生活

硬貨発行の歴史と価値一覧!素材・材質や裏表の花などデザインの意味

更新日:

wallet
最近では電子マネーの普及で段々と使う機会が減ってしまっていますが、今回は現行硬貨だけではなく、過去の硬貨にまで遡り、それぞれのデザインの意味や価値について、あれこれまとめていきたいと思います。

調べてみると、いろいろと発見があります。

この記事では硬貨のデザインと価値について、調査した結果を解説します。

硬貨のデザインと価値

coin

1円硬貨のデザインと価値

1JPY

<概要>
1955年(昭和30年)1円硬貨が発行されました。
その1円硬貨の発行にともない、前年の1954年(昭和29年)にデザインが一般公募されました。
消費税導入前は1円硬貨が利用される機会が少ないものでしたが、消費税導入後は5円硬貨とともに流通量が増大しました。

<デザインの意味>
:日本国と一円と若木。若木のデザインは当時京都府在住の中村雅美氏によるもの。伸び行く日本が象徴されています。
:1と製造年。1のデザインは当時大阪府在住の高島登二雄氏のもの。

1円硬貨デザインでは大蔵省は受賞者にたいし、賞金7万5千円を贈ることにしていました。

しかし,受賞者は二人だったため、それぞれ半額の37,500円が両人に贈られました。

ちなみに賞金を現在の紙幣価値に置き換えると45万円です。

ということは、二人で22万5千円に折半したわけですね。

1円でレアな硬貨は

平成23~25年      400円
平成13年      20円
平成22年      18円
平成14年      10円
平成12年      6円
昭和64年      3円

平成23〜25年はほぼ貨幣セットのみの流通の為、未使用品であれば400円程だそうです。

5円硬貨のデザインと価値

昭和23年~昭和24年に発行された5円硬貨

5yen-s23
©As6673/五円黄銅貨(無孔)(2008)/Adapted/CC BY-SA 3.0

<概要>
この5円硬貨は現在法律上有効な硬貨のなかで最も古いものです。
昭和23年から1年製造されましたが物価高でコスト削減に迫られていました。

<デザインの意味>
:なし。
ギザ:有
:国会議事堂。
:鳩、梅花。

昭和24年~昭和33年に発行された5円硬貨

5yen-s24
©As6673/五円黄銅貨(有孔楷書体)(2008)/Adapted/CC BY-SA 3.0

<概要>
昭和24年当時の物価高の影響で、孔開き5円硬貨となりました。

<デザインの意味>
書体:楷書体、国が旧字体の「國」
:あり(視覚障がい者にもわかりやすいように)
ギザ:なし
:稲穂、水、歯車(工業をあらわす)
:双葉(民主主義にむかって伸びていく日本をあらわす)

昭和34年~に発行された5円硬貨

5yen

<概要>
電子マネーの普及により需要は減りつつあります。

<デザインの意味>
デザインの基本は昭和24年~昭和33年と同じですが、書体はゴシック体になっています。

5円硬貨でレアな硬貨は

平成22年~25年 800円
平成21年     500円
平成12年     25円
昭和42年     24円
昭和32年     22円
平成18年~20年 20円
昭和34年~35年 18円

現行ゴシック体の5円硬貨と書体の違う、昭和24年~昭和33年の楷書体5円硬貨に価値を見出すファンが多いそうです。

昭和32年の5円硬貨は製造数が少なく高値で取引されています。

また、一円硬貨同様、平成23〜25年はほぼ貨幣セットのみの流通の為、高値となっています。

10円硬貨のデザインと価値

昭和26年~昭和33年に発行された10円硬貨

10yen-syouwa27
©As6673/ギザ十。1952年(昭和27年)。(2007)/Adapted/CC BY-SA 3.0

<概要>
10円は自動販売機で使用可能な最小の硬貨です。

<デザインの意味>
:日本国、十円、平等院鳳凰堂。平等院鳳凰堂は京都宇治にあり藤原頼道がこの世に極楽浄土のようすを作ろうと建てたところ
:10、製造年、常盤木
ギザ:有

昭和34年~に発行された10円硬貨

10yen
10円硬貨の周囲にギザがなくなりました。

10円硬貨でレアな硬貨は

昭和33年 60円
昭和32年 25円
昭和34年 22円
昭和30年 20円
昭和61年 18円
昭和64年 17円

10円硬貨は発行枚数が多く価値がつきません。

50円硬貨のデザインと価値

昭和30年~昭和33年に発行された50円硬貨

50yen-s30
©As6673/五十円ニッケル貨(無孔)(2008)/Adapted/CC BY-SA 3.0

<概要>
孔の無い50円硬貨は当時の100円硬貨と似ていて、紛らわしい問題点がありました。
また、昭和30年に発行される1円硬貨と同じく、この50円硬貨もデザインが一般公募されました。

