生活

エアコンの消費電力を考えた上手な使い方で安い電気代にする節約方法

更新日:

air-conditioner
そろそろエアコンが大活躍する季節がやってきます。

毎年のように年間最高気温を更新するようになり、エアコンは人々が手放せない家電になってきました。

しかし、そうなると不安なのが月々の電気代です。

まだまだエアコンは消費電力が高いイメージがあります。

この記事では、どうしたら電気代を抑えて使うことができるか?も合わせて、ご紹介致します。

エアコンの電気代についてのあれこれ

air-conditioner

一番電気代がかかるとき

エアコンは電源を入れた直後1時間が一番電気代がかかります

というのも、室温と設定温度の差が大きいほど電力がかかるからです。

他の家電も、ほとんどのものが電源を入れた直後や立ち上がりが一番電力消費が多くなるようですよ。

つまり、エアコンは冷房使用より暖房使用の方が電気代が高くなります

夏場の室温と設定温度の差、冬場の室温と設定温度の差を比べてみてください。

ほとんどの場合、冬場の方が差が大きいと思われます。

電気代のかかる使い方

よって、以下のような使い方をしていると電気代が多くかかってしまいます。

室温が高い・低いときに電源を入れる

暑い! 寒い! もう限界! と思ってから使用すると遅いということです。

ギリギリまで扇風機や炬燵だけでしのぎたい気持ちはわかりますが、天気予報などで非常に寒い、または暑い日になると予想し、事前にエアコンの電源を入れておくほうが結果的に安上がりになるでしょう。

つけたり消したりを頻繁に行う

電源を入れた直後が一番電力消費が大きいのですから、こまめにつけたり消したりを行うとそれだけ電気代も多くかかります。

実際の室温とかけ離れた温度設定にする

暖房設定を25度前後、冷房設定を20度前後にするとそれぞれあたたかく、涼しく過ごせますが、省エネの観点からは非常に良くないです。

掃除をしない

掃除をせず埃や汚れの詰まったフィルターを使用していると、電力消費は上がります。

室外機の周囲に物が多い

エアコンの室外機の周囲に物が多いと、室外機が周囲の空気を取り込むのに邪魔で効率が悪くなります。

電気代を抑える使い方

室温と外気温の差があまりないうちに電源を入れる

冷房使用の場合は、一番気温が高くなるお昼ごろに電源を入れるのを避けましょう。

暖房使用の場合は、一番気温が低くなる明朝に電源を入れるのを避けましょう。

また、前日のうちに天気予報で気温の推移を確認しておくとよいかもしれません。

大体毎日同じ時刻ごろに電源を入れるのであれば、タイマー機能が便利ですね。

(暖房使用時)ヒーターなどと併用する

主に暖房使用時のライフハックですが、実室温と設定温度の差で電気消費量が決まるのであれば、室温をヒーターや他の暖房類で温めてあげればエアコンの電気代を抑えることができます。

まぁ、その時はヒーターの電気量についても考えなければなりませんが。。。

(冷房使用時)遮光カーテンを使用する

日中の窓から入ってくる日差しで上がる室温も、なかなか馬鹿にはできません。

家にいない間は遮光カーテンを閉めて日光を遮りましょう。

逆に、冬場は日光を取り入れた方が室温が下がりにくくなります。

長時間外出する時以外は電源を切らない

電源をこまめにつけたり消したりするのと、付けっぱなしにするのでは電気代がそんなに変わらないという噂を聞いたことがありませんか? 

これはエアコンの種類やきちんと掃除されているかや部屋の広さなどにも影響されますが、おおむね本当です。

目安は2時間で、2時間以上部屋を空けるときだけ電源を切り、それ以外は付けっぱなしというのが一番効率が良いようです。

温度設定を控えめにする

我慢せず涼しく、または暖かく過ごしたくても設定温度は控えめにしましょう。

冷房使用時の設定温度は28度が一番省エネであると言われて来ましたが、最近では28度でも熱中症のリスクがあることがわかり(実際、28度ってそこそこ暑いですよね)、25度前後が推奨されています。

暖房使用時は20度前後が環境省の推奨温度となっています。

フィルターの掃除を行う

エアコンのフィルターだけでもこまめに掃除をしましょう。

4か月に一回、エアコン使用時期の前と後など人によってさまざまですが、年に少なくとも2回の掃除をおすすめします。

風量を調整する

暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ行くものです。

設定温度の割にどうも快適にならないという場合は、風量を調節しましょう。

暖房使用時は下向きに、冷房使用時は上向きにするとよいでしょう。

また、サーキュレーターを使用し、室内の温度が一定になるようにするのも効率的な方法です。

室外機の周囲を片付ける

冷房使用時は室外機にカバーを付けたり、日よけを付けることで、暖房使用時は周囲の除雪をしたり、室外機を高い位置に取り付けたりすることで、室外機の吸排気の効率を良くすることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

毎年毎年、エアコンの電気代は頭を悩ませますよね。

正しい使い方で、同じ部屋の同じエアコンでも効率的に使用し、電気代を下げられるかもしれません。

夏も冬も、快適にエアコンが使えたらいいですね。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.