季節の行事 生活

てるてる坊主のおまじないの由来や起源は?正しい作り方・吊るし方も

更新日:

teruterubouzu
皆さんは、この日に雨が降ったら困る! この日はいい天気であってほしい! ……という時に、てるてる坊主を吊るした経験はおありでしょうか?

もちろん一般人が天候を好き勝手に操ることはできません。

雨が降らないでほしいのも、はたまた降ってほしいのもただただ心で願うばかりですが、できることならその願いが届いてほしいというときに、てるてる坊主を作ったことがある方は多いのではないかと思います。

今でも作るという方もいるでしょう。

この記事では、そんなてるてる坊主について、晴れを祈るおまじないの由来や意味、細かい作り方や吊るし方、飾り方のルールなど、調査した結果を皆さまにお伝えいたします。

てるてる坊主についてのあれこれ

woman

てるてる坊主の起源

はっきりとこれが起源であるというものはわかっていないのですが、信憑性の高いものに中国の「掃晴娘(サオチンニャン)」という言い伝えがあります。

昔、北京に晴娘(チンニャン)という美しい娘がおりました。

彼女は賢く気立ても良く、そして切り絵が得意でした。

どれくらい得意だったかというと、皇后さまや抗主たちがこぞって使いを買いに行かせるほどの出来栄えでした。

ある年の6月、北京では大雨が続きました。(中国にも梅雨があります) 

あまりに降り続くので、次第に人々は水害を恐れはじめます。

そうして、それぞれ雨が止むように天に祈りましたが、何の効果もありません。

しかし、晴娘が天に向かって祈ったところ、お告げがありました。

・東海竜王(広徳王。西遊記では敖広、封神演義では敖光)の妃となれ

・従わない場合は北京をこのまま水没させる

つまりは生贄です。

晴娘はこの命令に従うことを選び、そのことを告げると大きな風が吹いて晴娘を攫って行きました。

そうして雨が止み空は晴れ、北京は水没の危機から免れました。

人々は彼女をしのび、雨が降り続いた時に箒を持った女の子の切り絵を門に飾るようになりました。

これが掃晴娘と呼ばれ、日本では江戸時代にすでに類似性が指摘されています。

しかし、20世紀初めまでは実際に行われていたこの掃晴娘も、今では知らない人の方が多く、知っている人となるとご老人ばかりなのだとか。

むしろ中国では日本から伝わったてるてる坊主の方が有名だそうです。

どちらが起源なのか分かりませんね。

正しいてるてる坊主の作り方・吊るし方

突然ですが、皆さんはてるてる坊主に顔を描く派でしょうか。

描くと雨が降ると言われたことがある人、考えたこともない、むしろ描かないことなんてあるの? という人、さまざまでしょう。

今でこそ家庭でできる簡単なおまじないですが、昔は正式な祈祷であったため、縁起の悪いことはなるべく避けられました。

つまり、「顔を先に描くと雨で顔が滲み、泣いたようになり雨をもたらす」「晴れてから瞳を描き入れ、お神酒と一緒に川に流していたものなので先に描くと雨が降る」などと言われていました。

まとめると、正式には

・顔を描かずに吊るす。

・翌日晴れたのを確認してから顔を描く。

・顔を描いたてるてる坊主は処分する。

更に、注意点として、

・先に顔を描きたい場合は左目を描かずに吊るし、晴れたのを確認した後左目を描き入れる。

・晴れて欲しい日の前日に吊るす。

・残念ながら晴れなかった場合、顔を描かずに処分する。

となっています。

晴れても晴れなくても、どちらにせよ翌日の天気を確認した後は処分します。

いつまでも吊るしっぱなしの方が、縁起が悪く余計に雨が降りやすくなるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

現代では気象研究が進み、天気予報の信頼性が上がり、翌日の天気がおおよそ分かるようになってきました。

しかし、天候を自由に操作することは未だにできません。

所詮はおまじない、と思っていても、意外と効果があるような気がするものです。

明日は晴れてほしいな、というときは、家にあるものを使ってかわいいてるてる坊主を作ってみると、もしかしたら効き目があるかもしれませんね。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.