<デザインの意味>
:なし
:菊、日本国、五十円(デザイン林由男(東京))
:分銅、50、製造年(デザイン山野内孝夫(東京))

昭和34年~昭和41年に発行された50円硬貨

50yen-s34
©As6673/五十円ニッケル貨(有孔)(2008)/Adapted/CC BY-SA 3.0

<概要>
100円硬貨と違いを出すために、50円硬貨は孔開きとし周囲のギザを無くしました。
孔開き50円硬貨のデザインは再び公募されました。

<デザインの意味>
:あり
:菊、日本国、五十円(デザイン小泉二三男(東京))
:50、製造年(デザイン大熊喜英(東京))

昭和42年~に発行された50円硬貨

50yen

<概要>
現行の50円硬貨で、周囲にギザがついています。
50円硬貨の材質が大型のニッケル貨から小型の白銅貨に変更されました。変更となった理由のひとつに、ニッケル貨では自販機で故障を引き起こす可能性がありました。

<デザインの意味>
:あり
:菊、日本国、五十円
:50、製造年

50円硬貨でレアな硬貨は

昭和62年    3000円
平成22~25年    1400円
平成21年    100円
平成12~13年    90円
平成14~15年    75円
平成16~20年    70円
昭和60~61年    68円

昭和62年の50円硬貨は製造数が少なく価値のある硬貨です。

100円硬貨のデザインと価値

昭和32年~昭和33年に発行された100円硬貨

100yen-s32
©As6673/百円銀貨(鳳凰)(2008)/Adapted/CC BY-SA 3.0

<概要>
戦後に初めて銀貨として発行されました。

<デザインの意味>
:鳳凰、日本国、百円
:旭日・桜花、製造年、100円

昭和32年~昭和33年に発行された100円硬貨

100yen-s34
©As6673/百円銀貨(稲穂)(2008)/Adapted/CC BY-SA 3.0

<概要>

百円硬貨の量目・品位はそのままに、表面のデザインは鳳凰から稲穂に変更となりました。

<デザインの意味>
:稲穂、日本国、百円
:分銅、製造年、100円

昭和42年~に発行された100円硬貨

<概要>
現在発行されている百円硬貨です。
周囲にギザがあります。
100の文字デザインは50円と似ています。

<デザインの意味>
:桜花、日本国、百円
:100、製造年

100円硬貨でレアな硬貨は

平成13年 130円
平成14年 110円

100円硬貨は発行枚数が多く価値がつきません。

500円硬貨のデザインと価値

昭和57年~平成11年に発行された500円硬貨

500yen-s57
©As6673/五百円白銅貨(2008)/Adapted/CC BY-SA 3.0

<概要>
500円硬貨は世界でも珍しい高額な硬貨です。
硬貨の材料は銅75%、ニッケル25%の白銅製です。
500円硬貨の外周に「NIPPON 500」の文字が繰り返し印字されています。

<デザインの意味>
:桐、日本国、五百円
:竹、橘、500、製造年

平成12年~に発行された500円硬貨

500yen

<概要>
偽造対策のため硬貨の材料が銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%のニッケル黄銅製に変わりました。
500円硬貨の外周は斜めのギザギザにリニューアルされました。
その他に偽造防止のためにデザインが多少変更されています。

<デザインの意味>
:桐、日本国、五百円(背景部分が凸に。髪より細い微細線。)
:竹、橘、500、製造年(500の「0」の内側に穴が描かれてない。縦線が浮かびあがる潜像。)

500円硬貨でレアな硬貨は

昭和62年 1400円
昭和64年 550円

500円硬貨は発行枚数が多く価値がつきません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ときどき硬貨の製造年を確認するとレアな硬貨を発見できるかもしれないですね。

硬貨について興味がわいたら造幣局にも行ってみるといいでしょう。

money
紙幣発行の歴史と価値一覧!裏表の人物などのデザインの種類や意味!

毎日、千円札など紙幣を目にする機会が多いですが、日本紙幣のデザインの由来と価値について、個々に描かれているものは何なんだろうと疑問に思ったことなどはありませんか? また、紙幣は肖像などが変わるとともに ...

続きを見る

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.