽花のことです)にHydrangea otaksa Siebold et Zuccariniと名前を付け、その中の「otaksa」については「原産国である日本ではこの花が『オタクサ』と呼ばれているから」と説明をしました。

しかし、牧野富太郎が調査したところ、日本国内であじさいが「オタクサ」などと呼ばれていることが確認できなかったため、シーボルトが自身の愛妾・楠本滝(お滝さん)の名を潜ませたとして牧野はシーボルトを強く批判しました。

しかし、自身も後に発見した新種の笹に自らの妻の名前を取り「スエコザサ」と名付けています。

シーボルトによって付けられた名前は、結局認められませんでした。

シーボルトが名付けるより前にH. macrophylla (Thunberg) Seringe var. macrophyllaと名付けられた花があり、植物学上これのシノニム(同一種)とされたからです。

紫陽花の色

紫陽花の花の色は、生えている土壌のpHに左右されます

一般に「酸性ならばアルカリ性ならば」になると言われています。

赤い紫陽花を青色にしたければ、土壌に酸性の肥料を撒いたりアルミニウムを含むミョウバンを与えるとよいでしょう。

しかし、同じ株なのに部分によって花の色が違うこともあります。

それは、根から吸収され送られてくるアルミニウムの量に差があるためです。

また、品種によっては遺伝的に花が青色にならないものもあります。

さらに、花が老化すると青い紫陽花も品種に関わらず赤くなっていきます。

紫陽花の花言葉

紫陽花全体:「一家団欒」「家族の結びつき」「移り気」「浮気」「あなたは美しいが冷淡」「高慢」「無情

原種のガクアジサイのみ:「謙虚

花が寄り集まって咲くことから、家族愛を連想させるようです。

ガクアジサイの「謙虚」は本当の花が小さく控えめに咲いていることからでしょう。

マイナスイメージの「移り気」「浮気」などは、よく色が変わることから、「あなたは美しいが冷淡」「高慢」「無情」などは、青や藍色の美しい寒色のイメージからきています。

白い紫陽花:「寛容」

hydrangea

青い紫陽花:「忍耐強い愛」

hydrangea

桃色の紫陽花:「元気な女性」

hydrangea
色によって変わる紫陽花の花言葉が上記です。

母の日に紫陽花を贈る場合、この花言葉から桃色のものが好まれています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

何気なく道に咲いている紫陽花も、メカニズムや命名の背景を知ると見る目が少し変わりますね。

一年のうち花を楽しめる期間が短い紫陽花です。

花を見に少し外へ出てみても楽しく過ごせるかもしれませんね。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-夏の花, 自然,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.