どろあわわ PC記事上

どろあわわ

冬の行事 季節の行事 生活

おみくじの順番・意味一覧!結ぶ or 持ち帰る?処分方法は?

更新日:

fortune
お正月の初詣で恒例の「おみくじ」ですが、毎年どのように引かれていますか。

大吉狙いだけで、書かれてある内容はちょっと見ただけ・・・。

それでは、せっかく初詣で神社に参ったのに、もったいないですね。

この記事では、おみくじの内容と意味を中心に、くじの優劣を喜ぶだけじゃなく、凶でも今年1年の指標になることをお話します。

あと神社ごとに、おみくじの順番に関する話や確率など、実際に初詣に行かれたときに役立つ情報を掲載しています。

おみくじの順番や意味・結び方

fortune

おみくじの意味と由来

おみくじは古来より、ときの権力者の後継者や国の政策を選ぶときに、神様のお告げを聞くための道具として用いた”くじ”が由来とされています。

おみくじが、初めて用いられた時期は平安時代、現代のおみくじの原型となったとされる”元三大師みくじ”が始まりだったとされます。

このおみくじを考案したのは元三慈恵大師良源上人(912~985)で、真如堂(天台宗)から悠久の時をへて全国へ伝わり、各地の神社でおみくじが引かれています。

そして、その僧の書いた『元三大師御籤』では、大吉・吉・凶が80%、それ以外は好きに設定してよいと書かれており、その為、寺社により、そのおみくじの数が様々だったりするのですね。

一般的なおみくじは7段階のおみくじが多いですね。。

大吉>>中吉>小吉>末吉>>大凶

多いところでは、12種類あったりしますね。

大吉>>中吉>小吉>半吉>末吉>末小吉>>半凶>末凶>大凶

お正月の初詣に、おみくじされる由来

さきほど古来より物事を決めるときに、おみくじが用いられたと解説しました。

お正月におみくじが定着したのは、年の初めに農作物や天候を占う”粥占神事(かゆうらしんじ)”などが形を変えて、おみくじとして現代に伝わったのではないかとされます。

たしかにお正月の初詣におみくじを引くのは、今年の運勢を占うものですから、間違ってはいないといえるでしょう。

おみくじの確率

おみくじの吉凶の出る確率が気になりますが、どの神社公式HPを調査しても、おみくじの確率が掲載されていません。

ネット上のおみくじの出る確率情報によると次のようだそうです。

大吉:18%

:24%

中吉:9%

小吉:12%

末吉:24%

:13%

おみくじの順番と結ぶ意味、大吉が出る確率は?

やはり吉と末吉が多いですね。

小吉と凶が、同じ確率で侮れない感じです。

しかし、神社などによっては大吉が出やすい、凶が出やすいなどあるようです。

<大吉が多いとされる神社>
東京大神宮:縁結び神社という噂がある。
今戸神社:縁結びの神社なので凶が入ってない。
夫婦木神社:大吉率が高いとの噂。

<凶が多いとされる神社>
浅草寺:凶の確率が日本一とのうわさ。吉凶7:3を今も守る伝統的な神社。
川崎大師:伝統を守り、今も凶は3割。
鶴岡八幡宮:大吉の3倍以上の確率で凶が当たるといううわさ。

新年一発目のおみくじでが出たら、今年の運には期待できないのでしょうか。

実はあえて悪い結果を見せて、くじを引いた人に慎重に努力をうながすように、さとす意味があるのです。

逆に、おみくじで大吉を引いたのに、そのあと自らの不注意で墓穴を掘った方々もたくさんいらっしゃいます。

おみくじには沢山の種類がありますが、それぞれに特別な意味が込められているのですね。

おみくじの順番は神社ごとに研究すると面白い

おみくじの公式順番は次のとおりです。

神社本庁公式大吉中吉小吉末吉

大吉>中吉>吉という風に思っていた方は多いのではないでしょうか?

中くらいの吉ということで吉のほうが上なのですね!

自分はパワプロでおみくじのイベントの時に、吉を引いた時の方がステータスの上がりが高いことから覚えました(笑)

でも、これも寺社により様々で、中吉>吉のところもあるそうなので、どちらも間違いではないようです。

このように、神社によってはおみくじの順位が逆だったり、細分化されていたりと紛らわしいですが、それが面白いんですよね。

おみくじ順番が異なっている神社もある

熱田神宮

なんと熱田神宮には、おみくじにがありません。

かわりに半吉が増えています。

半吉???

大吉中吉小吉半吉末吉

熱田神宮に限った話だと、末吉が運の悪い運勢といえますが、すべて吉なので正直悪い感じがしませんね。

ご利益が頂けそうです。

浅草寺と成田山

浅草寺と成田山のおみくじには、公式にはない”半吉”と”末小吉”が加えられて、吉が細分化されています。

浅草寺:大吉、吉、半吉、小吉、末小吉末吉、凶
成田山:大吉、吉、半吉、小吉、末吉末小吉、凶

おみくじ平の内容と扱っている神社

おみくじで(たいら)が出る神社は、広島の厳島神社大阪の住吉大社埼玉の氷川神社などです。

おみくじの平は、順番の中では”吉と凶の中心”に位置します。

大吉~末吉、、凶~大凶ってな感じですね。

おみくじのは、物事が平らかになる意味があり、良くもなく、悪くもない運勢です。

おみくじは下の文言にも目を通そう!!

おみくじを引いて出た吉凶の結果も重要ではありますが、それよりもその下に書かれていることが大切なのです。

あぁ〜吉やぁ〜。。。

で終わらさず、下の文言にも目を通しましょう。

その際に役立つ、おみくじの意味一覧から、大切に感じる文言をピックアップしました。

待ち人(まちびと):自分を良い方向に、人生を導いてくれる人。そんな人と巡り合うか占う。

失せ物(うせもの):失くした物。「必ず出る」など書いてあることも。

商売(あきない):その名のとおり。商売の景気を占う。

学問(がくもん):勉強・勉学。学問に対する説教。

相場(そうば):株式相場などを占う。

恋愛(れんあい):恋愛運を占う。

縁談(えんだん):結婚運を占う。

おみくじは結ぶ?結ばない?

おみくじを引いて内容を確認したら、境内に植えてある木に結ぶ人、結ばずにお財布に入れておく人がいます。

はたして、どちらが正しいのでしょうか。

実は、おみくじを引いたあとの行動を調査すると、次のようになりました。

おみくじの運勢が良かった:お財布に入れて持ち帰る。

おみくじの運勢が悪かった:木に結ぶ。

実は、凶のおみくじを木に結ぶと凶を吉に転ずるという言われがあるのです。

これは凶の項で書きましたが、凶の意味とは人生を慎重にかつ努力して進みなさいということです。

その出発点として、神社の境内に植えてある木に凶おみくじを結び付けることで、先々に凶を吉に転ずる結果が待っていることを祈念する意味があるのです。

なので、神社でおみくじを引いて凶がでたら、書かれてあることを頭の中に入れたうえで、木に結ぶことをおすすめします。

ちなみに、木の枝に紙を結ぶ行為は植物にはあまり良くないようで、現在は”みくじ掛け”という場所に、おみくじを結ぶようになってます。

また、持ち帰ったおみくじは次に引く時に神社の方に渡して処分してもらいましょう。

そうしないと貯まっていく一方ですので。。。

これは別におみくじを引いた神社ではなくても良いそうです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

おみくじの書かれている内容を知ることで、表面上の優劣だけではわからない、今年の指針や教訓を見つけることができます。

ぜひ、初詣に行ったときの、おみくじで参考にして下さいね。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事, 生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.