国民の祝日 夏の行事 季節の行事

【2018年】敬老の日はいつ?何をする日?老人の日との違いは?

更新日:

old-couple
9月にはお年寄りを敬う日があります。

それを、あなたは何の日か知ってますか。

そうです、敬老の日です。

日付がいつなのか、すぐにポンと出てくる人も少ないのではないでしょうか?

そして、何をする日なのでしょう?

また、老人の日との違いは何なのでしょう?

実は、敬老の日の由来を知ることで、老人の日との違いも見えてきます。

この記事では敬老の日の由来を中心に解説します。

敬老の日についてのあれこれ

dog

敬老の日はいつ?

敬老の日は、9月の第3月曜日で、今年は9月18日です。

実は、平成14年まで9月15日でしたが、平成15年から9月の第3月曜日となりました。

そもそも9月15日だった理由は

敬老の日の元となった「兵庫県間谷村の敬老会」によると、9月中旬は農作業が落ち着く時期で、過ごしやすい気候だったことから敬老の日としてぴったりの日だったのです。

実は9月15日に決める経緯のなかで、養老の滝伝説を参考にしたそうです。

これは717年に元正天皇が9月に、岐阜県養老郡養老町にある落差32m、幅4mの滝を訪れ、

醴泉は、美泉なり。もって老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め養老元年と成すべし

このように、養老の滝と改元した話です。

敬老の日とは

敬老の日は、国民の祝日の一つです。

敬老の日の趣旨は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」です。

つまり、これまで産業や社会のために貢献してきた高齢の方々を敬い、これからも長生きしてくださいという日なのです。

同じ趣旨の記念日で老人の日(9月15日)や老人週間(9月15日より1週間)もあります。

敬老の日の由来

<敬礼の日が制定されるまでの歴史>

昭和22年9月15日・・・兵庫県野間谷村で村主催の「敬老会」が敬老の日の始まり。
昭和23年7月・・・こどもの日、成人の日が定められるが、老人の日はまだない。
昭和25年・・・野間谷村村長の働きかけにより兵庫県が「としよりの日」を制定。
昭和26年・・・中央社会福祉協議会が9月15日を「としよりの日」、9月15日から21日まで運動週間とした。
昭和38~39年・・・9月15日が老人の日、9月15日から21日までが老人週間に。翌年から実施。
昭和41年・・・「敬老の日」が国民の祝日に。「老人の日」から「敬老の日」に改められた。
平成13年・・・敬老の日が9月の第3月曜日に(ハッピーマンデー制度)
同年・・・老人の日が9月15日、この日より1週間を老人週間に。

始まりー敬老の日はローカルな村の行事から始まった

兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で、昭和22年9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのが「敬老の日」の始まりであったとされます。

としよりの日が全国に広まるまで

昭和23年7月に「国民の祝日に関する法律」によって、こどもの日、成人の日が定められました。けれど老人のための祝日はまだでした。

野間谷村村長の門脇氏は第2回「敬老会」で、9月15日を「としよりの日」として村独自の祝日にすると主張しました。

門脇氏は県内市町村にも、としよりの日の制定を呼びかけた結果、その趣旨への賛同が広がり昭和25年に兵庫県が「としよりの日」を制定しました。

昭和26年には中央社会福祉協議会(現全国社会福祉協議会)が9月15日を「としよりの日」と定め、9月15日から21日までの1週間を運動週間としました。

老人の日から国民の祝日「敬老の日」になるまで

昭和38年に制定された老人福祉法で、9月15日が老人の日、9月15日から21日までが老人週間と定められ昭和39年から実施されました。

昭和41年に国民の祝日「敬老の日」に制定されて、老人福祉法でも「老人の日」が「敬老の日」に改められました。

敬老の日と老人の日が分かれた理由

平成に入ると敬老の日老人の日が分かれてしまいます。

その原因はハッピーマンデー制度です。

敬老の日が9月15日から9月の第3月曜日に移動しました。

ハッピーマンデー制度は祝日を移動して三連休を作ろうという制度です。

一般国民には嬉しいことでしたが、敬老の日を制定した人々には不満でした。

敬老の日の制定に奔走した門脇政夫氏、また財団法人全国老人クラブ連合会にとって9月15日は敬老の日の原点であり、日付を動かすことはあってはならないことだったのです。

彼らは不満を表明し、ハッピーマンデー制度が制定された同年(平成13年)、老人の日を9月15日に変更。

この日より1週間を老人週間としました。

結果、9月に敬老の日と老人の日が存在することになったのです。

<敬老の日の現在>
敬老の日:9月第三月曜日【祝日】:祝日法で定めた日
老人の日:9月15日:老人週間【啓発の日】:老人福祉法で定めた日

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一度は老人の日から敬老の日となりましたが、祝日を増やしたい国と老人の日の趣旨を大切にしたい全国老人クラブ連合会と主張がわかれて、敬老の日と老人の日は別々になりました。

ただ敬老の日は祝日ですが、老人の日や老人週間は我々が老人福祉への関心と理解を深める時間でもあります。

最後に敬老の日は何をするのだろう、と疑問に思う方もいるでしょう。

旅行や食事など難しいことを考えずに、祖父母の家に行って食事などして一緒に過ごしましょう。

顔をみせることが一番のプレゼントになりますよ。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-国民の祝日, 夏の行事, 季節の行事
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.