夏の行事 季節の行事 生活

ジューンブライドが幸せになれるとされる西洋由来の言い伝えとは?

更新日:

couple
6月に結婚式を挙げると幸せになれる」という「ジューンブライド」の言い伝え、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

でも、なぜ6月なのか? その由来はどこから? 日本では実際どうなの? などなど、疑問がある方もいらっしゃることでしょう。

この記事では、ジューンブライドが幸せになれるとされる西洋由来の言い伝えについて、調査した結果をまとめました。

ジューンブライド

people

ジューンブライドの由来

その呼び名からしてそうですが、元々は欧米の文化です。

その由来には諸説ありますので、一つ一つ紹介していきます。

1:ギリシャ神話説

greece
6月の語源はギリシャ神話のヘラ(ローマ名ではユノ、英語読みでジュノー)から来ています。

ヘラは全知全能の神ゼウスの妻であり、家庭や女性、子どもなど結婚生活をつかさどる守護神であることから、6月と結びつけられて6月に結婚するとヘラの守護を受けられる」→「6月に結婚すると幸せになれるとなった説です。

2:結婚解禁説

agiculture
実際には、ジューンブライドの生まれたヨーロッパではカトリック教徒が多く、ギリシャ神話やローマ神話の神々は異教であり、そんな神々が人々の生活に影響を与えるほどの言い伝えになるとは考えられないと言われています。

そこで浮上するのが、「6月に結婚が解禁されたから説」です。

昔、ヨーロッパでは農作業の繁忙期である3月から5月の結婚を禁じていました。

結婚式を行うと他の家からも人手が減りますからね。

そうして繁忙期を終えた6月に結婚が解禁となります。

3月以降に結婚の意思を固めたカップルは早く6月が来ないかと楽しみにしていたらしく、当時の6月は結婚ラッシュが起きていたそうです。

3:天候によるもの説

nature
ものすごく単純なのですが、ヨーロッパでは一年のうち6月が一番雨が少なく気温が過ごしやすくなります。

結婚式に雨は降って欲しくないものですよね。

だから6月、というわけです。

日本でのジューンブライド

ヨーロッパの言い伝えであるジューンブライドですが、では日本ではどうでしょうか。

皆さまもご存じの通り、日本の6月は梅雨の時期に当たります。

上述のジューンブライドの起源諸説のうち「天候によるもの説」の正反対になりますね。

よって、今でも6月は然程結婚式を挙げるカップルが多いとは言えません。(11月が一番多いそうですよ)

1967年頃にブライダル業界で、「売上の少ない6月にどうにか結婚式をする人を増やそう」ということでヨーロッパの結婚事情を調べ、企業戦略として「6月に結婚した花嫁は幸せになれる」とジューンブライドを広めたのが日本での始まりとされています。

では日本ではジューンブライドは意味を成さないのか? というと、そんなことはありません。

ジューンブライドに憧れを持ち、6月に結婚したい方も多くいると思います。

以下に、日本で6月に結婚するメリットを挙げておきます。

1:料金が安い

sale
上で述べた通り、6月は結婚式を挙げるカップルが少ない方なので料金が安く済むことが多いです。

予約も少ないため、おおむね好きな日に式を挙げられるでしょう。

式や披露宴にお金を多くかけるより、その後の結婚生活にお金をかけたい」というカップルにも、6月に多く予約を入れたいブライダル業界にもいいことづくしです。

2:暑くも寒くもない

cute
真夏より涼しく、真冬のように寒くもなく雪も降りません。かつ、ドレスを着る女性にも肌寒くなく、和装する人にとっても不快な季節ではありません。

ということで、着る服に困らない季節なのです。

3:雨が降ってもいい

woman
実は、フランスには「雨の日の結婚式は幸せをもたらす」ということわざがあります。

結婚式に雨が降るということは、これから夫婦になる二人が生涯で流す涙を神様が代わりに流してくれているのだと考えられているためです。雨が降っても縁起がいいと捉えることができますね。

最近の結婚式場は設備が発達しており、全天候に対応できるようになっているところも少なくありません。

そういうところを選ぶのも一つの手ですね。

4:新婚旅行にうってつけ

water
上述の通り、ヨーロッパでは地理的に6月の天候がよい傾向にあります。

かつ、夏休みシーズンの前でもあります。

結婚式の後すぐに新婚旅行を計画している場合、6月のヨーロッパを選ぶと渡航費用に然程困らず楽しめるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ジューンブライド、言葉だけは浸透していても由来についてや実際の結婚事情については初耳の方も多かったのではないでしょうか。

ちなみに、ジューンブライドに憧れがあるけど式や披露宴で雨が降るのは……と考えているカップルの中には、式や披露宴を雨の降らない季節に行い、入籍(婚姻届を出す日)を6月にする方もいるそうですよ。

こだわる人もこだわらない人も、幸せな結婚ができるといいですね。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-夏の行事, 季節の行事, 生活
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.