お掃除 生活

エアコンの嫌な臭いもしつこいカビも自分で簡単掃除方法が分解除去!

更新日:

air-conditioner
突然ですが、皆さんご自宅のエアコンを前に掃除したのはいつですか?

ひと月に一度は掃除している方も、そういえばしばらく掃除をしていないという方も、これから梅雨が来て蒸し暑くなる前にエアコンを掃除しましょう!

こちらの記事では、エアコンの臭いの原因や自分でできるエアコンの掃除方法などをご紹介します。

エアコン掃除についてのあれこれ

air-conditioner

エアコンの臭い

エアコンは気化熱を利用して空気を冷やすという仕組み上、内部に結露が発生しやすい家電です。

その状態で放置していると、結露によって発生した水分汚れなどが混ざり合い、そこにカビが発生・繁殖しやすくなってしまいます。

カビにとっては温度・湿度・養分すべて揃った快適な繁殖環境となります。

こうして繁殖したカビが送風に乗って吐き出されたものが、臭いの正体です。

よって、カビ臭いと思ったらなるべくエアコンから吐き出された空気を吸わない方がよいです。

そのほか、キッチンで発生した油や食品の臭いを吸い込んだこと、飼っているペット、部屋で喫煙する人がいた場合煙草の臭いなどが原因の場合もあります。

自分でできるエアコンの掃除方法

そうなればすぐにでも掃除をしたいところですが、業者の方にお願いするのはきっととてもキレイにしてくれると分かっていても少々お高いのが気になってしまうところです。

というわけで、自分で掃除する方法をご紹介します。

ただし、掃除できる部分には業者の方に比べて限りがあるほか、あまりにもひどいカビや汚れには対応できませんので、そういう部分がある場合にはプロの方を呼びましょう。

1:前面カバーをはずす

air-conditioner
埃やカビが舞いますので、事前に周囲を新聞紙などで養生し、自身もマスクと手袋をするなど準備をしてください。

そして、コンセントを外しておいてください。

2:フィルターを外す

air-conditioner
カバーを外すとフィルターがあるはずです。

破損しやすいのでゆっくりと外しましょう。

埃がひどい場合は外す前に払うなどしてください。

外したらフィルターの外側から埃を掃除機で吸います。

吸い切れない埃は、フィルターをお風呂場に持って行き、今度は内側からシャワーをかけることできれいになります。

3:フィンを洗う

air-conditioner
フィルターを外した奥にある、金属板が何枚も重なったようなパーツが冷却フィンです。

こちらの掃除には市販のエアコン掃除用スプレーがおすすめです。

スプレーを使う前に表面に付いた埃や汚れを掃除機で吸い、スプレーをけちらず豪快に使って、5分ほど放置し汚れを浮き上がらせましょう。

置いた後はスプレーボトルに入れた水などで洗い流します。

吹きかけた洗浄液や水は汚れと一緒に排水管から排出されますので大丈夫です。

また、自然乾燥のみでOKのものもありますので、使用した洗剤などの注意書きに従って下さい。

4:送風口とファンを洗う

air-conditioner
送風口の奥にある筒のようなパーツをファンと言います。

ファン掃除も市販のスプレーがおすすめです。

使用方法に従って、まずファンを手で回しながら、洗浄用ムースをまんべんなく吹き付け、15分から30分ほど置いて汚れが浮き上がったら、洗い流し用のリンス液で泡と汚れを一緒に洗い流します。

その後で、フィンと同じように水をたっぷり使って洗い流しましょう。

送風口に埃が溜まっている場合は、濡らした雑巾やタオルなどで拭き取ります。

洗剤を使いたい場合は中性洗剤を薄めたものを使いましょう。

注意したいのが、ファンを洗う際は水が滴るので、ゴミ袋などを上手く活用し、しっかりと養生しましょう。

あと、ファンを回しながら洗浄液を吹きかけるのも重要です!

5:送風運転

コンセントを差し、電源を入れて1時間ほど送風運転をします。

こうすることで、内部に入った水分も乾燥します。

分かりやすい動画がありましたので、コチラの方も参考にしてみて下さい。

注意点

・無理に作業しないでください。ルーバーなど、軽く動かそうとしても動かないような機種は無理矢理動かそうとしないでください。

・ファンを掃除するとき、奥の方にある汚れなどはプロ専用の器材と洗剤がないと取れませんので触れないようにしてください。

・洗剤やスプレーなどが電装部品にかかると故障の原因になります。周囲を注意して見て、電装部品の近くにかからないようにしてください

・プロは電装部品などを完全に保護した上で、10リットル以上もの水を使用して洗浄していきます。自宅で、自分一人の手で、完璧に洗浄できることはまずないと思ってください。

エアコンの臭い予防法

掃除をしたら、次はなるべく臭いが再発しないように心がけましょう。

1:冷房を止めた後も1時間ほど送風運転をする。

2:エアコンを使わない時期は、月に一度、1時間ほど送風運転をする。
送風運転をするとエアコン内部が乾燥します。これによって結露が解消され、カビが住みにくい環境となります。

3:運転開始から10分ほどは窓を開けて換気をする。

4:その後も定期的に換気をする。

運転開始から10分ほどは一番カビが噴き出しやすいので、せっかくエアコンを入れたのに……と思わず換気をしましょう。

また、エアコンは仕組み上換気するシステムになっておらず、部屋に元々あった空気を循環させています。

よって、臭いの原因となるのはほとんどすべて部屋の中の空気にあります。

定期的に部屋の空気をきれいなものに入れ替えることで防げるというわけです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これからエアコンが活躍する時期です。

カビなどの臭いをしっかり除去し、快適に使えるように準備していきましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-お掃除, 生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.